2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

2016年9月23日 (金)

プレイバック真田太平記・(24)激闘上田城

慶長5(1600)年9月5日、徳川軍が進軍を開始。

その先鋒5,000は真田信幸。
滝川一益の孫・滝川三九郎は信幸軍に同行しています。
そして向かうは伊勢山、真田幸村がいる砥石城です。

兄と言えども敵、だから戦って蹴散らすと言う樋口角兵衛を
敵と言えども兄、だからこそ戦えないと幸村は強く説得し、
砥石城から上田城へ引き揚げていきます。

上田城で待っていた真田昌幸は、戦わずして兵を引き
信幸への面目を立てた幸村の行動を褒め称えますが、
角兵衛はとても不満で、分家への気遣いは無用と叫んで
幸村にたしなめられます。

» 続きを読む

2016年9月20日 (火)

プレイバック真田太平記・(23)故郷敵地

江戸城から沼田に帰っていた真田信幸に
ついに徳川家康から命令書が届きます。
江戸城から徳川秀忠が中山道を西に進むので
それに付いて西へ進軍するように、とあります。

中山道を通るということは、ご本家・真田昌幸や
真田幸村のいる上田城の近くを通らなければなりません。
昌幸は、秀忠軍を通してくれるのか?

敵ともなれば、親子で戦わなければなりません。
父子対決が現実味を帯びてきました。

» 続きを読む

2016年9月18日 (日)

大河ドラマ真田丸・(37)信之 〜助命嘆願〜

真田は上田城において、またしても徳川軍を撃退した。
勝利に沸く真田家に、関ヶ原の合戦で
石田三成の軍勢が惨敗したという知らせが届く──。


「降伏はせんぞ。金輪際するものか!」
真田は徳川との戦いで勝った。
それだけに、石田三成が徳川家康に負けたから真田も敗者、
徳川に頭を下げなければならないという考えに納得できない真田昌幸。

徳川秀忠本隊は関ヶ原に向けて急いで移動していますが、
上田城の近くには、備えの兵があちこちに残っております。
昌幸は、そんな彼らを一気に攻めて片づけてしまおうと
徳川の陣に乗り込みます。

» 続きを読む

2016年9月17日 (土)

お魚くん

はーい、今日はお水換えの時間でーす。

水槽というには小さすぎる、カップほどの大きさの容器から
いったんお魚くんを別容器に移し、
残ったお水をきれいなものに換える、という作業をしまーす。

今までは、小さじですくって別容器に移していたのですけど
なかなか小さじの中に入ってくれないし、
無理矢理にやってしまってお魚さんを一時的に弱らせたこともあって
(その後に元気になってくれました!)

もっと大きめのカップでお魚くんの周囲からすくって
移す方法に変えました。

で、さっそくすくいまーす。
……と、突然お魚くんが暴れ出しまして
水面から飛び出してしまいました。

けっこうな高さ(80cmぐらいの高さ?)をダイブ!

さすがのワタクシもちょっと焦りましたけど
すぐに拾って、お水の中に戻してあげました。
(ホントに心配したのだけれど、
何事もなかったように泳いでおりました)

«プレイバック真田太平記・(22)信幸懊悩