2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

2017年5月21日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(20)第三の女

直親の娘、と名乗る女が龍潭寺にやってきました。

もし本当に直親の娘であれば、
これは井伊家にとっては一大事です。

女は「高瀬」と名乗ります。
母が亡くなる間際に、父は井伊の亀之丞だと聞いて
身寄りがなくなったので、
その話を頼りに井伊まで出てきたそうです。

しかし、祐椿尼も南渓和尚も
直親から娘がいるという話を聞いたことがありません。
それを知ると、自分の聞き間違いだったかもしれない、と
そのままおいとまして立ち去ろうとします。

「しばし井伊の屋敷におってはどうじゃ」
直虎は、自分でも考えもしなかった言葉を発します。

» 続きを読む

2017年5月20日 (土)

忘れないうちに。

払おう払おうと目立つところに振込用紙を貼り付けておきながら
いつもギリギリで慌てて支払うか、
期限を過ぎて慌てて市役所に支払いに行くかしておりました。

今年は! それじゃあいかんと
今日、病院の帰りに支払ってきました。
これでもう身軽でs……?

いや、今年は免許更新があったかー!!
(誕生日まであと15日)

2017年5月19日 (金)

プレイバック秀吉・(38)黄金の茶室

金箔瓦に金箔の壁、絢爛豪華な室内装飾。
大坂城は、まさに黄金の城だった。

天正13(1585)年、
秀吉は家康をはじめ主だった大名・公家たちに
なんと黄金5,000枚、銀30,000枚を配ったという。
これが世に言う、秀吉の金賦(くば)り。

このような時に使われたのが、
日本史上初の金貨にして世界最大を誇る天正大判。
このドデカイ金貨1枚で、米なら95俵、まんじゅう10,000個、
こんにゃく30,000丁、酒が一升瓶で3,100本、山いも25,000本、
ろうそく4,000本、炭500俵、足袋170足、畳600帖……が買えた。

これほどの黄金を、秀吉はどうやって手に入れたのだろう。
当時の日本は、各地の戦国大名たちの
鉱山開発による空前のゴールドラッシュ。
天下人・秀吉は、それらの金・銀山を独り占めにできたのだ。

この莫大な黄金を使って、秀吉が造ったものとは──?

» 続きを読む

2017年5月17日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(190)

終点停留所の旅“たそがれ”第159弾です。

今回はF岡県Y女市の
上T代バス停をご紹介します。


Pk3046Pk3047Pk3051

バス停は、このくぼみのところにありました。
でも、廃止されて標柱が撤去されてしまった現在では
ここにバス停があったんだよと
言われなければ分からないと思います。

上T代です。

» 続きを読む

2017年5月16日 (火)

憂さ晴らし

人員増を約束されてこれまで頑張って来たのだけれど
まさかの異動増減なし!!

やりきれなさに、ちょっとパクハツしたいなぁ、と思いまして
後輩を誘って焼肉を食べに行きました。
とりあえず、後輩には『Kassyご愛顧感謝デー』という名の下で
全額ワタクシが負担させていただきました(←わざわざ言うな)。

みんなからは、“高いよ あの焼肉屋〜”と
言われるほどのお店ですが、せっかく食べるのですから、
そこそこ高級店の高級肉をいただきたいですよね。
結果的には話に夢中で、あまり食は進まず(^ ^;;)

まぁ、おしごと終わってからだったので
午前0〜2時に行ったってことも関係していますけど。。。

でも、おしごとを頑張るために同僚とご飯食べに言って、
不満ぶちまけて文句言ってってわけではないんですね。
なんというか……お客さんにもスタッフにも人に優しくなれるっていうか。
心の汚れがキレイに流れ落ちたって実感できますね。

お金はかかるけど、心のささくれをとる作業は、大事です。

«プレイバック秀吉・(37)天子様の御落胤(らくいん)!?