2021年6月 6日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(17)篤太夫、涙の帰京

元治元(1864)年6月、渋沢篤太夫と成一郎は
一橋家のために働く関東の人々を引き連れて江戸に向かっていました。
そこへ血洗島の中ん家・伝蔵が合流、ふたりが血洗島を出て久々の対面です。
彼は、尾高惇忠から文を預かってずっとふたりを捜していたのです。

惇忠は悪いことをしてないのに捕らえられたので、みんなで番所へ押しかけ
名主さま(=惇忠)を返さねえなら牢屋を打ち壊す、と脅し
陣屋もついに折れて、惇忠を牢から出してくれたのだそうです。
手錠をつけたまま家に帰された平九郎も、手錠を外してもらえました。

伝蔵がやってきたのは、惇忠の文を届けるだけではありませんでした。
ふたりが兵を集めていると聞いて、自分も志願したいのです。
その申し出を断る理由なんかありません。
はなから加えるつもりだったと成一郎は笑い、久々なのでじゃれあいます。

 

江戸・平岡円四郎邸では、やすが一橋家の家臣たちと会っていました。
彼らの口から出たのは、円四郎が賊に襲われて落命したという
思いもかけない言葉でした。

初めこそ、バカも休み休み言いなと笑うやすですが、
どうやらそれが本当らしいと分かると、半ば狂乱ぎみになります。
「ねえ……うそって、うそってそう言っておくれよ!」

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月30日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(16)恩人暗殺

京での政の中心に就いた一橋慶喜は、
政治的基盤を固めるために水戸藩へ人材の援助を要請。
慶喜の思いをくみ取った武田耕雲斎は、
「今すぐ!」とその準備に取り掛かります。

一橋家に仕える新たな人材を探す「人選御用」の命を受けた
渋沢篤太夫と渋沢成一郎は、久しぶりに関東へ旅立つことになりました。
せっかくなら血洗島に寄って、千代やうた、母のゑいに会いたいなぁと
篤太夫の表情はほころびます。

篤太夫と成一郎は、偶然散歩していた平岡円四郎に遭遇しますが、
人集めについて、攘夷だなんだといううわべの思想はどうでもよく
一途に国のことを考えているか、真っ当に正直に生きているかを重視し
あとはふたりに任せると一任されます。

円四郎は、日に日に武士らしく育っていく成一郎に目を細めますが
もとは武士でないことも忘れないようにとくぎを刺されます。
血気にはやる若者のこと、無理に死ぬのを生業にするなと言いたいわけです。
「お前ぇは、お前ぇのまま生き抜け。必ずだ」

あと、江戸ではやすに会って、息災だと伝えてほしいと頼み、
円四郎はふたりを見送ります。

ふたりが発ったあと川村恵十郎は、怪しい者が屋敷を張っていたと
ふたりを見送りに街中にまで出てきた円四郎に忠告しますが、
いちいち気にしていたら殿をお助けできないと気にする様子もありません。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月23日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(15)篤太夫、薩摩潜入

一橋家宿舎に入った渋沢栄一と喜作のふたり。
目の前に座る平岡円四郎は、彼らの前に「俸禄」(給料)を置きます。

一橋家の家臣となってひと月が経ち、お百姓の出である栄一たちは
生まれて初めて、俸禄というものを手にしたわけです。
四石二人扶持(ぶち)、京都滞在中の月手当が金4両と1分。
米には手形が出されており、一橋蔵から米を受け取ることができます。

久々に酒をと歓喜する喜作を、金はあまり使うなと栄一はたしなめます。
3両5両と借りているうち、今ではもう25両も借金があるのです。
4両1分から25両を返していくなら、無益なことには銭を使わないこと、
そして必ず借金を返してしまうことだ、と。

ちなみに岡部藩に内緒で二人を預かることはできないため、円四郎は
岡部藩主にも届け出ていて、その許可は得ているのだそうです。
つまり、晴れて二人は正真正銘の武士、ということになります。
円四郎はこのタイミングで、武士らしく名前を変えよと言い出します。

心根の篤さを持つ『篤太夫』(とくだゆう)…響きが爺さんっぽいですが、
この名前を気になった円四郎は、篤太夫の名前を栄一に与えます。
「円四郎さまに、(喜作改め)成一郎に、そして篤一郎では?」
「いいや、おめえは篤太夫が似合ってる!」

こうして正式に、一橋家家臣の「渋沢成一郎」と
「渋沢篤太夫」が誕生しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月16日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(14)栄一と運命の主君

渋沢栄一と喜作のふたりは平岡円四郎から、一橋家家来になれと
ありがたい言葉をもらうのですが、こんな二人にも志というものがあり
軽率には答えられないため、ふたりでよくよく話し合いたいと
即答を避け、いったん持ち帰ることにします。

「まったく…本当のバカだぜ」と円四郎はあきれ果てていますが
それでもいろいろ教えてやれば、今の世の中の動きを正しく理解でき
必ずものになると思っているので、特に焦ってはいません。
ふたりについての幕府の罪状問合せも、返答を先延ばしにしておきます。

宿に戻った喜作は、倒幕に来たのに幕府側の家来になるなんてと
話を蹴って草莽の志士らしく活動する道を主張しますが、
栄一は、たとえ彼らは志が高かったと評されても、何もしないうちに
命を落として何もできなかったら意味がない、と考えており、

いま幕府方の家来になっておけば、幕府に追われている罪状も
なくなって生き延びることはできるし、いま獄につながれている長七郎を
助け出せる方法が見つかるかもしれない、と言い出します。
「一挙両得の上策だと俺は思うンだい。おかしれぇって気持ちだい!」

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月 9日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(13)栄一、京の都へ

渋沢栄一たちが企てていた横浜焼き討ち計画は、
尾高長七郎の必死の説得により中止となりました。
栄一と渋沢喜作は、新たな攘夷への道を探るため、
血洗島を後にして京に向かうことにします。

何のつても持たないふたりが京に向かうために、と栄一が考えたのは
江戸で出会った一橋家家臣の平岡円四郎を頼るのがよさそうです。
江戸で交流があった者たちは、ほとんどが生死が分かりませんし
円四郎が頼みの綱であることには間違いありません。

とはいえ、円四郎の家来になるつもりは全くないのに、
京に行く力だけを借りるというのも身勝手な話ではあります。
熊谷宿までやってきた栄一は、今ごろになって
頼っても大丈夫なのだろうか? と不安な気持ちを喜作に吐露します。

栄一の目の前には、碁を打つ薩摩藩士がいました。
逃亡中の五代才助と栄一は、いずれ出会うことになるのですが、
それはまだまだ先のおはなし……。

ようやく円四郎の邸宅を探り当て、ふたりで門をたたくのですが
応対したよねは、取次ぎいたしかねます、と困った表情です。
そこに帰ってきた妻のやすは、栄一たちが名乗る渋沢という名字に覚えが。
あんたたち生きてたのかい! と手のひら返して歓迎モードです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年5月 2日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(12)栄一の旅立ち

政治のトップを暗殺するという攘夷派の論理に納得できない渋沢栄一は、
幕府こそ倒して日本固有の風習を根底から変えてしまおうと考え、
横濱商館を焼き討ちして幕府内を混乱させ、異国の力も借りて討幕を目論む
尾高惇忠の考えに乗り、渋沢喜作とともに動き出します。

子どももまだ小さいのに、となかやていは千代を慰めますが、
栄一を許した市郎右衛門も若いころは武士になりたがっていた、とゑい。
東ん家の三男坊だった市郎右衛門は、家を継ぐ必要もないからと
若いころは本ばかり読み、武芸に励んでいたそうなのです。

婿に入ってからというもの、百姓に専念している市郎右衛門に、
武士にならなくてもよかったのか、とゑいは聞いてみるのですが、
運よく武士の端くれに加わったとしても才覚で出世はできないが、
自分の腕で勝負ができる百姓のほうがやりがいがある、と答えたと言います。

それだけに、市郎右衛門も心の奥底で、自分も抱いたことがある
武士になりたいという栄一の気持ちが理解できたのかもしれません。

千代は栄一に、うたを抱いてやってほしいとお願いします。
うたが生まれてからというもの、栄一は一度もうたを抱き上げていないのです。
「あなたの子です。旅立たれる前に、一度でもおまえ様のぬくもりを」
栄一は何も言わず、床についてしまいます。

 

江戸入りした栄一と喜作ですが、屋台の陰から、家の中から、
あらゆるところで自分たちが見張られているような気配は感じています。
栄一と喜作は目で合図して逃げ出そうとするのですが、
栄一はひとりの武士に家の中に押し込まれ、つかまってしまいます。

「悪いが、ちいーっとばかり話があるんだ」と小ぎれいな武士。
振り向けば、一橋慶喜のお傍に使える平岡円四郎です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年4月25日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(11)横濱焼き討ち計画

我らこそが口火となり挙国一致し、四方応じて幕府を転覆させる!
尾高惇忠の考えに従って、長七郎はしばらく上州に身を隠しますが、
老中・安藤信正を襲撃する計画に加担していた長七郎は、
諦めきれずに上州を抜け出して江戸へ向かおうとしていました。

熊谷の定宿・小松屋──。
長七郎の江戸行きの知らせを聞いた渋沢栄一が駆け込んできました。

「河野が死んだ」
思誠塾で塾頭・大橋訥庵に指名された河野顕三は、
計画通り安藤老中を襲撃して命を落としたのです。

幕府の命令で、江戸の町はいま、その計画に連座したものを捜せと
火のついたような騒ぎになっています。
いま長七郎が江戸へ足を踏み入れれば、捕縛と処刑は間違いありません。
しかし、命など惜しくはないと長七郎は涙で栄一に訴えます。

「だからそれは無駄死にだと言ってんだい!」
生き残った長七郎、いま生きている栄一たちには、
死んでいった河野の代わりにやらなければならないことがあるのです。
長七郎は、死に行けなかった無念さを栄一にぶつけます。

いったん、長七郎は京へ逃れることになりました。

 

「とっさま、早くしろい!」
畑のむこうから、栄一と市郎右衛門が全力で走ってきますが、
息を切らしながらもなぜかふたりとも満面の笑みです。
そう、千代が男の子を産んだのです。

初めて見る我が子、初めて胸に抱く我が子、栄一は感動に震えます。
渋沢家のみならず、出入り農民みんなが、赤ん坊の誕生を喜びます。
栄一の、赤ん坊のかわいがりようは異常なほどで、
栄一の仕事ぶりも、市太郎の誕生で格段に上がります。
初めての男の子には、「市太郎」と名付けられました。

翌朝、栄一の姿は惇忠の道場にありました。
惇忠が掲げる目的は「攘夷遂行」「封建打破」、封建制の弊害で
幕府が腐ったので、それを根本から正すことで初めて攘夷が成る、と
世間にカンフル剤を打つべく、大騒動を起こして世間を目覚めさせなければなりません。

大騒動──異人の商館がある横浜を焼き討ちにする。
異人居留地(外国人が居住・営業することを許した特別地域)を異人ごと焼き払う。
焼き払えば異国が幕府を責め立て、幕府は支えきれずに転覆する。
その上で自分たち忠臣が天皇を戴き、王道で天下を治める。

『神託 近日中に、高天原より神の兵が天下って、
 天子様を悩ませてきた夷狄どもを残らず踏み殺すであろう。
 この度の征伐に少しでも不満を申し立てるような者は、
 容赦なく斬り捨ててしまって構わない』

» 続きを読む

| | コメント (0)

«大河ドラマ青天を衝け・(10)栄一、志士になる