2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

2018年9月25日 (火)

プレイバックいのち・(23)愛あればこそ

昭和32(1957)年、高原未希は岩田剛造との結婚を決意。
しかし、落ちぶれたとはいえ大地主の後を継いだ未希と
かつての小作の剛造との結婚には反対者も多く、
容易なものではありませんでした。

岩田竜夫と典子の兄妹を家に送り、食事の支度を済ませて
高原家に戻った未希。
いろりではなくストーブをいれましょ、などと言って
未希は話をはぐらかしますが、口を開いたのは村中ハルでした。

ハルは、工藤清吉やイネ、中川邦之や佐智らが結婚に賛成して
これではいけない、自分だけでも反対しなければと思って
あわてて東京から津軽へかけつけたのですが、よくよく聞けば
結婚の話すらしていない有り様だったのです。

» 続きを読む

2018年9月21日 (金)

プレイバックいのち・(22)ふれあい

高原未希は、雪深い村に向かって往診に出かけますが
その帰り道、猛吹雪に遭遇し遭難してしまいます。

工藤清吉をはじめ、岩田剛造や津田平吉たちは
松明を持って猛吹雪の夜道を歩いて未希を探します。

佐智が飼っている柴犬のチビと一緒に探す剛造は
途中でチビがいなくなったことに愕然とします。
意を決して単独で探し回る剛造は
吹雪く音の合間からチビの吠える声を耳にします。

その声を頼りに近づくと、チビがいました。
そしてそのそばには、確かに人が倒れています。
それが未希であると察知した剛造は駆け寄り
必死に救護します。

» 続きを読む

2018年9月19日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(250)

終点停留所の旅“たそがれ”第217弾です。

今回はF岡県F岡市の
K馬バス停をご紹介します。


Rg2740

織幡神社。

» 続きを読む

2018年9月18日 (火)

プレイバックいのち・(21)新たなる旅立ち

突然の浜村直彦の来訪──。

シアトルで別れてから2ヶ月、
ひとり津軽に帰って診療所の仕事に打ち込む高原未希は
直彦の来訪の意味を計りかね、とまどっていました。
とはいえ、未希は直彦との久しぶりの再会を喜びます。

急な往診とぶつかり、外出しなければならなかった未希を
直彦は帰りまで待ってくれていました。

未希を諦めきれない直彦は、未希を説得に来たのですが
村人たちに信頼され、一人ひとりに言葉をかけて回る未希を見て、
農村医療を目指すという強い意志があるだけに
未希を無理矢理東京に連れ出せない、と悟ったのです。

未希はこの村に必要だし、未希はこの村を愛している。
未希をこの村に残した方が、双方が幸せなことなのです。
早急に結論を出さなくても、と中川邦之は表情を曇らせますが
未希にとってはすでに結論が出た話なのです。

東京に帰る直彦を、中川佐智、工藤清吉、工藤イネとともに
未希は見送ります。

» 続きを読む

«大河ドラマ西郷どん・(35)戦の鬼 〜龍馬暗殺 西郷の謀略〜