2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

2017年9月19日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(23)宮中重大事件

やんごとなき殿上人の中でも
摂政・関白の座に就くお家柄を
「摂関家」あるいは「五摂家」と言う。
(近衛・鷹司・九条・二条・一条)

“名門中の名門”の五摂家は鎌倉時代の中期に確立され
藤原氏の子孫によって脈々と受け継がれてきた。
この伝統を断ち切り、関白の座を横取りしたのが
武士の頭領・豊臣秀吉と豊臣秀次である。

徳川家康は、これをけしからんことだと心得て
関白の座を再び五摂家へ返上したのである。

しかし、武力財力ともに優位の江戸幕府は
露骨な人事介入を行い、今や五摂家の権威は有名無実、
関白の座と言っても形式的な飾り物と化しつつあった。
これは家康の謀略ではないか──。

» 続きを読む

2017年9月17日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(37)武田が来たりて火を放つ

井伊家再興の道を諦めた井伊直虎。

一方、遠江を手に入れた徳川家康は
今川氏真と勝手に和睦をしたため
武田信玄の怒りを買うことになってしまいます。
「今に見ておれ……小僧!!」


元亀3(1572)年の秋、井伊谷では
主の近藤康用の下、のどかな日々が続いていました。

中野直之や、
井伊直親の忘れ形見である高瀬は近藤に仕え
祐椿尼は龍潭寺に身を寄せ、
瀬戸方久は薬の行商を始めていました。

そして直虎は還俗し、
「おとわ」として村で百姓として再出発していました。

» 続きを読む

2017年9月15日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(22)大御所

江戸城は太田道灌によって創設され関東一の名城と
うたわれているが、それは150年も昔のことである。
天正年間に徳川家康が初めて入城したときの江戸城は
城も小さく堀も狭く門も塀も貧弱であった。

改築に改築を重ね、征夷大将軍となった
慶長8(1603)年には日本最大の本丸造営に着手。
慶長12(1607)年には天守閣を含めて
威風堂々の江戸城が完成したのである。

この時、本丸御殿、西の丸御殿のほかに
二の丸、三の丸、北の丸などが増設され
世継ぎ竹千代は二の丸に入り、
三の丸や北の丸には、将軍生母や側室たちが入った模様。

ちなみに大奥は本丸御殿内にあるが
いわゆる大奥制度が出来たのはもっと後のことである──。

» 続きを読む

2017年9月13日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(201)

終点停留所の旅“たそがれ”第171弾です。

今回はS賀県S賀市の
上O瀬バス停をご紹介します。


Qd1617Qd1619

こちらに訪問したのは2度目です。

1度目に来たときには、ちょうどバス停のところで
交通調査が行われておりまして
何人もいる中でのこのこやって来て
バス停とその周辺をパシャパシャと写真を撮る!

……そんな勇気は、ワタクシにはありません(^ ^;;)

» 続きを読む

2017年9月12日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(21)偉大なる父

この世に生を受ける者あり。
永らえて世を去る者あり。
本当に人の一生というものは有為転変で
あたかも流れてゆく雲のようなものである。

慶長11(1606)年5月14日。
上野館林城主・榊原康政、死去。享年59。
奇しくも同日、伏見城で西郡局が急逝。享年59。

そして6月1日、江戸城で
新将軍・徳川秀忠の次男誕生。国千代と名付けられた。
嫡男・竹千代とは2歳違いの弟である──。

» 続きを読む

«大河ドラマおんな城主直虎・(36)井伊家 最後の日