2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

2017年7月19日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(196)

終点停留所の旅“たそがれ”第166弾です。

今回はS賀県S賀市の
Tヶ里港バス停をご紹介します。


Qb1912Qb1913Qb1911

バスは、この細い道を曲がって


Qb1914Qb1915

ガソリンスタンドの看板が見えてきたら、
ここが「Tヶ里港」の終点です……が、

» 続きを読む

2017年7月18日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(05)反主流

太閤秀吉の薨去後、群雄割拠する中
断然頭角を現したのが徳川家康である。

諸大名を恫喝しつつ伏見城を占拠し
後に豊臣家の牙城たる大坂城西の丸に居座り
本丸同様の天守閣を築かせる有り様。
傍若無人と言うか手が付けられぬというか。

試しに当時の諸大名の勢力を石高で表してみる──。

1位 江 戸 徳川 家康 256万石 ※五大老
2位 広 島 毛利 輝元 121万石 ※五大老
3位 会 津 上杉 景勝 120万石 ※五大老
4位 金 沢 前田 利長 84万石 ※五大老
5位 鹿児島 島津 義久 60万石
6位 仙 台 伊達 政宗 59万石
7位 岡 山 宇喜多 秀家 57万石 ※五大老
8位 水 戸 佐竹 義宣 54万石
9位 名 島 小早川 秀秋 36万石 ※後の福岡
9位 佐 賀 鍋島 直茂 36万石

» 続きを読む

2017年7月17日 (月)

「みんな同じネタでブログを書いてみよう」その1【六本松】

あれは確か23年前の
平成6(1994)年1月14日(金)のことであった。

ボクが通っていた県立高校では、センター試験本試験を翌日に控え
受験生であるボクら高校3年生が食堂2階にある同窓会館に集められ、
10人の担任団はじめ副担任、そして教科担当の先生方による
ささやかな「センター試験壮行会」が行われたのだった。

がんばれ! だの、試験を楽しんで来い! だのと
いろんな先生方が、ご自分の言葉で激励の言葉をくださる中、
冗談が一切通じないことで有名な物理担当の強面の先生が立ちあがり、
背広の内ポケットから便箋を取り出しながら、おもむろに口を開いた。

「えー、キミたちの先輩が、試験会場への行き方を手紙にしたためて
 送ってくれたので、この場を借りて説明しておく!」

» 続きを読む

2017年7月16日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(28)死の帳面

気賀を手中に治めることになった井伊。
しかしその裏では、もう一人の女子が
熾烈な戦いを繰り広げていました。

武田義信が自害した火急の報を受けた時にまで
話は遡ります。
「どいつもこいつも余をバカにしおって!」

義信が自ら命を断ったというのではなく、
あの親が、あの鬼が殺したのだ、と怒りにうち震える氏真。
振り返ると、寿桂尼が立っていました。
「そのお話は、後にいたしましょう」

今回はちと趣を変え、今川の尼御台のお話を──。

» 続きを読む

2017年7月14日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(04)剛腕五十八歳

水戸光圀の祖父・徳川家康は
生涯に16人もの子どもを作った。

慶長4(1599)年までに産まれたのが12人。
信康、亀姫、督姫、秀康、秀忠、忠吉、振姫、
信吉、辰千代、松千代、仙千代、松姫。

そのうち長男信康は織田信長の命令で切腹、
四女松姫は4歳で病死、
七男松千代もこの春に6歳で病死。

長女亀姫は家臣の奥平信昌に嫁ぎ、
次女徳姫は北条氏直と別れて池田輝政に嫁ぎ、
三女振姫は蒲生秀行に嫁いだ。

残る男子6人のうち
二男秀康は11歳で豊臣秀吉の養子となるも
後に結城家に出されて「結城秀康」となった。

三男秀忠と四男忠吉は1つ違いの同腹兄弟。
五男信吉は生まれつきの病弱、
六男辰千代は無類のわんぱく。
八男仙千代はいまだ幼少。

家康はこの中で、三男秀忠を世継ぎと決め
側近くに置いて遊学をさせていた。

で、かく言う水戸光圀の父は誰かって?
慶長4年の時点ではまだこの世に産まれておらず──。

» 続きを読む

«vol.223・猛暑対策