2021年11月21日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(36)栄一と千代

ぜひとも北海道は自分にまかせてほしい、と大隈重信に圧力をかける岩崎弥太郎の動きは、他の商人たちの気持ちを逆なでします。三井物産会社総括の益田孝や東京日日新聞主筆の福地源一郎は「三菱をどうにかしてください!」「あくまでおのれ一社でこの国の経済を動かそうとしている」と渋沢栄一に窮状を訴えます。栄一は、単独で力を保持しようとする弥太郎に対抗して、合本による新しい船の会社を作ろうと立ち上がります。そうして、海運業者の合本組織『東京風帆船会社』を設立しました。

その動きでも弥太郎は特に動じるところもなく、風帆船会社については栄一の謀であると大隈に耳打ち。激昂する大隈を見送ると、弥太郎は「風船玉のようにしぼめちゃる」と高笑いしています。

飛鳥山の渋沢屋敷では、栄一の長女のうたが縁談を断ったことを次女ことが心配しています。特にお相手に不満があったとかいうわけではなく、家族みんなで一緒に暮らしていければ幸せだと笑ううた。そこに渋沢喜作が顔面蒼白で飛び込んできました。「栄一は! 銀行がうまくいかなくなったから首をくくったと!」
千代と喜作は栄一の執務の部屋に向かいますが、どうした? とケロッと返事をする栄一のいつもの姿に、千代も喜作も胸をなでおろします。そこには五代友厚がいて、すでに街中でのうわさ話を本人に伝えたところらしいのです。弥太郎は、三菱社員や出入り業者を使って風帆船会社の悪口を言いふらしている、と。栄一も、でたらめなうわさとはいえ大隈を敵に回せば風帆船会社は終わりだと考えていて、開業もしないうちから暗礁に乗り上げてしまいました。

弥太郎が着々と商売の手を広げるなか、栄一が院長を務める養育院では、物価の上昇や収容者が増え続けたことでさらなる財政難に陥っていました。「貧困は己の責任、貧民を租税をもって救うべきではない」と東京府会で主張する田口卯吉は、そもそも誰かが助けてくれると望みを持たせるから努力を怠らせるんだと言って多くの賛同をもらいます。それでも栄一は「救済はせねばならぬ」と首を縦に振らず、経費削減をしている最中だからもうしばらく様子を見ていてほしいと言います。国が守らなければならないのは人だと言う栄一に、「理想論は不要!」と沼間守一が反対を唱え、府会議は紛糾します。
掲げた『東京風帆船会社』の額を下ろし、疲れた様子の栄一がソファに腰かけると、かつて弥太郎が自分に投げかけた言葉が脳裏を流れます。「経済には勝つもんと負けるもんがある」「おまさんの言うことは、理想は高うとも所詮はおとぎ話じゃ」「才覚あるもんが力づくで引っ張らんと、国の進歩はないき」

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年11月14日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(35)栄一、もてなす

岩倉使節団の時のアメリカ合衆国第18代大統領で、退任後は将軍となったユリシーズ・グラントが来日することになり、日本政府としては国の威信をかけて将軍を大いにもてなすことに決定します。さらに公の場に夫人を同伴するのは当たり前のことでもあり、千代にもよしにも、国の代表として将軍一家をもてなしてもらいたい、と栄一と喜作は説得にあたります。

千代とよしは、欧米式の歓待マナーを勉強しに築地の大隈邸に赴きますが、そこにはほかにも、井上 馨夫人や大倉喜八郎夫人など、数名のご夫人方が揃っていました。井上 馨と武子は2年間ヨーロッパを回って帰国したばかりというので、武子を師匠に勉強会のスタートです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年11月 7日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(34)栄一と伝説の商人

明治10(1877)年、鹿児島の西郷軍と明治政府の戦争が勃発。「戦争とは、なんと多くの金が動くことか」と、三菱商会の岩崎弥太郎もうなるほどです。渋沢栄一は、なんとばからしい! と怒りに震えますが、それもそのはず。政府の税収の9割近くがこの戦費に費やされたのですから。

西郷隆盛、大久保利通の亡きあとの明治11(1878)年、日本の財政を動かしていたのは、大蔵卿・大隈重信でした。栄一は大隈に不換紙幣がばらまかれていることを追及します。紙幣をたくさん刷っても信用が落ちれば貨幣価値は下がり、物価が上がって民が苦しむことになるわけです。大隈は「せからしか!」と栄一を睨みつけて出て行ってしまいます。
大隈の積極財政で景気は一時的に良くなり、この機に乗じて銀行を作りたいと人々が栄一の元に押し寄せます。銀行が増えることには賛成である栄一ですが、あくまでも国益のために銀行が存在すべきだと強く主張する栄一には、その目的が金もうけであることが気に入らないのです。
銀行作りが殺到していると聞いて弥太郎は、静岡で商人を集めて合本の商いをし 第一国立銀行を成功させた栄一に興味を持つようになります。「おもしろそうな人や」

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年10月31日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(33)論語と算盤(そろばん)

大蔵卿・大隈重信に、三菱商会の岩崎弥太郎は「三井と小野が言うことを聞かんなら、少し灸を据えたらどうですやろ」とアドバイスし、この先 無利子無担保で便宜は図れぬから担保を出せと言い始めました。このままいけば放漫経営の小野組が危険にさらされてしまいます。第一国立銀行が小野組へ貸し付けているのは130万、この貸付金が取りはぐれたら第一国立銀行は破産してしまいます。

渋沢栄一は急いで大隈邸に向かい、三井・小野に無利子無担保で貸し付けたのは御一新の際に貢献したからだと彼らを擁護します。大隈は、自分一人で決めたことではないと主張し、そもそも担保を出せと言われてあたふたするようなところに政府の金を預けること自体が危ないことだというわけです。三井と小野が第一国立銀行の大株主であることは大隈も知っているはずなので、担保を出せというのは、遠回しに渋沢をも困らせるつもりであることはまちがいなさそうです。確かに大蔵省が大変な時に渋沢は去っているので、ひとり残された大隈の気持ちを考えれば、すべて悪いとは言い切れないところがあります。
ふたりは大げんかになり、大隈の妻・綾子が「大声でどなるな、せっかちは厳禁」と五代友厚が大隈に宛てた彼の欠点集を示して仲裁に入りますが、渋沢は舌打ちし、大隈邸を後にします。

第一国立銀行に戻ると、小野組頭取の小野善右衛門が待っていました。助けてください と土下座する小野に、渋沢は心を鬼にして貸付130万の返済を強く求めます。銀行がつぶれれば日本に銀行を作ることが絵空事に思われ、産業も商業も育成がますます遅れて日本経済そのものが崩れてしまいます。小野がつぶれても銀行をつぶすわけにはいかないのです。
小野組番頭の古河市兵衛は、渋沢が無担保で貸し付けた130万円のうちほとんどが古河管理の支店への貸し付けであり、信用してくれたご恩に報いるべく、今出せるだけのものはすべて出すと表明。慌てふためく小野を横目に、古河は「もうどうやっても小野は助かりません」と、一方的に見捨てようとする政府よりも、渋沢や市井の人々へ返却したいというわけです。
結局 第一国立銀行は、小野組の犠牲でこの難局を切り抜けます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年10月24日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(32)栄一、銀行を作る

渋沢栄一は、銀行と言う仕組みを民間に根付かせるため、そのしがらみの根源となっている大蔵省を辞めることにしました。3年半勤めた末の決意でした。栄一はまず大蔵省に誘った杉浦 譲に、先に辞めることになってしまったことの詫びを入れます。「ここ最近の君を見ていて、苦しそうだなと思っていた」と、杉浦は何となく予測できた結末にさして驚きもしませんが、大蔵省に招いてくれたことへの感謝は忘れていません。パリでの苦悩の日々も、初めて郵便が届いたときの喜びも、ふたりにとって共通の絆です。

井上 馨は大隈重信を追いかけまわしていました。文部省や司法省の輩を説得していかなければ、健全な財政を図れないというのです。大隈重信は、井上が雷を落として他省の者たちともめるのはもうたくさんで、文明開化のための費用はやむを得ないのだ、と納得させようとします。「だれが好んで雷落とすか!」と、大隈の机の上に広げてあった書類をぶちまける井上は大蔵省辞職を言い出し、みんながもみくちゃになって井上を止めている中、「止めるな渋沢!」と振り返ると──栄一は辞表片手に涼しい顔で座ったままです。
「では、私も」

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年10月17日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(31)栄一、最後の変身

渋沢栄一の父・市郎右衛門の初七日が済み、栄一の妹・ていが再婚する婿の須永才三郎が渋沢家に挨拶にやってきました。生前、市郎右衛門が才三郎に「渋沢市郎と名乗れ」と言われていたらしく、よろしくお願いします、と頭を下げるのですが、栄一は柔和な笑みでこれを受けます。
「どうか、この家を…おていやかっさまを…よろしく頼みます」

大阪出張の際に一夜を共にした大内くにが妊娠したと知った栄一は、千代に会わせたい人がいると言って、血洗島から東京に戻ってからくにを自邸に連れてきます。くにのお腹はすでにとても大きく「堪忍どす…迷惑かけるよって、ひとりで大阪で産むつもりやったんどす」と膝をついて千代に詫びます。栄一も、くにのお腹の子は自分の子であると打ち明けますが、身寄りがいないと連れてきたのです。
そうですか、とため息交じりに言う千代は、くにもその子も一緒にくらせばいいではないですか、と提案します。「お前さまのお子です。ともに育てましょう」
ありがとう! 恩に着る! と栄一は千代に土下座して感謝しますが、千代は誰もいないところで大きくため息をつきます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年10月10日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(30)渋沢栄一の父

渋沢栄一が大蔵省内に立ち上げた「改正掛」で、郵便、戸籍など次々と発案があり、そのひとつひとつについて実行に向けて準備を始めますが、「出過ぎた真似はすんな!」と大久保利通は改正掛を敵対視。大蔵大輔の大隈重信は解任されてしまいました。しかし岩倉具視は、改正掛のやることはむしろどうでもよく、鹿児島に引っ込んだままの西郷隆盛がいまだに新政府に出仕しないことにいらだちを見せ始めます。
お上の世は…またつぶれてしまう、と、大久保とともに岩倉も西郷を連れ戻すために鹿児島に向かうことにします。

鹿児島に到着した岩倉は、どうしても薩摩の力が必要だと国父・島津久光を説きますが、久光は胃の痛みを訴えて遠回しに行けないと伝えます。しかし岩倉の狙いは久光ではありませんで、求心力を失っていた新政府にとって頼みの綱である西郷を引っ張り出すために、久光には代理の者をよこせと強く要求します。

 

──ああー、ダメだダメだ! それじゃあ何も変わらん! あ、失礼。こんばんは。徳川家康です。ちっとも新しい世が定まらないので、あと少しだけ話をさせてください。栄一が新政府に入って2年、たくさんのことをやりましたよ。度量衡の統一、貨幣制度の改正、鉄道事業、エトセトラ、エトセトラ。新しい時代を作る支度は少しずつ整った。しかし! 各地で税や権力を握るのは、相変わらず元の藩主たちだ。新しい意見を武力で抑え込もうとするところも同じ。今、あえて聞きたい。徳川幕府を倒してまで君たちが作りたかった新しい世は、いったい、何なんだ?──

 

廊下の向こうから、軍服に身を包んだ西郷がのっしのっしとやってきました。栄一は西郷にすぐに気づいて挨拶すると、「この政府は八百万の神どころか、いたずらに争って権威をなくしてる」とぼやきます。正直なお人だと西郷は笑うのですが、国を一つにまとめていただきたい、との栄一の要望には、かえって国をぶっ壊すことになっかもしれんど、と真顔になります。

「公方様でも親でも師匠でも、人の上に立つものはみな上(かみ)だ。上に立つものは下(しも)の者への責任がある。大事なものを守るつとめだ」父の市郎右衛門も言っていました。下々の者が頑張ったって、上に立つものがしっかりしていなければ国も人も守れない。もしかしたら西郷が言うように、もう一度新政府を壊してしまう必要があるかもしれない。栄一はふとそんなことを考えていました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«大河ドラマ青天を衝け・(29)栄一、改正する