2021年8月29日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(25)篤太夫、帰国する ~生きてくれ平九郎!~

──こんばんは。徳川家康です。

さて、明治になりましたよ。
ん? まだ出てくるのかって? アッハハハ…。
もしかしたら多くの方が、すっぱり徳川の世は終わり
新しい世が始まったと思っているのかもしれない。

しかし、実際はまだまだ。
各地で戦は収まらず、薩長新政府は政権を奪いはしたものの、
金もなく内政も外交も課題が山積みでグラグラだ。

民の多くもまだピンと来ず、
すぐ元の世に戻るだろうと思う者も少なくなかった。
篤太夫たちは、そんなさなかに帰ってきたのです──。

 

明治元(1868)年10月、長旅を終えて横浜港に入った徳川昭武ご一行。
そこに陸から杉浦愛蔵と加治権三郎が上がってきました。
このまま陸に上がれば薩長方に無礼な扱いをされかねないので、
小舟に乗り換えて神奈川へ移動し、品川の宿で過ごすように提案されます。

庶務の作業が残っている渋沢篤太夫はそのまま下船するので、
昭武とはここでしばらくのお別れです。
「御息災をお祈り申し上げます」と、昭武を見送ります。

「帰国したら主がおらんとは、浦島太郎ばい」と馬鹿にされつつ
ぐっとこらえて身体検査を終えた篤太夫はそのまま横浜の宿に入り、
留守中の日本の様子を聞くことになりました。

年が明けて間もなく、大坂に戦に出ていた将軍徳川慶喜が江戸に帰還し
そこで初めて江戸城内の者たちは、鳥羽・伏見の戦いで
昼夜を問わぬ戦により、幕府が薩長に負けたことを知ります。
薩長は錦の御旗を掲げていて、幕府軍は帝に逆らう賊軍になったからです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(24)パリの御一新 ~今夜再会!運命の分岐点~

血洗島の渋沢家では、正月前に餅をついてみんなにふるまわれます。
渋沢栄一が血洗島を出て5度目の正月、愛娘うたもとても大きくなりました。
そこに「失礼いたす」と、外国奉行支配調役の杉浦愛蔵が入ってきます。
お武家さまだ、とみんな土下座して頭を低くします。

愛蔵が千代に手渡したのは、民部公子・徳川昭武の写真です。
桐箱に入っているのですが、もう一枚板があり、そこには栄一の写真が。
しかし千代は、それを一瞬見て、見なかったふりをします。
栄一が髪を下ろし、西洋風の髪形になっていることに衝撃を受けたのです。

あれほど異人を嫌っていた栄一が、姿までも一緒になったとは
なんとあさましいお姿! と千代はうろたえていますが、
市郎右衛門は「栄一は大和魂をなくしたりしやしねぇ」と諭します。
手紙を書いてやっておくれ、と頼まれても、書けそうな自身はありません。

 

慶応4(1868)年1月2日、パリでは新年をささやかに祝います。
そこに幕府から御用状が届き、代表して栗本鋤雲が受け取るのですが、
その中の「政態御変革」の文字に、表情を曇らせます。
「上様が、政を朝廷に返上した、と」

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年7月18日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(23)篤太夫と最後の将軍 ~大政奉還の大勝負~

渋沢成一郎の妻・よしが、パリから届けられたと
紙に姿がそのまま写るホトガラフを持ってやってきました。
渋沢ゑいは、ぼんやり写る篤太夫の姿に「栄一でねえか!」と歓喜して
千代も、だんなの姿に自然と笑みがこぼれます。

千代はうたを呼び、はるか遠くの国で活躍する篤太夫の姿を見せます。
そう、うたが生まれて間もないころに家を出て一橋家のために
東奔西走しているので、うたには父親という実感がないのです。
「行儀も心がけもよい子でなくてはなりません」とうたに説きます。

その篤太夫ですが、フランスから日本への600万ドルの借款が消滅したことで
大騒ぎになっていました。
おそらくは薩摩とモンブランのせいで江戸幕府の信用が貶められてしまい
借りられなくなってしまったようです。

借款が消滅したということは、民部公子・徳川昭武が留学に際し
諸国へ挨拶回りをするための10万ドルも入る見込みがなくなったわけで
篤太夫は危機感を覚えますが、外国奉行支配組頭・田辺太一は
「策はある」と考えています。

つまり、民部公子の名義で為替を発行し、買い取らせた先から
日本の幕府に対してこちらが振り出した為替の金額分を取り立てさせる。
その場にいる者は、その経済のからくりを理解できませんが
逆の為替で金を得るわけですな、と篤太夫は即座に理解します。

民部公子は将軍の弟であり、たとえフランスが応じなくても
オランダの貿易商社やイギリスのオリエンタル・バンクに諮れば
引き受けないということはないだろう、というのです。
とにかく篤太夫は、急いで行動に移します。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年7月11日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(22)篤太夫、パリへ

慶応3(1867)年、渋沢篤太夫はアルフェー号に乗っていました。
記録をつけたいのですが、ひどい船酔いでそれどころではありません。
笑いながら通り過ぎる異人に怒りを露わにする篤太夫ですが、
フランスやイギリス、ロシアなど、歴史も違えば話す言葉も違うわけで、
それを一緒くたにして異人というだけで憎むのは子供のすることと
同行者に言われてしまいます。

船酔いですか、と水を差しだしたのはアレクサンダー・シーボルト。
通詞で、あのシーボルトの息子にあたり日本に通じています。
帰国のついでにパリまで同行してくれる、頼もしい仲間です。
篤太夫は見様見真似で「セ…センキュー」と言っています。

船の中で出されたフランス料理に興味を示した篤太夫は、
初めて見るナイフとフォークとスプーンに驚き、パンを口にして感激します。
食後のコーヒーを一口含み、胸がさわやかだい! などと言って
はしゃいでいます。

船は横浜から上海、香港、サイゴン、シンガポール沖を通って
セイロンとインド洋を進み、アデンからスエズへ。
スエズ運河建設中のため汽車に乗り換えて地中海に入り、
55日目にフランスにたどり着きました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年7月 4日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(21)篤太夫、遠き道へ

徳川家茂が逝去し、一橋慶喜が徳川宗家を相続することとなりました。
慶喜が幕府の頂点になるということは喜ばしいことですが、
渋沢篤太夫は、これまでのようにじかに自分たちの建言が届くようなことは
二度とないことに、とても悲しさを覚えます。

原 市之進は篤太夫を屋敷に呼び出し、内々の話ながら
卯の年、フランスのパリで博覧会という催しが開かれることを伝えます。
博覧会とは、西洋東洋の万国が、己の国の自慢の物産を持ち寄って
これはいい、あれはいいと品定めをする会であります。

国の威信をかけて各国の王族が集まるその博覧会に、日本も公に
参加することとなったのですが、王族の参加を求めるフランスに対し
天皇家を送ることは不可能であるため、慶喜の弟の民部公子(みんぶこうし)に
名代として参加してもらうことになりました。

民部公子・徳川昭武は、会津松平家に養子に入る予定でしたが
慶喜の意向により、徳川御三卿のひとつ・清水家を相続しました。
しかしこれに随行する水戸の者たち30人は、異人を見れば
切りかかるような者ばかりなので、誰に守らせるかが重要になってきます。

「渋沢であれば、公儀との間を取り持つのに適任ではないか」
白羽の矢が立ったのが、篤太夫だったというわけです。
徳川昭武一行の一員としてパリへ行き、俗人の動きを見張ること、
これこそが、慶喜が篤太夫に命じた密命だったのです。

もともと篤太夫は攘夷論者でもあるし、向かうのはフランスであって
長崎や蝦夷地とはわけが違うので、よくよく考えて返答を、と
原は篤太夫に念を押したはずなのに、篤太夫は二つ返事で話を受けます。
「どのような艱苦(かんく)も厭いません。それがしをパリに!」

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年6月27日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(20)篤太夫、青天の霹靂(へきれき)

一橋家の財政立て直しに自分の居場所を見つけた渋沢篤太夫。
しかしその運命が、大きく変わろうとしていました。
第二次長州征伐で大坂入りしていた将軍・徳川家茂が、
胸を押さえて倒れてしまったのです。

急いで病気見舞いに訪問する一橋慶喜は、家茂が慶喜と対面すれば
病気が嵩じてしまうからと会わせてもらえませんでしたが、
ようやく見舞いがかない、言葉を交わすこともできました。

「私はまだ死ねぬのじゃ」
家茂は、今の徳川を残して死んでしまっては、前将軍徳川家定や
命を懸けて家茂を立ててくれた大老の亡き井伊直弼に面目が立たないわけです。

帝の妹を御台所として得ながら、攘夷が果たせなかった悔しさもあります。
だからこそ、天皇が憎む長州だけは倒さなければならないのです。
家茂は、その覚悟はあるかと慶喜に問いただします。

慶喜は、将軍は家茂でなければならないと考えてきました。
慶喜は、病気を治したあと復帰し徳川をお守りください、と言葉をかけます。
「私はずっと、あなたとこうして腹を割って話してみたかった」
この3日後、家茂は亡くなりました。

 

訃報は瞬く間に、京の一橋邸にも届けられます。
喪は伏せるとのことで、口外無用とのお達しです。
とはいえ、若い家茂にはお世継ぎがおらず、今後の江戸幕府の体制が気がかりです。
ひょっとしたら、慶喜が将軍になるかもしれない、と考える者もいます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(19)勘定組頭 渋沢篤太夫

一橋家の懐を豊かにするために動き出した渋沢篤太夫は
一橋領の備中で収穫した米を、その良さを分かってくれる大坂の商人に
入り札制度(最高値を提示した者にだけ売る方法)により高値で売ります。
備中の家の床下でとれた硝石を使って、火薬の製造も始めます。

幕府内にも懐を豊かにする勘定奉行・小栗忠順がいました。
フランスから軍艦を買い、長州を潰して続けて薩摩も討ってしまえば
もはや幕府に対して刃向かう大名も出てこないだろうと考えます。
そこでようやく、幕府はひとつにまとまるのです。

幕府が貿易をしたがっているフランスから、2年後に行われる
万国博覧会の招待状が届きますが、小栗は「無論参加だ」と答えます。
懐具合を少しでもよくするため、世界に日本の優れた産物を
見せつけて、今後の貿易につなげたい考えなのです。

 

──こんばんは。徳川家康です。

この小栗忠順の家は、私のころから代々仕える旗本の名門です。
彼は初めて公式にアメリカへ渡った幕府使節団の一人となりました。

小栗は、現地の最新技術に目を見張った。
そして「いつか日本もこれを超える技術を」と
造船所で作られていたねじを持ち帰りました。
今や優秀な勘定奉行だ。

我ら武家は長らく、「金は卑しいもの」と嫌っていましたがね。
新たな世は、経済の知識なしには乗り切れなかった。
そしてそんな人材は、こんなところにも──。

 

「ベルギー国と、コンパニーの約定を結びもした!」
紳士服に身を包む薩摩藩士の五代才助が笑っています。
薩摩の富国強兵を成功させるため、フランスで行われる2年後の万国博覧会に
薩摩のいい品をたくさん出して拍車をかけたいところです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«大河ドラマ青天を衝け・(18)一橋の懐