2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 借金 | トップページ | お散歩(7-1) »

2007年3月 7日 (水)

サントラ

先日、2月28日発売予定とご紹介した

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック

『風林火山』

ですが、
Kassy、とうとう入手しました!

Gc0701

Kassyが所有している大河のサントラ盤は
『風林火山』で通算16枚目。
主題曲集も含めると、通算20枚目になります。


今回のサントラ盤、全29曲から構成されています。
さっそく、オープニングに流れる
テーマ音楽を聴きました。

Kassyの部屋にあるテレビは
14型のモノラルテレビ(スピーカーが1つ)なので、
『風林火山』のテーマ音楽を
ステレオで聞いたことがなかったのです。

正直、身震いしました。
馬たちが天に駆け上ってゆく様子が
眼に浮かびます。

う〜ん、いいのぉ♪


テーマ音楽に限らず、
他の挿入曲もなかなかよござんすよ♪
非常に重たい曲もあれば、
ちゃらんぽらんな感じの曲もあって。

独特な“千住ワールド”、
Kassyの期待通りでした〜。


Kassyは、『風林火山』放送開始時点で、
オープニング冒頭の
“疾(はや)きこと、風の如く……”というナレーション部分は
いらないんじゃないか? 必要ないんじゃないか? と
疑問に感じておりましたが、
サントラ盤を聴いて、改めて、
やっぱり必要ないなと確信いたしました。

せっかくの千住音楽を
台無しにしてしまっているようにも思えます。
(↑Kassyにしては珍しく、手厳しい? (^ ^) )


ああいうタイトルバックの手法
(テーマ音楽の冒頭にナレーションを入れる手法)は、
「いまからドラマが始まるぞ!」という雰囲気にさせ、
視聴者側の気持ちを高ぶらせることができる、
という効果はあります。

以前のNHKドラマでは、
『風林火山』の清水一彦ディレクターが監督を務めた、
平成5年放送『清左衛門残日録』(仲代達矢さん主演)
などでも、その手法が使われたのですが、

テーマ音楽が流れる前の
アヴァンタイトル(導入部分、前回までのあらすじ紹介)がなく、
8時の時報と同時にテーマ音楽が流れるような
ドラマの場合に有効であって、

大河のように、
アヴァンタイトル → テーマ音楽 という流れのドラマでは、
逆に違和感を覚えるので、
その手法は使わない方がいいのでは……? と考えています。


さらに、
テーマ音楽2分45秒のうち、
最初の6秒はなぜかカット。(←演出家の独断?)
次の19秒はナレーションで割かれているので、
出演者・スタッフ紹介の部分は、
単純に差し引き2分20秒になってしまっています。
これはいくらなんでも短すぎるでしょう……。

これも、ナレーションは必要ないと考える
大きな理由の1つです。


Kassyがもし演出家で、
ああいう手法をとるならば、
思い切ってアヴァンタイトルをなくします。
または、ナレーション部分をなしにします。

「二兎を追うものは……」ってヤツですよ。


……と、音楽にはあまり関係ないお話でしたが(^_^;;)

ともかく、
馬が駆け抜けてゆくような激しいテーマ音楽だけに、
その繊細な助走部分が
ナレーションによってかき消されてしまっているのは、
非常に残念に思います。

『風林火山』サントラ盤を買うなり借りるなりして、
ナレーションなしのテーマ音楽を聴いていただければ、
Kassyが言わんとすることは
お分かりいただけるのではないかと思いますよ〜。



風林火山

Music
風林火山

アーティスト:TVサントラ

販売元:東芝EMI

発売日:2007/02/28

Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 借金 | トップページ | お散歩(7-1) »

音楽」カテゴリの記事

NHK大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

なんでや~
ビデオの音声だけをコンポに回せば
ステレオになるじゃんか~(^^;

──────────

ぷりんさーん、
ちわ♪


えー!?
だって、ウチのビデオ壊れてますもん。
全ボタンが受け付けない状態なので、
当然ビデオのチャンネルも
合わせることができませーん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 借金 | トップページ | お散歩(7-1) »