« K本へ | トップページ | ホワイトデー »

2007年3月13日 (火)

いざない 〜クレジット編〜

“大河ドラマへのいざない”の第3回目です。

前回は“タイトルバック編”と銘打って、
テーマ音楽とともに流れるタイトルバックについてお話ししました。


タイトルバックでは、
画面では、何が表示されているか?

そう、出演者・スタッフ紹介のテロップが出ますね。
つまり“クレジット”です。

というわけで、
今回は“クレジット編”をお届けします。

ただ、かなりの長文になることが予想できますので、
お許しくださいね。


通常、クレジットの順番として、
民放ドラマでは、出演者 → スタッフという
順番になっていますが、

大河では、大きく分けると

  1. ドラマの外枠を支えるスタッフ
  2. 出演者
  3. ドラマを作り上げるスタッフ
の順になっています。


最初の「ドラマの外枠を支えるスタッフ」は、
主にストーリーに関する部分を支えるスタッフで、
原作者・脚本家・音楽家から時代考証や振付指導に到るまで、
文字通り“外枠”のスタッフ。

最後の「ドラマを作り上げるスタッフ」は、
主に舞台装置・撮影に関するスタッフです。

ここでは、
原作者と脚本家のどちらを先に表示するか? も含め、
スタッフクレジットに関しては、一切触れませーん!

(-"-) なんだいっ

ここでは、出演者の表示順について、
しかも、画面に一人だけ表示される
“ピンクレジット”について、語ります。


まずは、ここ最近の大河の第1回クレジットから。
(敬称略)

功名が辻
第一回「桶狭間」
(2006年1月8日放送)
義経
第一回「運命の子」
(2005年1月9日放送)
 仲間由紀恵(千代)
 上川隆也(山内一豊)

 武田鉄矢(五藤吉兵衛)
 前田 吟(祖父江新右衛門)
 和久井映見(濃)
 石倉三郎(前野将右衛門)
───────────────
 大地真央(市)

 香川照之(六平太)

 宅麻 伸(若宮喜助)
 木村多江(とも)
 永井 杏(千代(幼少))

 勝野 洋(柴田勝家)
 名高達郎(丹羽長秀)
 苅谷俊介(林通勝)
 俵木藤汰(佐久間信盛)

 江守 徹(今川義元)

 西田敏行(徳川家康)
───────────────
 浅野ゆう子(寧々)

 柄本 明(藤吉郎)

 佐久間良子(法秀尼)

 舘ひろし(織田信長)
 滝沢秀明(源義経)
 松平 健(武蔵坊弁慶)
 南原清隆(伊勢三郎)
 うじきつよし(駿河次郎)
───────────────
 森口瑤子(経子)
 かとうかずこ(領子)
 南風洋子(池禅尼宗子)

 阿部 寛(平知盛)
 鶴見辰吾(平宗盛)
 細川茂樹(平重衡)

 梅津 栄(朱雀の翁)
 白石加代子(お徳(語り))
───────────────
 平幹二朗(後白河上皇)

 勝村政信(平重盛)
 加藤雅也(源義朝)
 稲森いずみ(常盤)

 松坂慶子(時子)

 渡 哲也(平清盛)
新選組!
第一回「黒船が来た」
(2004年1月11日放送)
武蔵
第一回「俺は強い!」
(2003年1月5日放送)
 香取慎吾(近藤勇(島崎勝太))

 藤原竜也(沖田総司)
 山本耕史(土方歳三)

 オダギリジョー(斎藤一)
 中村勘太郎(藤堂平助)
 山本太郎(原田左之助)
 堺 雅人(山南敬助)
 山口智充(永倉新八)
 小林 隆(井上源三郎)

 優 香(深雪太夫)

 麻生久美子(おりょう)
 菊川 怜(幾松)
───────────────
 江口洋介(坂本龍馬)

 筒井道隆(松平容保)
 戸田恵子(お登勢)
 石黒 賢(桂小五郎)
───────────────
 沢口靖子(沖田みつ)
 野際陽子(近藤ふで)
 田中邦衛(近藤周助)
 石坂浩二(佐久間象山)
 市川新之助(新免武蔵)
 堤 真一(本位田又八)
 米倉涼子(お通)
 内山理名(朱実)
 かたせ梨乃(お甲)
 高嶋政伸(柳生兵庫助)
 仲間由紀恵(八重)
───────────────
 松岡昌宏(佐々木小次郎)
 宮沢りえ(お篠)
 ビートたけし(新免無二斎)
 西田敏行(内山半兵衛)
───────────────
 中村玉緒(お杉)
 中井貴一(柳生宗矩)
 渡瀬恒彦(沢庵)

これと、約20年ほど前の作品と比べてみると、
(敬称略)
独眼竜政宗
第一回「誕生」
(1987年1月4日放送)
武田信玄
第一回「父と子」
(1988年1月10日放送)
 北大路欣也(伊達輝宗)
 藤間遼太(梵天丸)
 竹下景子(喜多)
 いかりや長介(鬼庭左月)
───────────────
 原田芳雄(最上義光)
 金子信雄(伊達晴宗)
 竜 雷太(伊達実元)
 神山 繁(遠藤基信)
───────────────
 岩下志麻(義姫)
 中井貴一(武田晴信)
 紺野美沙子(三条の方)
 大地真央(里美)
 南野陽子(おここ)
 真木蔵人(晴信(少年時代))
───────────────
 宍戸 錠(原虎胤)
 児玉 清(飯富虎昌)
 美木良介(馬場信春)
 小林克也(原昌俊)
 本郷功次郎(甘利虎泰)
───────────────
 岸田今日子(寿桂尼)
 浜村 純(倉科三郎左衛門)
 財津一郎(太原崇孚)
───────────────
 平幹二朗(武田信虎)

 小川真由美(八重)

 菅原文太(板垣信方)

 西田敏行(山本勘助)
春日局
第一回「父の出陣」
(1989年1月1日放送)
翔ぶが如く
第一回「薩摩藩 お家騒動」
(1990年1月7日放送)
 大原麗子(おふく)
 長山藍子(お江与)
 中村雅俊(徳川秀忠)
 東てる美(お勝)
 五大路子(かね)
───────────────
 藤岡 弘(織田信長)
 吉 幾三(海北友松)
 ガッツ石松(東陽坊長盛)
───────────────
 五木ひろし(明智光秀)
 江守 徹(斎藤利三)
 佐久間良子(お安)
 西田敏行(西郷吉之助)
 鹿賀丈史(大久保正助)
───────────────
 田中好子(喜久)
 冨士真奈美(西郷まさ)
 西岡徳馬(赤山靱負)
 蟹江敬三(大山格之助)
───────────────
 坂上二郎(西郷吉兵衛)
 高品 格(調所笑左衛門)
 浜村 純(西郷龍右衛門)
 大路三千路(西郷きみ)
 若林 豪(阿部正弘)
───────────────
 高橋英樹(島津久光)
 草笛光子(由羅)
 北村和夫(大久保利世)
 加山雄三(島津斉彬)

ピンクレジットの数が、最近はえらく多くなりましたねー。

昔は、ドラマの屋台骨を支える主要出演者のみが
ピンクレジットだったのですが、
最近は、いわゆる民放ドラマによく出る俳優さんや
舞台俳優さん、喜劇俳優さんたちが
みんなピンクレジットとして登場するから、
こんなふうになってしまったんでしょうね。


上の例をご覧いただくとお分かりのように、
出演者紹介の部分は、大きく3(〜4)つに分かれます。
(ここでは便宜上、順にABCと分けます)

Aにくるピンクレジットは、
主役と、主役に近い存在の登場人物。

Bにくるピンクレジットは、
主役からは遠いものの、なくてはならない登場人物。
あるいは、主役から見た敵役。

Cにくるピンクレジットは、
主役との関係に関わらず、主役級の俳優さん。

となっているようです。


その中でも、
主人公の相方(夫婦)となるべき人物はAにきたり、
大河の主役経験者はCにきたり、
という暗黙のルールはあるようです。

もちろん、例外もありますよ?

1979年『草燃える』は、源頼朝A─北条政子C、
1981年『おんな太閤記』は、ねねA─豊臣秀吉C、
2000年『葵-徳川三代-』は、前半が徳川秀忠C─お江A、
後半が徳川秀忠A─お江C だったり、

2006年『功名が辻』では、主役経験者の佐久間良子さんがCで、
西田敏行さん(第28回からCへ)、3中村橋之助さん、
津川雅彦さん、特別出演の唐沢寿明さんは、Bにきていました。


なぜこんなことを書くのか? といいますと、
ピンクレジットの順番を予想すると、
これまた、なかなか楽しいんですよ♪

これはどうやらKassyだけではないらしく、
驚くことに、
クレジット順を予想する2chも存在するんですよー。
(正解は番組を見てね!! っていうヤツですね)

予想通りだと“やっぱりね v(^ ^)v ”となりますし、
予想が外れると“そうきたか〜”となります。
まさに、制作スタッフとの頭脳戦?
けっこう面白いですよ。


さて、今年の『風林火山』。
ひそかにKassyも予想していたので、
あわせてどうぞ。
(敬称略)

風林火山
第一回「隻眼の男」
(2007年1月7日放送)
Kassy予想
 内野聖陽(山本勘助)

 市川亀治郎(武田信玄)

 Gackt(上杉謙信)

 金田明夫(飯富虎昌)
 田辺誠一(小山田信有)
 高橋和也(教来石景政)
 宍戸 開(原虎胤)
───────────────
 佐藤隆太(平蔵)
 貫地谷しほり(ミツ)
 きたろう(北村右近)

 柴本 幸(由布姫)
───────────────
 千葉真一(板垣信方)

 竜 雷太(甘利虎泰)

 松井 誠(北条氏康)
 寺島 進(赤部下野守)
 辻 萬長(勝沼信友)
 加藤 武(諸角虎定)

 風吹ジュン(大井夫人)

 仲代達矢(武田信虎)
 内野聖陽(山本勘助)
 市川亀治郎(武田信玄)
 柴本 幸(由布姫)
 佐藤隆太(平蔵)
 貫地谷しほり(ミツ)
───────────────
 竜 雷太(甘利虎泰)
 加藤 武(諸角虎定)
 金田明夫(飯富虎昌)
 田辺誠一(小山田信有)
 宍戸 開(原虎胤)

 松井 誠(北条氏康)
───────────────
 千葉真一(板垣信方)
 風吹ジュン(大井夫人)
 Gackt(上杉謙信)
 仲代達矢(武田信虎)

王道なラインで予想してみました。

由布姫は、後に武田晴信と結ばれる運命なので
晴信の直後に。

平蔵とミツやんは、物語の冒頭、
山本勘助の仲間になりますから、Aに。

武田家臣団はBに集約。

板垣信方は晴信の傅役であることを考えて、
家臣団では唯一Cへ。

上杉謙信は、武田信虎の追放後に
川中島までトリになってもらおうという魂胆で
信虎の直前に入れました。


自分なりには「いけただろ〜♪」って自負してましたが、
けっこう外れましたね。
あ〜らら〜♪


今回の記事のクレジット資料は
コチラを参考にいたしました。

|

« K本へ | トップページ | ホワイトデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« K本へ | トップページ | ホワイトデー »