2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« toothache !! (2) | トップページ | お散歩(13-2) »

2007年5月 3日 (木)

お散歩(13-1)

今日のお散歩は、
バス終着地を巡る「たそがれ」の一環なんですが、
ちょっとだけ趣向を変えまして、

前までバスが走っていて、今は走っていないルートを
辿ってみようかと思います。


ご紹介するのは、
(22)系統のMヶ丘線・Tの原〜H田間。

今でこそ、T拝坂を経由して
N鉄F日市〜下O利駅 を単純に往復するという
ルートになっていますが、
12〜13年前? までは、
T拝坂を通らない旧道ルートが存在しました。


というわけで、
今日はN鉄F日市駅のバスセンターからスタートです。


……その前に。
N鉄F日市駅に向かう途中、
Kassy家の近くのとある場所でヤギを見ました。
Kassyが歩いている様子をジーッと見つめています。

Gd2700

な……なによっ!?

犬に見つめられるということはたびたびありましたが、
ヤギに、というのはねぇ……。
Kassy、しれ〜っと通り過ぎようとしたら、
ついてきちゃいました!

でも、ついてきたのはほんの数秒。

最後にヤギさんは、

メェェェェ〜

と見送ってくれました(^ ^;;)


脱線、失礼……。

Gd2738Gd2739

左図:平成2年1月1日当時の(22)系統バス路線
右図:現在の(22)系統バス路線
(どちらも、N鉄発行の「F岡都市圏バス路線図」から転載)


N鉄F日市駅構内を出てすぐを右折、
路駐の多く、かつ狭い道を進みます。
こんな大型な体型の人間にとっては、歩くだけでも精一杯……。

このバス通り、今ではほとんどが中型バスしか通らなくなり、
(22)系統のバスのみ大型車なので、
乗務員さんもけっこう苦労するみたいです。

そして、突き当たりのR反交差点を左折。
さらに、すぐのS和町交差点を右折するのですが、
このS和町交差点、
乗務員さんにとってはなかなか手強いようです。

鋭角ターンというのでしょうか、
イメージとしては

“∠”

という曲がり方に近いですかね〜。
このあたりは、“お乗り換え〜♪”でも紹介している
カミチィさんの「カミチィ号乗務日記」で
たびたび話が出てきますので、そちらも参照くださいね!

Kassyは徒歩なので(^ ^;;)
そこまで苦労はしないわけですが、
それでも、車の通行に支障が出ないように、
ブロック塀に肩を擦りながら(!!)歩きます。

JRの踏切を渡り終えたころ、
踏切が“カーンカーン♪”と鳴り出しました。
これで、遮断機が上がるまでのしばらくは、
後ろからの車に気を使うことなく歩けそうです。

すると……
ブ────────ン
ブ────────ン
と異様な音が。

ハチの大群です!!

〜・ ( ̄ロ ̄;;) ・〜 ブーン

なんだー!? ここは養蜂場か!?
ほんの数匹どころか、明らかに3ケタはいるな……。
もしかしたら、4ケタにのぼるかも?
ハチが多すぎて、目の前全体が茶色になってるし (ホントに)。

( ̄_ ̄|||) どよ〜ん

およそ30秒ほど、
ハチの満員電車の中を通り抜けたKassyでした。
しかしアレはなんだったんだ……?

(´ρ`) ぽか〜ん


さ! 気を取り直して。
「Tの原」バス停を過ぎたあたりです。

Gd2715

写真に細工してみました。
旧バス路線にはオレンジ色の線を入れました。
(現行のバス路線は水色の線)
ちなみに矢印は、方向が分かるように
下O利駅方面の上り向きにしています。

比較しやすいように、隅に路線図を重ねていますが、
ピンクの三角は、Kassyが撮影したおおまかな場所と、
その方向を示しています。

細工なしの原本写真は、
「Kassy号〜♪ の車窓から」にアップしておきますね!


ここから旧道を歩くわけですが、
現行路線はここから左折して、T拝坂へ向かいます。

旧道から新道への移管は4段階でなされました。

  1.        ┌大Z野┬─┬┬S塚──Tの原─N鉄F日市
    下O利駅─H田┘F農前┘M蔵台高校
                 └┘

  2.              ┌─S塚──Tの原─N鉄F日市
    下O利駅─H田─F農前┬┬┘
              T拝坂第三
               └┘

  3.              ┌─S塚─┬Tの原─N鉄F日市
    下O利駅─H田─F農前─┬┘    │
              T拝坂第三───┘

  4.                   ┌Tの原─N鉄F日市
    下O利駅─H田─F農前─┐     │
              T拝坂第三───┘

だから、ここから左折のルートが完成する、第3工程までは、
直進の旧道ルートが使われていた、ということになります。


では早速、旧道を進むことにしましょう。

Gd2717

旧「S塚公民館前」バス停です。
バス停があった位置に、ゴーストで載せてみました。
上を通っているのは九州自動車道です。

ちなみに、
新道の「S塚公民館入口」バス停の名前の由来は、
このバス停にあります。


Gd2719

次のバス停は「S塚」です。
ここから、下O利駅方面へ直進するルートと、
M蔵台高校を経由して下O利駅方面へ向かうルートに分かれます。

このバス停の近くにあるS塚交差点。
現在は区画整理事業で三叉路になっていますが、
前は四叉路でした。

その遺構(?)を発見したので、ついでにご紹介。

Gd2721

分かりやすいように、旧道に薄く色を塗りました。

今は写真のように、
交差する県道と直角に近い形につなげるために、
交差点直前でグイッとカーブしていますが、
以前は、道なりにまっすぐでした。

それからもう1枚。

Gd2723

S塚交差点を渡ったところで撮ってみました。
ほんの少しですが、中央線が残っていましたね。


ついでながら、「M蔵台高校」バス停に立ち寄ってみましょう。

Gd2725

ハッキリとは覚えていないのですが、廃止直前の段階では、
N鉄F日市発 M蔵台高校ゆき が平日の朝に1本、
N鉄F日市発 M蔵台高校経由 下O利駅ゆき が平日の朝に2本、
あったと記憶しています。

M蔵台高校の生徒向けのバスだったんでしょうね。

現在は、このM蔵台高校の最寄バス停として、
新道の「T拝坂第一」バス停がありますので、
高校正門前に到着するバス路線が廃止されたものと思われます。

日中のバスは全て「T拝坂第一」バス停を通りますので、
高校正門からちょっとだけ遠くはなりましたが、
時間帯だけ見れば、非常に便利になった、というところでしょうか。

ここに関しては、バス停の位置は定かではありません。
もう少し奥の方 (高校正門あたり?) かもしれませんね。


さて。
明日は旧道に戻って、廃線巡りは続きます。

« toothache !! (2) | トップページ | お散歩(13-2) »

バス・電車」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あの交差点確かに手ごわいですね。
それより、踏み切りの凸凹が曲者なんですよ、
踏み切りの警報機なって閉まるまでが早い早い
その上凸凹がひどすぎる、ゆっくり安全に渡りたいけど、
警報機が鳴り出してからが早いから、
急いで渡ります、バスが揺れる揺れる、
何度あの遮断機の棒を折った運転士がいるかしら?

──────────

うっちゃんさーん。


>踏み切りの凸凹が曲者なんですよ、
そうなんですよねー。

JRの線路もカーブの途中で凸凹になっている。
これだけなら、Z餉隈駅入口バス停前の踏切のように
線路の凸部分を 前輪→後輪 という順に通過しますから、
上下に揺れるだけなんですけど、

道路が、線路と斜めに交差しているというのが問題でして、
線路の凸部分を 左前輪→右前輪→左後輪→右後輪
という順に通過しますからね……。
凸凹による上下の揺れではなく、
左右に振られる揺れの方が、とてつもなく大きいですもんね。

おまけに遮断棒が降りるのが早い。
もー、どうすりゃいいんでしょうね。


お客さんの立場として、ですけど、
日ごろ(22)系統を使っているKassyとしては、
あの揺れ方の特徴さえつかんでしまえば、
あの踏切を通過する時にイスに座っているよりも
つり革を持って立っている方が安全ですかね〜。

踏切を通過するときに、イスに腰掛けていると、
揺れの勢いで、窓にゴツンと頭をぶつけることもあるわけですが、
立っているだけなら、揺れにあわせてつり革を左右に振るだけで、
立っている自分はほとんどブレることがありませんからね。
……といっても、足を肩幅に開いて、
前を向いておかなければなりませんが〜。

あはは!!カッシーさんの、お散歩は、ホント、楽しい!
ヤギさんに、出会ったり、蜂に囲まれたり・・・。蜂、恐くなかったですか・・?ヤギさん、カッシーさんが、珍しかったんでしょうね。

続きのブログも楽しみにしています。

──────────

うるるさーん。こんにちは。
今日もコメントありがとうございまーす。


今回のお散歩は、ホントすごかったです。
まさかヤギさんに出会えるとは思っていませんでしたし、
それよりもハチには絶句でしたね〜。

むかしむかし…F農高校が今の場所に移転してきた頃
この道をランニングで通った記憶があるよん

当時は県道との交差点も今のように店舗も多くなく
T拝坂の住宅地はもとよりM蔵台高校すらなかったなぁ~
思ったんはF農高校をよくこんな山の中に作ったなぁ~とね!
ホント…周りには何もなく敷地内からF日市が望め見晴らしのいいところだったよん(笑)

ちなみに路線バスはN鉄バス○二が担当していたよな気がするけど←F日市営業所のことだす!

──────────

やまさーん。こんにちは♪
GW、いかがおすごしでしょうか?


>F農高校が今の場所に移転してきた頃
気になって、F農のホムペを確認したところ、
Kassyが住んでいる団地が完成したのと同じ昭和51年でした。

Kassy家にある、当時のパンフを以前見せてもらったのですが、
昭和51年当時、(22)系統は(21)系統だったようですね?
Kassyがこの路線に関して記憶にあるのは昭和57年以降でして、
その時には(22)系統になっていたので、
比較的早い段階で系統分離されたんでしょうね〜。

ちなみに、やまさんがよく登場される(23)系統のTつじヶ丘線ですが、
運行開始が昭和58年でしたので、
この昭和51年〜58年の間で、下O利駅発着のバス路線は、
(21)系統のみから、一気に(23)系統まで繁殖したってことでしょうね!

>N鉄バス○二が担当していたよな気がするけど
へぇ〜。そうだったんですね!

(22)系統が完全に○平に路線移行された後も、
○二が担当していたダイヤは存在していましたね。
いつまで○二がダイヤの一部を担当したかは分かりませんけど。

当時、Mヶ丘線を走る○平の車両は
ボロな「かまぼこ」くんたちばっかりだったんですが、
その中で、○二の「ハンペン」ちゃん(当時、ほぼ新車)が
とても輝いていて、ずいぶん異色に見えたものです。

N鉄F日市─(22)→下O利駅─(21)→H野ハイツ┐
N鉄F日市←(22)─下O利駅←(21)─H野ハイツ┘
という運用でしたか……。

ま、間合い運行だったんでしょうけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« toothache !! (2) | トップページ | お散歩(13-2) »