2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« お散歩(15-1) | トップページ | 祈り »

2007年5月16日 (水)

お散歩(15-2)

昨日の続きです。
ワンちゃん3匹に見送られ、再び国道を南下します。


途中、JR C豊本線(通称・H田線)の鉄橋をくぐります。

以前のお散歩記事にも書きましたが、
C豊で採掘された石炭を港に運ぶための重要線であると同時に、
K児島本線上の大ターミナル・H多駅を経由せずに
北K州地区とT栖地区を結ぶことができるので、
K児島本線のバイパス的要素であります。

昔は、蒸気機関車が峠越えする雄姿を見ることができたそうで、
昭和60年ごろまで、
旧「かもめ」や旧「みどり」、寝台特急「あかつき」に代表される
特急列車が、ここを走り抜けていたのですが、

現在では普通列車が一日7往復というローカル線と化しています。

K川から北K州方面は電化され、
JRの新型車両が投入されたことでスピードアップが計られ、
沈みつつあったC豊地区は、
F岡のベットタウンとして再び盛り上がりつつありますが、

K川〜H田間(通称・H田線の全区間)は非電化のままなので、
F岡都市圏の中にあって、
いわゆる空洞地帯というふうになっています。

まぁ、ほんの少しにせよ需要はあるようなので、
廃止にはならないでしょうが、
なんとかがんばってもらいたいものです。


そのJR鉄橋をくぐって、わりとすぐのところに交差点があります。
交差点から左折すればN鉄C紫駅へ向かうことができますが、
もう少しだけ南下してみたいと思います。


国道3号南バイパスの下を、またくぐりますが、
地図上、ここまでが国道のようです。

住宅街の中を抜けますが、
途中で神社を発見しました。

Ge1006

C紫神社です。

……と言っても、
正面の石段を上ると、本殿向かって右側に出てくるので、
こちらは裏側になるようです。

表側はこちら。

Ge1007

表側だけあって、さすがは立派な作りですね!


Kassyは、大学受験に失敗して一浪しているのですが、
一浪後の受験直前に、親から
「C紫神社の水を飲むといいらしいよ♪」とのアドバイスを受け、
ポリタンクをチャリに乗せ、ここまでやってきたことがあります。

神社の方に勇気を出して
「お水をください」って言ったら、

えっ!?

という怪訝(けげん)な顔をされ、
事情を話すと、

そんなウワサがあるの〜?

と言われ、
(この時点で、その話はうそよーんって
言っているようなモンじゃん)

それでも
「ウチの水はおいしいわよ〜。浄水器ついてるから」と
ことごとく幻滅させてくださいました (-"-)

ま、「なんとか還元水」じゃなくてよかったわ!


簡単にお参りを済ませ、
参道を下りて行くと、正面に街道のような町並みが。

Ge1009

以前のお散歩で「Y家宿」に行きましたが、
ここはその延長線にある「H田宿」。

通りのいたるところに、説明板が点在していました。


その通りを抜けると、JR H田駅に到着しました!

Ge1013


【筑紫神社】
神奈備さんホームページはコチラ
ここ筑紫神社だけではなく、
筑紫国にあるいわくつきの神社について詳細に調査してあります。

JR鹿児島本線「原田」駅下車、徒歩10分。


【原田宿】
筑紫野市ホームページはコチラ
トップページの「まなぶ」→「歴史博物館「ふるさと館ちくしの」」
→「シリーズ「ちくしの散歩」」 と進むと、一覧が出てきます。
その一覧の
No.1〜3 / No.78 / No.88
が、原田宿周辺に関する記事です。
(他のナンバーにも、原田に関する記事があるかもしれません)

JR鹿児島本線「原田」駅下車、徒歩すぐ。

« お散歩(15-1) | トップページ | 祈り »

バス・電車」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ついでに卵を買ってきてもらえば良かったな!
本当にお散歩って距離ではないですね!
訓練みたいですよ、でも自分のペースで
歩くから気持ちよく歩けるのでしょうね。
僕には拷問のような、訓練のような?

良く車で通過する場所ばかりですが、
歩かないと見えない場所ばかりですね!
知らないことばかりですよ。

──────────

うっちゃんさーん。
連続コメントありがとうございまーす。


>ついでに卵を買ってきてもらえば良かったな!
あー、H田の卵ですかぁ?
お散歩途中の道沿いにも、旗が何本も立ってましたね。

>でも自分のペースで歩くから気持ちよく歩けるのでしょうね。
そうですねー。
何も考えずに、ひたすらに足を前に出していますから、
無心になれるっていいますか、
ちょっとしたアイデアも、お散歩中に出てくることが多くて、
やめられないですね〜。

>歩かないと見えない場所ばかりですね!
そこも、お散歩の良さですね!
同じ道を車で行くのと、自転車で行くのと、
歩いていくのとでは、面白さが違いますもんね。

このH田駅…実は思い出があるんよぉ~
わしは小学5年生の時やったかなぁ~同級生4人でこの駅に訪れたんは…
当時、K児島本線からは既にSLが消えてたけどC豊本線にはSLが走ってたんよぉ~
でSLを見にいったということですたい!

最初はおとなしめに遠めに写真を写してたんやけど…
機関士のおっちゃんが「おい坊主!ここに乗ってもいいぞーー!」って運転台に乗せてくれたんよ

SLはD51で「N方機関区から貨物を引いて来た」と機関士のおっちゃんは話しちょりましたぁ~

写真は残っちょらんけど記憶に残る思い出だったなぁ~

旧「かもめ」?…懐かしいよぉ~
キハ82系の京都までのディーゼル特急の頃やね
S世保編成がC豊本線を経由してたなぁ~

まだまだわしが幼き頃…
実家付近の旧K鉄S木原駅付近で通過する列車をただただボーっと眺めていたのがついこの前のような気がするなぁ~(笑)
当時は優等列車目白押しやったけんねぇ~

──────────

やまさーん、こんにちは♪
お仕事お疲れさまです。


>わしは小学5年生の時やったかなぁ~
……ということは、Kassyが生まれる前っちゅうことですねー。
C豊本線を力走するSLの雄姿を撮影した写真を、
あるサイトで見たんですけど、やっぱり迫力ありますね!
「SLで地響きを立てながら力走していた峠を、
今は1両編成の弱々しそうに見える普通列車が、あっさりと通り抜ける。
時代は変わったんだなぁ」と、
そのサイトの管理人さんもおっしゃっておられました。

>機関士のおっちゃんが……運転台に乗せてくれたんよ
いい時代だったんですね。こういう美談、よく聞きます。
機関士さんや運転士さんは、夢を与えてくれていたんですよねー。
今では、乗せるどころか、近づけただけでも大問題ですもんね。
心の交流がなくなった、という意味で、とても残念に思います。

Kassyは、もしかしたらカミチィさんやうっちゃんさんに、
そういう部分を求めているのかもしれません。
当のカミチィさんやうっちゃんさんにとっては、
負担以外の何物でもないでしょうけど(^ ^;;)

>旧「かもめ」?…懐かしいよぉ~
懐かしんでいただけて光栄です!
C豊本線の昔の姿をあまり知らなかったので、
いろいろと調べてブログに載せたんですけど、
載せた甲斐がありました!

K鉄に関して、Kassyが懐かしいと思うのは、
母方の実家がO分にありまして、帰省するのに
L特急「にちりん」を使っておりました。
Kassyが確か幼稚園生の頃だったと記憶していますが、
その時乗ったのが583系でありまして、
特急電車=赤ライン という図式ができあがっていたKassyにとって、
青ラインの特急電車がやってきたことに、すんごい衝撃を受けました。

2年ほど前、M司港駅横の鉄道博物館に遊びに行ったとき、
一番奥に581系『月光』が展示されていたので、
ついついなつかしくなってしまいました〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お散歩(15-1) | トップページ | 祈り »