2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 存在意義 | トップページ | お散歩(17-2) »

2007年5月30日 (水)

お散歩(17-1)

まぁ、昨日はKassyの一存で愚痴らせていただきまして、
失礼致しやした。

∠('▽')

ちょっぴり、気持ちがくさっていたので、
今日は気分転換に、お散歩に出かけることにしました。

最近、なぜかシリーズ化している「たそがれ」なのですが、
いつもは遠方ばかりですので、
たまには近所をグルーッと回ってみたいと思います。


まず、目指すは、
現在、Kassy家から最も近い終点停留所であります
(23)系統の南Y手団地。


Kassy家の方角から見て、H田のバス停を左折していけば
既存のバス通りなのですが、
ここはいわば、Kassyの庭とも言うべき近所ですので、
正規ルートではなく、たまには裏道を通ってみますかね。

H田バス停がある交差点の一つ手前を左折します。
分かりやすく言えば、角にコンビニがある交差点でして、
D宰府市コミュニティバス「Mほろば号」のルートであります。

>なんじゃあ!?
>結局バス通りという正規ルートじゃんよー!!

なんて思われた皆さま。
まだ早うございやす。

左折後、ちょっと坂を上ったところで
「Mほろば号」ルートとはおさらばしますので、
正真正銘、裏道ルートになるのです。
ご安心あれ。


Kassyが今通っている道は、
以前、県道の道幅が狭くて渋滞が激しかった時に
大Z野地区とH野台地区を結ぶ、文字通りの「裏道」でして、
車の行き来もけっこうあったのですが、

歩道が狭く、通学路であり、
かつ交通量がけっこう多いということで、
反対側に歩道を作ることによって道路の道幅を狭くし、
「裏道」の要素から、一般の生活道路にしたんですね。

ま、道幅を狭くといっても、
普通車同士ならちゃんと離合できますし、
そこまで狭いわけではありません。

Ge1701

現在では、県道が片側2車線の道路に拡張されて、
ラッシュ時の渋滞もけっこう緩和されたことから、
「裏道」を使う必要がなくなったこともあり、
車の行き来はあんまりありません。


写真の下り坂を下りていったらバス通りでして、
Tつじヶ丘2丁目バス停付近に出てきます。
でも、ひねくれKassyは、
写真の手前から左折して、住宅街の中を通ってみます。

ちなみにこの周辺の住所は、O野城市Tつじヶ丘○丁目です。
このエリアに隣り合う形で、
お隣のD宰府市にもTつじヶ丘というエリアがあります。
要は、Tつじヶ丘というエリアが2市にまたがっていますが、
D宰府市側の住所は、D宰府市Tつじヶ丘ではなく
「D宰府市大Z野」です。

あぁ、紛らわしい……。

(-"-)


今回、目的地に設定している南Y手団地も、
住所で正確に言えば「O野城市Tつじヶ丘○丁目」であります。
この南Y手団地が造成される前は、
O野城市Tつじヶ丘は1〜3丁目しかなかったのですが、
南Y手団地ができたことで、
3丁目の一部と4〜6丁目が追加されたんですね。

Kassyが今、歩いているのは3丁目。
しかし前述の通り、既存の地域に新しく追加造成されたので、
ちょっとだけ、道が入り組んでいるわけであります。
方角を頼りに進むと、ガードレールに阻まれてしまったり、
高低差が4〜5mほどあったり、けっこう迷いましたよー。

(^ ^;;)

あっちでもない、こっちでもない、と、
さんざん頭を悩ませながら進んで、
ようやく「南Y手四ツ角」バス停付近に出ることができました〜♪


ここからは、バス通りを進むことにします。
……ずーっと上り坂なんですけどね。

Ge1704

まだ家が建っていないところも多く、
団地としては、まだまだ未完成です。
でも数年後には、完全に住宅で埋まり、
あちらこちらから、
子どもたちの声がこだまするようになるんでしょうね。

そうしているうちに、終点の南Y手団地に到着〜♪

Ge1705

ここへは、カミチィ号に乗せられて何度もやってきましたので、
特に真新しいものではないのですが、

ここの転回場の入口付近に、なぞの階段を発見!

Ge1707

何じゃこりゃ!?
いかにも「階段を下りてみな」って言っているようですねぇ。

下りてみましょ下りてみましょ。

Ge1708

すると、目の前にはU頸ダムが。


へぇ〜。
いわゆる一つの“ショートカット”ってやつですか。
そういえば、カミチィさんも

>(転回場の)裏手はダムだし、
>夜、バス車内の電気を全部つけてないと
>何か出そうでコワいんですよー。

って言ってましたっけ。
(ちなみに、そのイメージ写真はコチラ)

うーん、カミチィさんに言われて裏手を覗いてみて、
確かに転回場からダムは遠目に見えたけど、
ここまで間近にあるとは思いませんでした〜。

せっかくの機会なので、ダムを一周してみようかな。

(^ ^)


((……続く))

« 存在意義 | トップページ | お散歩(17-2) »

バス・電車」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

何か出るとか怖いこといいますねぇ。。
いあやぁ---
やめてぇ!!
って、怖いって思うと幽霊とかよってくるみたいですねぇ。。
気をつけなきゃ!!

──────────

MIさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>何か出るとか怖いこといいますねぇ。。
いえいえ!
Kassyはそんなこと、一言も言っておりませぬよー。
(……と責任転嫁)

おばけ屋敷は大キライです。
何がキライかと言うと、おばけが恐いんではなくて、
おばけに脅かされたお客さん(特に女性)の悲鳴に
めっちゃビックリするんです。

だから、その悲鳴さえなければ、
どんなにコワいお化け屋敷でもKassyは冷静でいられるので、
けっこうへらへら笑ってますよ〜。

通路脇に置いてあるおばけのお飾りを持って屋敷から脱出したり、
上からつり下げてあるひも状のビニールテープを引っぱがしたり、
横から出てきたおばけの人形に思いっきりビンタしたり。
Kassyって、けっこうイタズラ坊主かなぁ?

お化け屋敷担当の係員さんが一番かわいそうかもです。
自分の脅かしで女の子がワンワン泣き出しちゃうことで、
多少は胸が痛むでしょうし、
場合によっては、その女の子の彼氏さんが怒っちゃって
殴り掛かってくるなんてことも日常茶飯事でしょうし。
いくら、お客さんを楽しませるという理由とはいえ、
大変だなぁって、冷静に思ってしまいます。

いけね、本題本題。

……てなわけで、MIさん、
幽霊には気をつけてくださいませ〜♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 存在意義 | トップページ | お散歩(17-2) »