« 反抗期 | トップページ | 首位打者賞 »

2007年7月25日 (水)

ゴ───ル!!

とうとうこの日がやって参りました!


前々職に勤めているときに作った、消費者金融2社からの借金が。
6年9ヶ月にわたって支払い続けてきたKassyの借金が。

4ヶ月前に、2社のうち1社(ア○ム)の払込を終え、

そして本日、とうとう
残りの1社(レ○ク)の払込を済ませてきました!

完全返済!!

であります。


……というのも、実はこの話にはウラがありまして、

簡単に言えば、昨年5月に、
KassyはF岡簡易裁判所に「調停」を申し立てたのであります。


話は一昨年前にさかのぼりますが、
いわゆる「グレーゾーン金利」という言葉が流行しました。

元本10万円未満は年20%、
元本10万円以上100万円未満は年18%、
元本100万円以上は年15%。
利息が上の利率により計算した金額を超えるときは、
その超過部分につき無効と定める、とした「利息制限法」。

金銭の貸し付けを行う者が、仕事として金銭の貸付けを行う場合、
年29.2%を超える利息の契約をしたときは、
5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、
または併科する、と定める「出資法」。

「グレーゾーン金利」とは、この2つの法律の間の部分、つまり、
「利息制限法」に定める上限金利を超え、
「出資法」に定める上限金利に満たない金利帯のことであります。

Kassyら“債務者”の立場とすれば、「利息制限法」に、
「利息が…(中略)…その超過部分につき無効と定める」とあるように、
超過部分は無効じゃないか──っ!! と。

「利息制限法」どおりに金利を計算し直して、
超過部分(支払いすぎた部分)は元金に充当してほしい、と申し立てたわけです。


えぇえぇ。
合わせて3回ほど、F岡簡易裁判所へ行って参りましたですよ〜。
申立人として。

裁判所の書記官の方を仲介役に、
申立相手人(=業者)と話し合いを行いました。

話し合いが無事に終わり、簡裁からこのような書類が届きました。

──────────

平成18年(○)第○○号 債務弁済協定事件

決定

申立人 F岡県D宰府市…… ○○ ○○ (←Kassy)

相手方 T京都M黒区…… ○○○○○・○○○株式会社
    代表者代表取締役 ○○ ○○


主文
別紙のとおり

理由
上記当事者間の債務弁済協定調停事件について、当裁判所は、民事調停委員の意見を聴き、民事調停法17条により主文のとおり決定する。


平成18年○月○日

F岡簡易裁判所 裁判官 ○○ ○○

──────────

(別紙)

1 申立人は、相手方に対し、申立人が、相手方と平成12年○月○○日締結した継続的貸金契約に基づき、平成12年○月○○日から平成16年○月○○日までの間、相手方から借り受けた合計金○○○万○○○○円の残元金○○万○○○○円、利息と遅延損害金○○○円、合計金○○万○○○○円の支払い義務があることを認める。

2 申立人は、相手方に対し、前項の金員を次のとおり分割して、相手方に持参又は相手方名義の○○銀行○○○○○店の普通預金口座(口座番号○○○○○○○)に振り込んで支払う。

(1) 平成18年○月○○日限り、金○万○○○○円
(2) 平成18年○月から同19年○月まで毎月末日限り、金○万○○○○円ずつ

3 申立人は、前項の支払いを怠り、その額が金○万○○○○円に達したときは、期限の利益を失い、相手方に対し、1項の残額及び残元金に対する期限の利益を失った日の翌日から支払済みまで年○○.○○パーセントの割合による遅延損害金を直ちに支払う。

4 当事者双方は、上記条項に定めるほか、互いに何らの債権債務のないことを確認する。

5 調停費用は、各自の負担とする。

以上

──────────

これは謄本である。


平成18年○月○日

F岡簡易裁判所 裁判所書記官 ○○ ○○(印)

──────────

もともとの残元金は64.1万円ほどでしたが、
この調停によって18.6万ほどに落ち着きましたし、
毎月の支払い約束金額27,000円も
(ちなみにKassyは毎月30,000円ずつ返済していました)
毎月12,000円ずつになりました。

ちなみに当初、Kassyは「特定調停」を申し立てたのですが、
いろいろな事情から「一般調停」に切り替えました。
でも、結果的には負担がすごい軽減できたわけで、
調停をやっててよかったと思う今日このごろです。

この、裁判所が出した決定通りに支払いを続け、
払込が終わったのが今日……というわけなんですね。


完済した感想?


うーむ……。
「やったあ!」という気持ちが半分。

残り半分は、こともあろうに

「支払い、もう終わっちゃったの?」

という、ちょっぴり寂しい気持ちも正直なところ、かな。


今回の返済にあたっては、誰からも1円の援助も受けていないので、
ホントに苦労したのですが、
でも、借金はもうコリゴリっすね!


これからの支払いは、携帯電話代金+生命保険料! のみ!
やったぁ!\(^ ^)/

……いやいや待てよ?

健康保険料もあるぞ?
国民年金もあるぞ?
住民税もあるぞ?

(^ ^;;) あは…


地道に……ね!

|

« 反抗期 | トップページ | 首位打者賞 »

コメント

借金返済終了お疲れさま(^^
僕も車のローンが今年の9月で終わるから
今度は車の頭金を貯めねば~

──────────

ぷりんさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


おぉ w(^ ^)w
次のお車の頭金ですかい?

えぇなぁ……!

投稿: ★ぷりん | 2007年7月26日 (木) 11:20

おめでとうさんです(^_-)-☆
お疲れ様でした
お金は無いけど借金も無いですよ。
この前の車も、ニコニコ現金払い、
買えないものは買わないですから。

でも、借金の理由が違いましたからね(-"-)
借金の肩代わりですからね、僕ならば逃げてますね。

──────────

うっちゃんさーん。こんにちは!
今日も乗務お疲れさまでーす。


>おめでとうさんです(^_-)-☆
ありがとうございます!
やっとで肩の荷が下りまして。
消費者金融さまからも、契約書を送付する旨の通達をいただきました。
それが届いてから、カードにはさみをいれますね。
(はさみ入れなくても、すでに無人契約機では使用できないんですけど)


>買えないものは買わないですから。
Kassyも、少しずつそういう風になりつつあります。
おかげで物欲がなくなってしまいましたね〜。


>借金の肩代わりですからね
まぁ、これで塾とも完璧に縁が切れたってことで、
おさらば状態であります。
塾の後輩クンとは、たまに電話でお話しすることもあるのですが、
会社は回復傾向にあるようで、少しずつ教室数を増やしているようですが、
待遇面は相変わらず最悪らしいです……。
「(塾に)戻ってきなよ!」なんて言われてしまいましたが、
丁重にお断りいたしました(^ ^;;)

投稿: ★うっちゃん | 2007年7月26日 (木) 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 反抗期 | トップページ | 首位打者賞 »