« 安眠グッズ | トップページ | MIさんのオススメ »

2007年8月16日 (木)

敬称の境目

今、某局で「食わず嫌い」やってます。


ゲストには“天才子役”との評判高い、神木隆之介くん。
NHKの大河ドラマには、2年前の『義経』で、
源 義経(滝沢秀明さん)の少年時代(牛若役)を演じた子でして、当時11歳。

NHK『どんど晴れ』浅倉智也役や、
日テレ系『探偵学園Q』連城 究役で
現在も活躍中の俳優さんであります。


対するもう一方のゲスト、さまぁ〜ずのお二人は
まぁどうでもいいでしょう(失礼……(^ ^;;))

ところで、人につける“敬称”はいろいろありますが、
境目はどこ?


とあるテレビ局では、
小学校入学前の子には、性別関係なく“〜ちゃん”、
小学校入学後は、男の子は“〜くん”、女の子は“〜さん”、
こういうふうに聞いたことがあるのですが、

では男の子の場合、
“〜くん”と“〜さん”の区別・境目はどこだろう?
とふと思ったわけです。

この「食わず嫌い」で、神木隆之介くんを紹介するときに
「神木隆之介さん」とナレーションされていたので、
このテレビ局では、
小学校卒業後は性別関係なく“〜さん”なんでしょうねー。


でも、高校野球のウグイス嬢は
「○番、ピッチャー、○○くん」って言いますよね。

|

« 安眠グッズ | トップページ | MIさんのオススメ »

コメント

こんばんわ
なるほどぉ。
言われてみればって感じですねぇ。
「くん」と「さん」かぁ。

「くん」って呼ぶと、親しみを感じたりしますよねぇ--
反対に「さん」だと、ちょっと尊敬してるっていうか、立ててるっていうか…。
お客様だからかなぁ。。
なんて思ったりもします。

どういう風に使い分けいるんでしょうかぁ。

──────────

MIさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>「くん」って呼ぶと、親しみを感じたりしますよねぇ--
学生の間は、そうですよね〜。

そういえばKassyが高校2年生のとき、
後輩くんから「さん」付けで言われた時は、
なんか新鮮な印象は受けましたねー。

今までは、同級生からは「くん」、
下級生からは「先輩」って呼ばれることが多かったので。

でも、一口に“くん”と言っても、
国会会議中の議員の呼び方は「○○くん」ですからねー。


>「さん」だと、ちょっと尊敬してるっていうか、立ててるっていうか…。
そうかー。
結果として相手を立ててるニュアンスが含まれているのか……。
何の不思議もなく「さん」って言っていたから、
そう指摘されるとそうかもですねー。

投稿: ★MI | 2007年8月17日 (金) 19:51

現在小学校では君は、ありませんよ。
男の子も女の子も、さんですよ。
使い分け=差別だそうです。

会社では、年齢と先輩後輩で分けますよね、
上下関係大きいですよね。

──────────

うっちゃんさーん。
連続コメントありがとうございまーす。


>現在小学校では君は、ありませんよ。
えっっっ!!
そうなんですかー。

差別かぁ……( ̄  ̄;;)


>会社では、年齢と先輩後輩で分けますよね、
会社の場合はいろいろな場面が出てきますからね〜。
同僚でも年上の方を呼ぶ場合、
年下でも目上の方を呼ぶ場合。
若干ルールに当てはまらない場合もありますからねー。

投稿: ★うっちゃん | 2007年8月17日 (金) 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安眠グッズ | トップページ | MIさんのオススメ »