2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« (31)裏切りの城 | トップページ | ワナ »

2007年8月 6日 (月)

おじじさまの意地

昨日はおばばさま、つまりKassyの母上の誕生日でして、
長姉上のおごりでお食事にお出かけしました。

純粋なるKassy一族の勢揃いです。


参加者は以下の通り。

おじじさま(Kassyの父上)、
おばばさま(母上)、
おばさま(長姉上)、
ママさん(次姉上)、

それから私、Kassyであります。

そうそう。
1匹 いやいや失礼、甥っ子くんは忘れてはなりません。


今までも、甥っ子くんを含めて計2回お食事には行っておりますよ。

1回目は、甥っ子くんがKassyを見ては泣いていた頃。

<座席表>(※敬称略)
 パパ┏┓おばば
 ママ┃┃おじじ
 おじ┗┛おば

もちろん「おじ」とはおじさんのことなので、
つまりはKassyのことであります。

甥っ子くんは、ママさんのおひざの上なので、
よりによってKassyの隣に位置してしまうわけでして、
んまぁ〜大変なこと大変なこと。

少しでも早くKassyに慣れさせようという、
ママさんの心憎い(いやいやホントに憎たらしい)ほどの計らいなのですが、
すきあらば逃げ出そうと、甥っ子くんは必死なのであります。


そして2回目は、Kassyと目が合うと目をつぶっていた頃。

<座席表>(※敬称略)
 ママ┏┓おばば
 パパ┃┃おじじ
 おじ┗┛おば

1回目の失敗(教訓?)を活かし、
甥っ子くんとKassyの間に
ママさん&パパさんを座らせることで少しでも距離を広げ、
甥っ子くんの視界の中にKassyの姿を
入れさせまいとした結果であります。

しかし、食事に飽きてきた甥っ子くんは
ママさんのおひざの上から脱出してしまうわけですが、
そうなるとKassyが視界の中に入ってしまうわけで、
再びママさんのおひざの上に戻るというありさま……。


そして昨日が3回目であります。
ただ、以前の第1回・第2回に比べると、
甥っ子くんとKassyの距離はかなり縮まっておりますので、
泣き出したり目をつぶったりという心配はないのであります。

<座席表>(※敬称略)
 ママ┏┓おばば
甥っ子┃┃おじじ
 おば┗┛おじ


まぁ、座席表はどうだっていいのですがね(^ ^;;)

今回は初めて、甥っ子くんの視界の中に
堂々と入っているKassyですので、

甥っ子くんが食事に飽きようものなら、
ニタ〜ッと笑ってみせたり、
ム〜ッと口をとがらせてみせたり、
ニッコリ笑って頷いてみせたりと、

歌舞伎役者顔負けの七変化・八変化……いやいや、
もしかしたら怪人二十面相以上の表情を繰り広げ(?)、
甥っ子くんをなんとかイスに座らせているように
悪戦苦闘しているわけであります。


Kassyたちはちょっとお洒落なお食事を堪能し、
甥っ子くんには、お店の方のご好意によって、
ひたすらうどんなのであります。

甥っ子くん、まだスプーンを持って食事をすることができないようで、
ママさんがせわしなく甥っ子くんの口にうどんを運んでおります。

ただ、なぜか賢い甥っ子くんは、
ママさんが口元に持って行った食べ物を、必ず自分の目で確認し、
Goサインが出たときにだけパクッと食べちゃうわけです。

甥っ子くんの好きな食べ物・嫌いな食べ物は
Kassyはイマイチ心得ていないのですが、
一面が赤、緑、黄、黒の食べ物は、どうやらダメなようです。

だから、当然ながらピーマンなどの野菜はダメなのですが、
卵焼きも黄色いからダメらしい。

でも、のりとわかめは大好きらしい……。

そんなママさんも負けてはおらず、甥っ子くんの大好きな食べ物の下に
ひそかにニンジンを入れたりして、だましだまし食べさせております。


食事も終盤にさしかかった頃、お茶とデザートが出てきました。

おじじさまとおばばさまは、抹茶とようかん、
ママさんはゴマのアイスクリーム、
そしてKassyとおばさまは抹茶のアイスクリームであります。

でも甥っ子くんは、まだうどん(笑)。


何を血迷ったか、おじじさまが「食べてみ〜♪」と、
おもむろにようかんを甥っ子くんに差し出しました。
でも、甥っ子くんのお口のなかはうどんであります(^ ^)

「ほれほれぇ〜♪」と、おじじさまも負けじとようかんを出します。
でも、甥っ子くんは完全にシカトを極め込んでおります。

ママさん「黒いものは食べんよー」。

それでも、甘いものを食べて喜ぶ甥っ子くんの
笑顔を見たいおじじさまは
うつむいている甥っ子くんの顔を強引に上げさせ、
口元にようかんを持って行きます。

甥っ子くん、チラとようかんを見、やっぱりシカト。

ママさん「そんな感じで食べてくれりゃ、私は苦労せんっちゅーに!!」
確かにそのとおりであります。


甥っ子くんのシカトよりも、ママさんのパンチの効いた一言に
完全にノックアウトされたおじじさま、

……すっかり肩を落とし、しょげております。

( _ _。)


大人の意地も、子どもにしてみれば無意味なものなんでしょうね。
うふふ(*´▽`*)

« (31)裏切りの城 | トップページ | ワナ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (31)裏切りの城 | トップページ | ワナ »