2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« お散歩(28-1) | トップページ | 首位打者賞 »

2007年11月 2日 (金)

お散歩(28-2)

昨日の続きです。


クリーニング屋さんと理髪店が並ぶ小道をそろりそろりと進みます。
行き止まりじゃないよねぇ? という一抹な不安がありましたが、
その直後に、Kassyの真横をバビューンと
宅配業者の軽自動車が通り過ぎたので、

この道は行き止まりじゃないんだ! と分かります。

しかし。
この小道の出口で待ち受けていたのは

ガス管埋設工事

なるほど、先ほどの宅配業者の車は
この工事による通行止め区間から迂回するために
この小道を通ったわけですね〜。

Kassyが進みたかった経路は、
まさにその工事中の方向でありまして、
車を誘導する方に案内してもらいながら、
工事区間を無事に抜けることができました。


小学校の真横を通ります。

小学校の校庭では、まだたくさんの小学生たちが
元気よく遊び回っています。
その小学校の近くで、こんな路地を見つけました。

Gk0105

パッと見なんですけど、
路地沿いに建っている家の感じ、狭い路地の感じが、
Kassyの祖母の家付近に風景が似ていたので、
思わずパシャリ。

そういえば、最近帰ってないですねー。

ここから、再びJRF日市駅の方向へ戻ります。
お散歩が終わりというわけではありません。
ちょうど、“4”の字の、下方向から上方向へ、
そして頂点から左斜め下方向へ進んできまして、

今からは、左方向から右方向へ進もうとしておりまして、
交点である駅前を一度通らなければならないわけです。


駅前から旧国道へ出ると、商店街の入口があります。

Gk0107

つい先日、ここを通った時には
入口の真上に“ようこそ!”という感じの横断幕があったんですけど、
今日はないですね(^ ^;;)

JRF日市駅から、D宰府天満宮やK州国立博物館へ行きたい場合に
N鉄F日市駅までバスなり徒歩なりで移動し、
そこからD宰府線電車に乗ってD宰府まで乗ると
簡単に行くことができます。

この「C央通り商店街」は、JR駅からN鉄駅への最短ルートでありまして、
これをいい機会に、活性化を図ろうと頑張っておられますよ。

これは、F岡市営地下鉄「N洲K端」駅から
商業施設「KャナルシティH多」へ向かう最短ルート上に商店街があり、
商業施設完成前は閑散としていた商店街が、
少しずつ活気を取り戻した! といったことがありましたね。

この商店街、街灯にスピーカーが取り付けられておりまして、
ちょっとオシャレなジャズの音楽が流れていました。


商店街に入ってすぐの左手に「F日市八幡宮」があります。

Gk0108

街中に埋もれて、少し目立たない存在ではありますが、
こういう穴場もけっこういいものですよ。

Kassyが訪れた時には、恐らく近所にお住まいであろう
ご婦人が、お参りに来られてました。
今日一日、無事に過ごせた御礼に来られたのでしょうか。

再び商店街に戻って進んでいくと、
ところどころでお店を開ける準備をする音が聞こえてきました。
あるお店では、店舗前の道をほうきで掃いています。
またあるお店では、中から包丁のトントントン……という音。
(Kassyがこの通りを通ったのは午後4時前)


商店街で唯一のコンビニが出てきますが、
そこから右折してみましょう。
ここは通称「Nしてつ通り」というそうです。
すぐ横にはN鉄T神O牟田線が走っています。

Gk0109

C央通り商店街と比べれば、
ちょっと閑散としていますかね〜。

でも、八百屋さん? 魚屋さん? の若い店主が
常連さんと思しきおばちゃんと世間話(^ ^)
こういった関わりというのは、商店街ならではでありますね。

こんな感じでN鉄F日市駅に到着しました。


今回のルート上に、Kassyが持病(バセドウ病)の治療のために
通院している病院もありますので、
実は久々に通ったルートというわけではないのですが、

改めてゆっくり進んでいくと、
普段見落としていたところに気づいたり、
新たな発見ができたりと、
有意義に過ごすことができました。

みなさんも、家の近所をじっくりと
グル〜ッと回ってみては?(^ ^)

« お散歩(28-1) | トップページ | 首位打者賞 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お散歩(28-1) | トップページ | 首位打者賞 »