2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« (45)謀略! 桶狭間 | トップページ | 赤いマフラー »

2007年11月12日 (月)

上司の品格

すいません(^^ゞ
Kassy、とうとうcatch a coldしちゃいまして、
素直に寝ております。
なので今夜はケータイからの更新です。

上司とは、
部下が何かトラブルを起こしたときに
「管理者」としての責を負い、部下を守り、
その代わり一般職よりも給与が高い──。

Kassyは幼い時分からそう理解してきました。

しかし、最近の報道を見るにつけ、
必ずしもそうではないことに気づいたわけであります。


偽装したことを隠し、工場長に全ての責めを負わせ、
「指示したなら指示したと認めてください」と長男から言われて
初めて、偽装指示の事実を認めた某社社長。
揚げ句には、スーパーや消費者も悪いと言い出す始末。

いま世間を賑わわせているものも、今回の「全ての」責めを
パートさんがかぶっているようにしか見えません。

パートさん自身が手を汚したことへの責めは、
当然ながら負う必要はありますが、
取締役が上司としての責務を全うせず、
何でもかんでもパートや取引先のせいにしていると、
Kassyには見えてしまうのです。

どうやら今では、パートなどの弱者が
社員の分まで責めを負う風潮があるようです。
安月給の上に責任まで押しつけられ……、
パート・アルバイト・ハケンとは、何ともハイリスクな職種であります。


そういえばKassyにも経験があります。
「スタッフの管理徹底ができていない」と、
某社取締役から殴られたわけです。

仮にも自分の落ち度なら、率直に詫びます。
しかし、その非は某社社員にあったわけで、
別会社の職員(=Kassy)が、
何で社員に代わって殴られねばならないのか?
理解に苦しみます。

「殴る相手を間違えてはいないかい?」と、本気で思いました。

Kassyが殴られることで事態が収拾するなら、
100歩譲って殴られましょう。
でも他方で、
「スタッフの管理徹底ができていない」と他社職員を殴るということは、
他社職員に管理されなければ動かない某社社員の
レベルの低さを露呈することであり、

それは取締役として恥ずかしくないのだろうか?

この話をある社員に話すと「取締役だからねぇ」との答え。
足下も見えない、見ようとしない取締役は、
Kassyは取締役とは認めたくありません。


いざというときに責任を取れない(取らない)上司、
責任逃れをする上司。

こんな上司は、いらない。

« (45)謀略! 桶狭間 | トップページ | 赤いマフラー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

久し振りのコメントです。
こんばんわ
なるほどねぇ--
今、責任のある仕事についたりすることがいやな人が増えているそうですねぇ--
子供の遊びからもそうみたいです。
ままごとをするのに、お母さん役はしたくない人が多いみたい。
それから、野球のピッチャーも少ないそうです。
むしろ、野球になると親から「やらせるな」と言ってくるみたいですねぇ--

今の日本から将来に責任者っていう役所はなくなるのではって思うほど。
それほど、今のニュースは責任ってことが多いみたいですねぇ--
責任をおうと、どうなるかってことを知ってるから、自分の器では無理と決めてしまうのでしょうか。

私の場合は、自ら目立つようなところに行くので今の時代の人の気持ちはわかりません。。
私ができそうなものなら、引き受けるそれが私。
だけど、それを任せるあたなにも責任はあるのだとわかってほしいとも思うけどぉ。
そういう考えがいけないのかなぁ??
わかんないけどねぇ--

この問題は難しくて私には理解できませんでした。
ごめんなさい。

──────────

MIさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>今、責任のある…(中略)…増えているそうですねぇ--
そうみたいですねー。
出世したいという気持ちより、定年まで安穏にすごしたいっていう
考えの人は、確かに増えてきているようです。

企業の謝罪会見が頻繁に報道される世の中で、
自分もああやって頭を下げ、記者の人にいろいろ責められ、
辛い思いをしたくないんじゃないか? と
評論家の方が言っておられました。

謝罪会見ひとつとっても、謝罪の仕方によっては
その企業に対するイメージが悪くもなるし、良くもなる。

スポーツに対してもそうで、
すもうの場合、対応が後手後手に回った結果、
なかなかいい評価をしてもらえずに苦慮しているところですが、
亀田家お兄ちゃんの謝罪会見には、同情する視聴者が多く、
亀田家に対する批判の目が、激励の目に変わっていったという
イメージが良くなったいいパターン。

だから、まずは正直であること、でしょうね。

後だしジャンケンのように、“実は……”と
後から後から真実を明らかにしていく手法では、
消費者にはなかなか理解は得られないようです。


>子供の遊びからもそうみたいです。
あー。おままごとのママさん役や、野球でのピッチャー、
どちらもニュースで知りました。
Kassyが子どもの頃は、いつもピッチャー争奪戦でしたけどねー。
ちなみにKassyは、いっつもキャッチャーでした(^ ^;;)

けっこうキャッチャーも辛いんですよ〜。
草野球とはいえ、やはりノーコンピッチャーが多いから♪


>私ができそうなものなら、引き受けるそれが私。
やっぱり、MIさんのような人がいれば、
上司としても「任せてみるか!」って考えて、
結果的には“大ばってき!!”になっていくんでしょうね。

もちろん、MIさんが言うように、
その上司にも「任命責任」というのはついてきますよ。

会社レベルの場合、
基本的にはその責任は「人事部」が負います。
あきらかに不適当な部署へ配置転換してしまった場合は、
もともといた部署へ戻すなり、その人が向いている部署へ再び転換したり。
会社全体を見ながら、社員一人ひとりをみながら、
配置を考えていくのが「人事部」なので。


>この問題は難しくて私には理解できませんでした。
謝る必要はないですよ〜。
MIさんはまだ学生で、会社というものを経験していないですからね。
経験していないからこそ、第三者としての意見を言えるわけで、
そういった方(学生さん)の意見を聴けるというのは、非常に貴重ですからね!

今の世の中は、なんでも事件が起きたらすぐに...
「誰に責任があるか!?」になっちゃいますからネ~(+_+)
例えば、学校や公園で遊んでいて誰かがケガをしたりすると、
「なんで誰も大人が監視してなかった!」とか
「なんでこんな危ない遊具を設置しているんだ!」とか
果てには「もう、アソコで遊んじゃいけない!」なんて事に
なっちゃいますからネ~(~_~;)
昔は頭が良くって運動が得意な子がクラスの人気者だったんですが
今では、<出る杭は打たれる>みたいな感じで、イジメの対象に
なったりもするそうです。
今こそもう一度、子供の教育からやり直さないと日本の将来には
不安な要素があり過ぎの様に思いますが....。
ところでkassyさん、某BD氏のHPでお会いしましたネ。
我が息子が、4ヶ月振りに病院から退院出来て、
今ホット胸を撫で下ろしているところなんですヨ~(^o^)丿

──────────

MMさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>今の世の中は…(中略)…なっちゃいますからネ~
現代は、確かに犯人探しといいますか、
誰かの責任にしないと気が済まなくはなってきていますよね。


>ところでkassyさん、某BD氏のHPでお会いしましたネ。
あー、やっぱりMMさんでしたか?

同じハンドルネームだったので、
「あれれ?」とは思っていましたが……。

息子さんのこと、初めてお聞きしました。
祝!! 退院ですね♪
おめでとうございます!!

パパさんの立場として、
この4ヶ月はとても大変な期間だっただろうと思います。
ご心痛、お察し申し上げます。

退院後も、普段通りの生活に戻るまで
しばらくは時間がかかるでしょうけど、
ゆっくりじっくり慣れていけるように、
いたわってあげてくださいませ〜。

子供は大人を見て育ちます、
今の大人がしっかりして、
子供に見せていかないとね。
マナーと品格の無い母親が育ててるからね、

──────────

うっちゃんさーん。
連続コメントありがとうございまーす。


>今の大人がしっかりして、
Kassyもしっかりしなきゃ!! ですね。
いつ、どこで、子どもたちに見られているか分かりませんもんね。
気をつけよう……っと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (45)謀略! 桶狭間 | トップページ | 赤いマフラー »