« (51-4)総集編・第四部 〜山の巻〜[終] | トップページ | 恭賀新禧 »

2007年12月31日 (月)

2007年

2007年の日本──。

2007年を表す漢字「偽」から連想できます通り、
お菓子やお肉、お餅などといった食品偽装問題、
中には、加工した紙製品をくだいて食品を作っていたという
報道自体がねつ造だった、なんていうものもありましたね。

これは食べ物に限った話ではなく、
偽装問題の発端となった、某テレビ局のデータねつ造も、
防○省を舞台とした汚職事件もありました。
アニメキャラを勝手に複製して施設内に置いたという
某国なんてのも。

いずれはみなさんがお世話になる! ということでの
身近なお話では、年金問題でしょうか。
「最後のお一人、最後の一円に至るまで──」と
約束をしたお方がおられるかと思いきや、
後を引き継いだお方は
「さぁ〜? 公約違反と言えるかどうかねー」という回答で、
支持率急落に結びついたとかつかなかったとか。

よくよく考えてみれば、「偽」という字は「人の為」と書きます。
本来の解釈は「人が為す(なす)」ということなんですけど、
Kassyは別解釈として、
「人の為にではなく、自分の為に」だますことが「偽」であると
思うようになりました。


また、国内でも比較的巨大な地震が発生し、
夏には記録的な猛暑がありました。
甚大な被害を受けられた地域もありますね。
お見舞い申し上げます。


一方、明るい話題では、
昨年に引き続く「王子」ネタでしょうか。

某W大の野球選手「ハンカチ王子」に始まり、
ゴルフ界からは「ハニカミ王子」、演劇界からは「流し目王子」。
でも最近、「王子」の名称に
全体的にちょっと飽きが来はじめた感があります。

某放送局が流している歌番組(?)では、
かわいい画と変声機能を使った「お○りかじり虫」も人気に。

芸能界では、何かしらのコンテストで這い上がって売れる、
もしくは長年下積み生活を送り、少しずつTVに出ていく、
というスタイルの業界の中で、
そこまで長くはない芸歴を持った「若手芸人」が
一気にブレイクするという現象まで。

まさに「下剋上」。

芸能界と言えば、
「どげんかせんといかん!」で有名になった元某タレントさんが
これまた某県の県知事に当選しちゃったりして、
もしかしたら日本で一番有名な知事さんかもしれません。

その他、挙げだしたらキリがないのですが、
詳細はコチラをご参照いただくとして、
今回はKassyブログの1年を簡単に振り返ってみたいと思います。
(前フリ 長っ!!)


早いもので、2007年もとうとう最終日を迎えました。
みなさんにとって、この一年はどんなものだったでしょう?
Kassyは、就職活動に明け暮れた一年間でありました。
ただこれは、来年もしばらくは続いていきそうです。

1月9日に始めたこの「それゆけ!! Kassy号〜♪」も、
この記事で362本目となります。
「よくもまぁ毎日続けて来られたもんだ」と、
自分自身でも呆れてしまいますが(^ ^;;)

これもひとえに、読者さまのおかげです。
ありがとうございます。


さて最後に──。
Kassyにとっての2007年の漢字は



です。

「生」の字には、いろいろな用法があります。
思いつく順に並べてみると、
「生きる」「生まれる」「生(なま)」……。

(甥っ子くんの)弟くんも生まれたことだし(^ ^)

2007年は、色々な意味で「生きる」意味を知った一年でした。
人間はいつかは必ず亡くなりますが、
今「生きている」ことのすばらしさを実感しましたね。
無理する必要はないんだなって。
だから、ムチャはしなくなりました。

今年は、「偽」の通り、
何となく暗いニュースが多かったような気がしますが、
このイヤな流れを今年までで食い止めてしまって、
来年こそはいいニュースが多くなることを願っています。


ブログともだちの輪がここまで広がるとは
Kassy自身も想定しておりませんで、正直ビックリであります。

皆さまから激励のお言葉をいただくことも多々ありました。
時には、皆さまからのコメントを読みながら涙することもあり、
大きな励み、力になりました。
誠にありがとうございました!

今年一年、「それゆけ!! Kassy号〜♪」にお付き合いくださり、
重ねて感謝申し上げます。ありがとうございました。

さてさて、来年の更新ですが、明日1月1日から更新予定です。
これからも「それゆけ!! Kassy号〜♪」を
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


というわけで、
2007年のKassyブログは、
この記事でおしまいです。


みなさん、良いお年を(^ ^)/

|

« (51-4)総集編・第四部 〜山の巻〜[終] | トップページ | 恭賀新禧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (51-4)総集編・第四部 〜山の巻〜[終] | トップページ | 恭賀新禧 »