2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« むしむし | トップページ | vol.21 徳川家康 »

2008年7月 6日 (日)

(27)徳川の妻

篤姫は、慶喜派・慶福派のどちらにも味方しない
中立な立場を貫くことを決意します。
結果的に、養父・島津斉彬を裏切ることになろうとも、です。

斉彬が幕府に対して提出した建白書に対抗し、
滝山が井伊直弼を大老に推す嘆願書を持参しますが、
幾島がこれに噛みつきます。

滝山も黙ってはいません。
御台所付きの幾島より、将軍付きの滝山の方が
身分は上なのであります。

そんな二人の争いを眺めていた篤姫は、もうウンザリです。
ともかく、嘆願書の件は滝山に一任することにします。


その頃、家定は扇投げ?に興じております。

側には母・本寿院が座しており、
一橋慶喜を次の将軍に選べば、自害する覚悟!! と説得中ですが、
家定の「その件はわたくしが決めまする」という一言に
ポカンと口を開けたままであります。


薩摩では、斉彬から新たな布石が。
井伊に対抗して松平慶永を大老に推すわけです。
それは、大奥でただ一人頑張っている(はずの)
篤姫の後押しの意味合いもあります。

篤姫は、大老の件をどうするのか家定に尋ねますが、
「そなたなら、両方に会ってみるというのであろ」と
お見通しであります。
そして実際にどちらがふさわしいのかを見極めるため、
篤姫を補佐役に任じた上で、両者を面接してみることにします。

徳川家だけではなく、
力のある諸侯が政治を行っていくべきだという慶永に対し、
井伊は徳川将軍家を守り抜くために、
強い幕府を目指していくべきと主張。

「自分の家族を守りたい」
そう考えた家定は、面接後、井伊を選ぶことにします。

家定:守ってやることができる、わしの……家族をな。
篤姫:家族……。


しかしそれは、
井伊直弼──紀州慶福ラインの実質的な勝利、
つまり養父・斉彬の敗北を意味します。

一橋慶喜を次期将軍にするために長年仕えてきた幾島は
涙ながらに訴え、さんざんに篤姫を責め立てますが、
篤姫は「すまぬ……」と謝罪することしかできません。
斉彬からの手紙も、申し訳なくて読むことすらできません。

しかし、家定の「家族を守りたい」という考えに心を打たれていた篤姫は
大奥から家定のいる中奥へ行こうとします。

一度大奥に足を踏み入れた女は
(特例でない限り)大奥から出られない決まりのようで、
滝山や幾島をはじめ、数多くの女中たちが止めようとするのですが、
篤姫の決意は固く、どんどん進んで行きます。

ふすま戸を開け、次の間へ、次の廊下へ。

大奥出口への道は、
大奥へやって来た時に通って以来だと思うのですが、
よくもまぁ、あのような迷路を間違えずに進んでこられたものです。

そしてついに、大奥出口、通称“御鈴廊下”までやって来ました。
その“門番”の女中さえも「開けよ! 御台所の命であるぞ!!」と
錠を開けさせ、渡ってはいけない境界線を跨いでしまいます。

追いかけてきた女中たちは、ここから先は
もう見送ることしかできません。
しかし、幾島だけは中奥までも追いかけます。

向かった先は、将軍居室。
家定は胸の薬を服用している最中でしたが、
中奥にまでおしかけてきた篤姫を見て察知したか、
寛大に迎え入れます。

篤姫は、今まで心の底から徳川の人間でなかったことを反省し、
数々の無礼を家定に謝りたかったようです。
そしてこれからは「徳川の人間」になると決意しています。


夜。
家定は篤姫の顔をジーッと見つめていますが、
忘れないようにするため、だそうです。
「不吉な」と、ちょっと機嫌を損ねた篤姫を
後ろからギュッと抱きしめる家定。

家定:わしのような男の妻になったこと、後悔はないか?
篤姫:ございません(^ ^)

相手を思いやり、相手に尽くす。
そんな、夫婦としての喜びを感じていた二人ですが、
この先、奈落の底に突き落とされるような
ひどい悲劇が待ち受けていようとは、
さすがの篤姫も予想だにしていませんでした。


原作:宮尾 登美子 (『天璋院篤姫』講談社 刊)
脚本:田渕 久美子
音楽:吉俣 良
題字:菊池 錦子

語り:奈良岡 朋子
──────────
[出演]
宮崎 あおい (篤姫)
瑛 太 (小松尚五郎)
堺 雅人 (徳川家定)
小沢 征悦 (西郷吉之助)
原田 泰造 (大久保正助)
──────────
高畑 淳子 (本寿院)
岩井 友見 (歌橋)

辰巳 琢郎 (堀田正睦)
──────────
江守 徹 (徳川斉昭(回想))
稲森 いずみ (滝山)
中村 梅雀 (井伊直弼)
松坂 慶子 (幾島)
高橋 英樹 (島津斉彬)
──────────
制作統括:佐野 元彦
制作:屋敷 陽太郎
演出:堀切園 健太郎


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『篤姫』
第27回「ふたつの遺言」

アナログ総合・デジタル総合:午後8時〜
デジタルハイビジョン:午後6時〜
衛星第二テレビ:午後10時〜

« むしむし | トップページ | vol.21 徳川家康 »

NHK大河2008・篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« むしむし | トップページ | vol.21 徳川家康 »