2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« ただいまぁ | トップページ | vol.20 峠の群像 »

2008年7月 1日 (火)

テレビ出演歴

わざわざ記事にすることのほどでもないのですが、
ふと思い出したので、“記録”しておきたいと思います。

記念すべき1度目は、昭和60年、
Kassyが小学校4年生のときでした。
地元のテレビ局が、当時Kassyが通っていた
夕方のニュース用に取材に来たわけです。

このテレビ局から塾までは、徒歩でも4〜5分のところにありまして、
取材の手間を省くため? 宣伝効果を狙って?
ともかく大人の事情はよくは分かりませんが、取材に来たのです。

事前に、先生からは
“ピース v(^ ^)v は格好わるいからしないように!”というお達しがあり、
これまた当時、最前列の左から2番目の座席に座っていたKassyが
取材の記者さんにマイクを向けられることになりまして、
内心「聞いてないよぉ〜」と思いつつも、
懸命に記者さんの質問に答えたような気がします。

しかし、この取材は
ニュースの時間の都合上、やむなくカット……。
Kassyのテレビデビューは、おあずけとなりました。


そんなKassyに、2度目のチャンスが。
大学入試に全滅し、1年間浪人生活を送っていたKassyですが、
通っていた予備校の提供で
入試関連の1時間番組を作ることになり、
それにやむなく出演することになりました。

そう、やむなく。

当時は入試直前の冬期講習のシーズンでありまして、
リハーサルや収録の時間帯は、
Kassyは選択した講座の授業中なのです。
だから当然、チューター(担任)に
「Kassyはテレビ出演してくれるよね!」と声を掛けられても
「あ、その日は授業ですから!」と当然断れるもんだと思っていたら、
「大丈夫大丈夫! 担当の講師に断りを入れておくから」と
かなり強引に、出演者リストに名を連ねてしまったわけです。

収録日まで、なかなか出演者が決まらなかったところを見ると、
やはり受験前なので、みなさんそれどころではなかったのかもしれません。

ともかく、出演が決まってしまったものは仕方ありません。
担当の講師にも「場合によっては遅刻するかもしれません」と断りを入れ、
12時30分にテレビ局入り。

13時からリハーサルが開始され、ああでもない、こうでもないと、
番組司会者やディレクターの話し合いがもたれながら、
リハが終了したのは17時。
ちなみにこの時点で、予定の時間より1時間押し、であります。
その間、Kassyら生徒は、背中に当たる強い照明で、
非常〜に熱い思いをしておりました(^ ^;;)

およそ15分ほどの休憩時間の後、本番開始。
しかし、Kassyが受講する予定だった授業は17時20分開始でして、
17時を少し回って本番を撮り始めたので、
この時点で遅刻決定でありますね(^ ^;;)

全行程を終え、クランクアップを迎えたのは18時すぎ。
それから急いで校舎に戻ったものの、
およそ30分程度しか授業は受けられませんでした。

とはいえ、これはしっかりと放送されましたですよ v(^ ^)v


3度目は、Kassyの姿が出演したわけではありませんが、
Kassyが書いた文字が出演しました。

Kassyが勤めていた塾で、毎年3月の高校入試当日に
「入試解答速報」と称して入試問題と解答、
解説を行う番組があるのですが、
その解説用の用紙に模範解答を書いていく役目でして、
2年連続で担当しました。

試験が始まっておよそ10分後。
県教育委員会から「こんな問題だしました〜」と発表があるわけですが、
それをバイク便で直接テレビ局へ持ってきてくれます。

解説役の出演者は、テレビ局入りしてから
問題とにらめっこしながら、陰でリハーサルを繰り返しているようで、
すでに本番モード突入。。。
Kassyは、字だけの出演ではありますが、
生放送だけにミスは一切許されないお役目ですので、
同様にピリピリムードの中でおしごとをいたしましたよ。

模範解答を見ながら解答欄に記入するだけなのに、
考えられないかもしれませんが、
1科目あたり50分ほどはかかっていましたからね。

同僚のちょっとした冗談にも、集中力を途切れさせないためにも
「ちぃーと静かにしてくれぃ!」と、
我がままを言わせていただきました(^ ^;;)

解説用の問題用紙は、Kassyが記入後に
専用の機械で模造紙ほどの大きさに拡大コピーされるので、
Kassyが書くのは、生徒たちが解いたものと全く同じ大きさの用紙。
ですが、単に書けばいい! というものではなく、
テレビに映し出した時の文字の見やすさに加え、
解答欄に合わせた字の大きさやバランスも考えなければなりません。

想像以上に神経を消耗するお役目であります。

5科目分を書き上げれば、Kassyはお役御免(^ ^)
本番1時間前には、完全にフリーになるので、
出演者の先生方のサポートに回っていました。
いわゆる“ADさん”でしょうか。
(本番の持ち時間に合わせ、時間内に説明できるように
ストップウォッチを片手に計測して、リハーサルを聞いてあげたり、
リラックスしてもらうために、いろいろ不安を取り除いてあげたり)

あるいは、解答ダイジェスト用のテレビテロップの
誤字脱字をチェックするために、
専用ルームに入って、細かくチェックを入れたり。

本番中は、まれに収録スタジオに入れてくれることもありまして、
入試解答速報のセットに映ることがない某番組
セットのソファに腰掛けて、出演者気分を味わったり(^ ^;;)
あるいは、たまたま収録の様子を見学に来た
キャスター(今では“朝の顔”ですね!)と挨拶を交わしたり。

まるでテレビ局見学に来ているようで、
けっこう楽しいことづくめでしたねー。


さてさて、そんなKassyの出演歴ですが、
4度目はあるのでしょうかね???

« ただいまぁ | トップページ | vol.20 峠の群像 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕は新幹線博多駅開通で
招待されて、ニュースにでました。
高校受験で、新設高で受験風景でながれました。
M田聖子コンサート警備で映された。
S部K察F岡撮影で、映りました。
S関インタビューは、カットでしたが
息子の後ろで映りましたよ。
事件でも、テレビ、新聞2回のりました、
悪い事だから、いえない。

──────────

うっちゃんさーん。


>S部K察F岡撮影で、映りました
おっ(^ ^)
懐かしいですね〜。

あの撮影で使われていた車に、
けっこう憧れていたKassyであります(^ ^)


>悪い事だから、いえない。
“若かりし頃の悪行”ってことですか?(^ ^;;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ただいまぁ | トップページ | vol.20 峠の群像 »