2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 癒しの男(ひと) | トップページ | あきらめません! »

2008年8月27日 (水)

方向幕考(18)

方向幕には、
系統番号とそのバスが通る経由地、
そして最終的な終点停留所名が表示されていますが、
外人向けに、終点停留所の英文字が挿入されてかなり経過します。

それどころか、最近では、
英文字と並列でハングル文字(韓国語)が
プリントされているものもあります。

う〜ん、さすがは
アジアの玄関口と言われるだけのことはありますね。

今回は、その“英文字”のお話です。

そう、通常記載されているのは
「終点停留所名」の英文字なのですが、
系統によっては、途中の経由地の英文字だったりもします。

例えばコレ。

Hg1712
(写真はC代営業所の横外部方向幕から)

[85]系統は、
C鳥橋(C代営業所)を出発後、C代町、F高前、H多駅、
W辺通一丁目を経由してT神へ向かいます。
更にその後は、
K際センター・Sンパレス、K湾局前(Mリンメッセ入口)を通って
C鳥橋(C代営業所)へ戻る、という循環系統です(でした)。

先ほどの画像を見ていただければお分かりの通り、
“T神方面”というのをデカ文字で強調しておきながら、
英文字は、その途中経由地であるH多駅がプリントされています。

はて???

これは、この横幕(外側)だけ見ていては
判断がつかない部分でありまして、
前幕を見てみれば、なぜこうなったかは一目瞭然です。

Hg1713

前幕では、
限られたスペースの中で、とりあえずはH多駅を
方面を示す意味合いで“強調”しておき、
それに合わせて、H多駅の英文字も挿入しています。

ただ、この系統はH多駅終点ではなく、
そのままT神方面に向かうことから、
その右隣に、申し訳ない程度でT神の記載がなされています。

恐らくは、横幕の場合は
前幕に比べるとスペースが幾分かは広くとれ、
H多駅より先のW辺通一丁目やT神という途中経由地、
更にはC鳥橋という最終終点地まで表示させることができたので、
これらも合わせて表示しておいたものの、

英文字は前幕と合わせてしまったがために、
結果的にH多駅の表示となってしまった……

……のかな?(^ ^;;)


これと同じ状況なのが、[6]系統の幕でもありました。

Hg1714
(写真はC代営業所の横外部方向幕から)

この系統、今でこそK体道路経由の往復路線と化していますが、
変更直前は、H多駅を出発後、M治通、T神、N新、T飼を経由してR本松、
更にその後は、K体道路、Cャナルシティ、E前3丁目を通って
最終的にH多駅まで戻ってくる、という循環系統でした。

R本松という途中停留所をデカ文字で“強調”しておきながら、
英文字はちゃっかりN新だったりするわけですが、
これも同様に、前幕を見ていただければ
お分かりいただけると思います。

Hg1715

前幕には、横幕で強調されていたR本松という記載は
一切なされていないのですが、
あくまでも、N新“方面”という形で
表示させたかったのかもしれません。

とはいえ、人間たるもの、
通常ならデカ文字をとっさに見てしまうと思うのですが、
バスがバス停にやってくる時に、
前幕を見て「N新ゆきかぁ〜」と確認した後、
乗車直前に横(外)幕を再度見てみると
「えっ!! R本松!?」というふうにならないのかなぁ?

……なーんて、
おせっかいなことを考えているKassyでした、とさ。


※ちなみにこの幕、車両によっては
前幕も「R本松(H多駅)」と表示されているものもあり、
横幕は、もしかしたらその名残りといえるのかもしれませんね。

──────────

さて、5回シリーズでお届けいたしました
この「方向幕のナゾ」、
お楽しみいただけましたでしょうか?

今回が5回目。
そう、完結編となります。

というわけで、最後の最後に追加! というわけではないのですが、
非常ににぎやかな幕(某法相風に言えば「やかましい」?)
を見つけましたので、それらを2種類ご紹介して
このシリーズを締めくくりたいと思います。


まずはコチラ。
非常にカラフルな幕です。

Hg1716
(写真はC代営業所の横外部方向幕から)

光の加減で分かりにくいかもしれませんが、
この部分だけで、実に6色というカラフルさであります。
(実際に数えてみてくださいね)

  1. スカイブルー (→[305]、(Mもち浜))
  2. マゼンタ (→T神)
  3. 濃緑 (→T市高速)
  4. オレンジ (→F岡ドーム)
  5. 濃青 (→英文字)
  6. 黒 (→それ以外)


そしてコチラ。
ゴチャゴチャしていて何が何だかよく分からない、
文字通り“やかましい”幕です。

Hg1717

本来なら、季節限定の“珍幕”として
紹介するのがベストなんでしょうけどね。
都合上、できてしまったスペースに、
文字を「入れ込んじゃえ!」という魂胆が見え見えです(^ ^;;)


どちらも、LEDでは再現不可能な利点を
充分に生かした幕とも言えます。

ま、LEDに取って変わられたら
どちらも目にすることはなくなるので、
それはそれで、楽しみがなくなりますけどね。

« 癒しの男(ひと) | トップページ | あきらめません! »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

海中臨時500円
話だけは聞いてるけど、僕たち走らないから
もう、プールに連れて行く子供もいないから
見る事はないかな!
○ヒに見に行こうかな。

──────────

うっちゃんさーん。


>海中臨時500円
夏の定番ですね!
Kassyは、たまたま見たことはあるものの、
乗ったことはありません。

というより、プール自体12年ぐらいご無沙汰です(^ ^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 癒しの男(ひと) | トップページ | あきらめません! »