2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 4th Anniversary | トップページ | 突撃! 隣の……(3) »

2008年9月 7日 (日)

(36)薩摩か徳川か

大奥内の江戸方と京方の対立は依然として続いていたが、和宮(堀北真希)と家茂(松田翔太)の仲は日増しに深まり、天璋院(宮崎あおい)は安堵していた。
庭を散策している天樟院ですが、
家茂と和宮が庭を眺めながら歓談している様子を見て
微笑ましく感じつつも、「野暮はできぬ」と
その場をそっと立ち去ります。

そんな折、島津久光が数千の兵を率いて、
薩摩を出発したという報が大奥にもたらされました。
外様大名が大軍を率いて上洛し、
朝廷の勅許を得た上で幕政改革に乗り出す、というのは
江戸開幕以来初めてのことであります。

天樟院はもちろん、本寿院も驚きを隠せませんが、
本寿院はすぐにピーンときたようで、
天樟院が裏で糸を引いていたのではないかと
疑惑を持ち始めます。

もちろん天樟院は何も知らないわけですが、
老中・久世広周も天樟院に疑いを持ち始めていて、
家茂は「無礼千万!」と激怒します。

久光が朝廷に出した意見書は、たちまち幕府の知るところとなり、
大奥の本寿院はじめ、和宮付きの庭田嗣子や観行院らまでも
天樟院を攻撃します。

天樟院はまさに“寝耳に水”状態であり、困惑しています。


その薩摩軍は、ようやく下関に到着しました。
しかし先発隊として出発し、下関で待っているはずの
西郷吉之助の姿がありません。
どうやら大坂に向かったようです。

西郷は、久光の逆鱗に触れ、再び島流しの命が下ります。
小松帯刀と大久保一蔵(正助)の二人は、
大坂の西郷の元に赴き、事情を確認しようとします。

また、有馬新七ら尊王攘夷派の志士たちは
国父・久光が目指したのが単なる「公武合体」と知り、
倒幕を目指して突出しようと動き始めております。

有馬らの突出を止めるべく、
大久保は有馬らの宿舎に単身乗り込み、
必死に説得を試みます。

業を煮やした久光は、大山綱良らを赴かせ、
小松・大久保はこの場に残るようにします。

世に言う「寺田屋騒動」。
この事件により、有馬らは壮絶な死を遂げます。
しかし、藩内の突出派を見事に抑えたことが認められ、
久光は、朝廷の信頼を得ることができました。

小松は、久光のこのやり方に納得がいきません。
大久保は、有馬が誠忠組に宛てた文が残されていて、
久光が幕政改革を見事に成し遂げられるように
自らの命を捧げると書いてありました。

破格の出世の話が舞い込んでいた小松は、
それを断るつもりでいましたが、
有馬が自ら犠牲になったことを知り、
改革を果たしてみせる! と誓います。


久光が出した意見書が幕府に届く前に、先手を打って
井伊大老が断行した「安政の大獄」により、謹慎させられていた
一橋慶喜や松平春嶽らを赦免します。
しかし慶喜は、幕府が赦免する前に
その内容を久光の建白書に記載していたことを知って
「薩摩ごときが!!」と、薩摩嫌い一直線であります。

その薩摩軍は勅使を伴って江戸へ出発し、
天樟院にはより多くの疑惑がかけられ始めます。
とうとう家茂までが疑惑を持ち始めたことで、
ふっと寂しさを覚えた天樟院は、
そのまま家茂の元を下がり、自らの居室へ。

庭に出て、薩摩から持ってきた書物、薩摩から届いた文、
実父・島津忠剛が愛した「白薩摩」、
養父・島津斉彬に与えられた「薩摩切子」など、
薩摩を思わせるものを全て火の中に投じます。

そして幾島に贈られたものまで投じようとする直前、
「天樟院様ご乱心!」の報を受けて大奥へ急行した家茂に
止められます。

わたくしは、徳川の人間ですッ!

薩摩の品々、思い出を焼き尽くすことによって、
徳川の人間である証にしたかったようです。


文久2(1862)年4月23日、
「寺田屋騒動」で、有馬新七らが上意討ちで粛清される。

慶応3(1867)年10月14日の
将軍・徳川慶喜による「大政奉還」まで


あと5年7ヶ月──。


原作:宮尾 登美子 (『天璋院篤姫』講談社 刊)
脚本:田渕 久美子
脚本協力:田渕 高志
音楽:吉俣 良
題字:菊池 錦子

語り:奈良岡 朋子
──────────
[出演]
宮崎 あおい (天樟院)
瑛 太 (小松帯刀)
小沢 征悦 (西郷吉之助)
原田 泰造 (大久保一蔵(正助))
堀北 真希 (和宮)
松田 翔太 (徳川家茂)
──────────
高畑 淳子 (本寿院)
的場 浩司 (有馬新七)
中嶋 朋子 (重野)
平 岳大 (一橋慶喜)
岩井 友見 (歌橋)
若村 麻由美 (観行院)
──────────
稲森 いずみ (滝山)
山口 祐一郎 (島津久光)
片岡 鶴太郎 (岩倉具視)
中村 メイ子 (庭田嗣子)
北大路 欣也 (勝 麟太郎)
──────────
制作統括:佐野 元彦
制作:屋敷 陽太郎
演出:岡田 健


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『篤姫』
第37回「友情と決別」

アナログ総合・デジタル総合:午後8時〜
デジタルハイビジョン:午後6時〜
衛星第二テレビ:午後10時〜

« 4th Anniversary | トップページ | 突撃! 隣の……(3) »

NHK大河2008・篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4th Anniversary | トップページ | 突撃! 隣の……(3) »