2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 方向幕考(22) | トップページ | 首位打者賞 »

2008年12月 2日 (火)

方向幕考(21)改

2日連続の「方向幕考」です。
ネタ切れというわけではありませんので、あしからず(^ ^;;)

タイトルのナンバリングが、昨日は(22)だったのに、
今日は(21)に逆戻りだったので、
「あれれ?」と思われた方……いませんよね(T^T)

実は、約2週間前
“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”第8弾でご紹介した
H営業所の幕なのですが、

本日(12/2)、ダイヤ改正が行われ、
新規路線([2-3])が運行を開始したので、
その分の幕を追加したという“更新”版であります。

なので、タイトルに“改”をつけたわけですね!


追加された幕は、フォントが新しいものになったタイプです。

ほとんどの車両は、挿入部分の6コマ分のみ発注して
切り貼りで追加したようですが、
車両によっては、全幕を新タイプに交換したものもあるようです。
ただ、切り貼りで追加するか、新タイプに交換するかの
明確な基準はイマイチ分かりませんでしたけど。

H営業所の場合、行先に英文字が入っている幕は比較的新しく、
入っていない幕はけっこう古いタイプが多いようですが、
古いタイプの幕にも切り貼り追加されていましたので、
単純に、古い順に交換! というわけではなさそうです。


賛否両論(?)な新タイプの幕ですが、
幕の制作会社が変わったとかで、
フォントが微妙に変わっていますよね。
(以前のものより、ちと丸字になった?)

ほんの少し変わっただけでも、
イメージとしてかなり違ったものに見えるのは、
恐らくKassyだけではないと思います。

変わった部分は、Kassyが発見したもので
フォントの他に、カラーや文字間隔、バランスでしょうか。

今回、このH営業所の切り貼り追加された幕の
系統色はオレンジ色なのですが、
従来のものがオレンジ色だとしたら、
新タイプのものは、あながち
「蛍光オレンジ」と言っても過言ではないでしょう。

まぶしすぎます(> <;;)

PCでは、蛍光オレンジはなかなか再現できないものですから、
多少、明るめに設定させていただきました。

あと、英文字の部分ですが、
N鉄F日市が“FUTSUKAITI”、
Mさしヶ丘団地が“MUSASHIGAOKA DANTI
と、「ち」が“CHI”ではなく“TI”になってしまっています。

まぁ、文字だけ見れば間違いではないのでしょうけど(^ ^;;)

訓令式に沿ったのであれば、
HUTUKAITI”“MUSASIGAOKA DANTI”
となるべきでしょうし、
ヘボン式に沿ったのであれば、旧幕のように
“FUTSUKAICHI”“MUSASHIGAOKA DANCHI”
とすべきでしょうね。

訓令式とヘボン式、混同するのも珍しいのかもしれません。


さて、ここからは幕とは何ら関係のない話題です。

新規系統として[2-3]が付番されたわけですが、
単純に、[2-2]系統の路線で
IオンモールC紫野を経由するか経由しないかで
系統番号が変わってしまいました。

単純にそれだけで系統番号を1つ分食いつぶしてしまうとは、
実にもったいないというか、太っ腹な使い方です。

同じN鉄バスF日市の営業所でも、
Tの浦営業所の(42)系統は、
F岡女学院を経由する便と経由しない便、
Mヶ丘団地を経由する便と経由しない便、
どれも同じ番号であります。

ま、これは逆に分かりづらいものではありますがね(^ ^)

どうせなら、従来の[2-2]系統では
IオンモールC紫野経由便とIオンモールC紫野非経由便にして、
[2-3]系統として、
N鉄F日市─JRF日市駅─IオンモールC紫野─H摺─A倉街道
という形で路線開設してしまえば、

N鉄F日市→IオンモールC紫野、IオンモールC紫野→A倉街道、
A倉街道→IオンモールC紫野、IオンモールC紫野→N鉄F日市
のそれぞれでお客さんが望めると思うのですが、

もしかしたら、某所から横やりが入ったのかもしれませんね。

ま、これからのお客さんの動向次第で
開拓の余地がありそうです。


もし、Kassyが提案した
N鉄F日市─IオンモールC紫野─A倉街道 が開設されるとしたら、
何番が付番されるのだろう???

まさか……[2-4]? ┓( ̄▽ ̄;;)┏


<方向幕コレクション>
専用ページへ(←アドレスが変わりました!)


<ダイヤ改正に関する資料集>
新規開設路線に関する運行回数はコチラの資料もご覧ください。

  • (Windows) Office XP 以降
  • (Macintosh) Office v.X 以降

であれば、全ての部分において作者の意図通りにご覧いただけます。

なお、上記以前のソフトをお使いの場合でも
そこそこ支障のない程度(?)でご覧いただけます。

なお、ご覧になるには「Adobe Reader」があると便利です。
(お持ちでない場合はコチラで無償配布してあります。
ページ左下部分にある「最新のAdobe Readerを今すぐダウンロード」から
順に進んでダウンロードください)

« 方向幕考(22) | トップページ | 首位打者賞 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。初めてのコメントです。よろしくお願いします。
僕はいつもはT拝坂第二から22番に乗ってるんで、
あんまり2-2は関係なかったんで時刻表を眺めているくらいでしたが、ダイヤ改正前は毎時2本あったのが改正後は1日2本になってたのは愕然としましたね。
あんなに貴重な便になるとは。
機会があれば乗ってみたいと思います。
あと、2-3の方向幕はやっぱりどう考えてもまぶしすぎですよね!

──────────

IWATAKAさーん。初めまして!
Kassyです。よろしくお願いします!


>T拝坂第二から22番に乗ってるんで
あら(^ ^)
意外にご近所さんですね!

コメンテーターの方の中では、
ぷりんさんに次いで
2番目にご近所さんかもしれません。

Kassyも以前は(22)系統愛用者でしたから(笑!)


>毎時2本あったのが改正後は1日2本
本数だけ見てみればそうですよね!
ただ、新設停留所を通らないというだけで、
新しい[2-3]も、新設停留所を通るルートを省けば
アッという間に[2-2]なわけで、
ちと複雑なのかもしれません。

でも、直通という路線が珍しくなるのは
ちょっと意外でした(^ ^)


>方向幕はやっぱりどう考えてもまぶしすぎですよね!
でしょ? でしょ?
とにかくまぶしいんですわ(> <;;)

ま、あの幕を使い込めば
ホコリで薄暗くなるでしょうから(笑)
その時まで待つとしますか(^ ^)

モールバスで行ってみたいですね、
まだ、行ったことがない、
時間が欲しいですね。

──────────

うっちゃんさーん。


>モールバスで行ってみたいですね、
ま、単に立ち寄るだけなんですけどね(^ ^;;)

今なら、駐車待ち渋滞を横目に
スイスイと進んでくれるかもしれません。


>まだ、行ったことがない、
いろいろなお店が入っていますよ!
うっちゃんさんなら楽しめそうな気はします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 方向幕考(22) | トップページ | 首位打者賞 »