2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 寒い日の夜に思うこと | トップページ | 予防接種 »

2008年12月 7日 (日)

(49)明治前夜の再会

天樟院は、
200年以上も続いた大奥の歴史を閉じるという
重要な役目を背負うことになりました。

江戸城明け渡しの日が近づき、
大奥内は引っ越し作業でおおわらわ。

大奥の女中たちも、
実家へ戻るなり他家へ奉公するなりが決定し、
天樟院に御暇の挨拶に訪れています。


その女中の一人は、天樟院が初めて大奥に入ったときに
天樟院の髪をといた人でありまして、
「とんでもない姫がやってきた!」と驚いたものだ、と
まるで昨日のように思い返しています。

天樟院付きトリオは、江戸城明け渡しの直前まで
漫才を繰り広げておりますが(^ ^;;)
大奥に対する寂しさはみな同様であります。


4月10日。
さまざまな思いを抱えて入った江戸城大奥。
そこを、天樟院は去ることになりました。

ぴったりと付き従う重野に「一人にしてくれ」と頼みます。
大奥内を歩き回ると、さまざまなシーンが頭をよぎります。

家定との初対面は“鬼ごっこ”でしたね。

大奥の庭にかかる橋で、天樟院が転びそうになったとき、
抱きかかえて助けてくれたのは、家定でした。

家定からの愛情を一身に浴び、
家定の死後も天から守られ、

天樟院は、ここ大奥から旅立ちます。


そんな回想シーンを現実に戻したのは滝山でして、
滝山は、大奥を去るとともに
自分自身も消えたい、などと言い出します。

天樟院は当然止めに入りますが、それは
物語冒頭で天樟院が島津本家に養女として上がる時に
菊本が自害して果てたのを連想したのかもしれません。

本寿院は本寿院で、
ガンコに居室を離れようとしません。
涙ながらに、花を懸命に生けています。
そこで天樟院は思いつきます。

せめてもの、最後の打ち上げ花火を──。

まだ残っていた大奥の女中たちと一緒に、天樟院は花を生けます。
いずれ立ち入る新政府軍に恥じることのないように、
大奥をキレイに飾り立てます。

天樟院は、待たせておいた駕篭に乗り込み、
とうとう大奥を出ることにします。
その複雑な胸中や如何に。。。

天樟院が大奥を出た、その翌日。
薩摩軍が土足でズカズカと大奥に上がり込みます。
先頭を歩いてきた海江田信義は、
華麗できらびやかな大奥に目を見張ります。


江戸城を出た天樟院が入ったのは一橋邸であります。

本寿院は徳川(一橋)慶喜嫌いでありまして、
その慶喜が過ごした屋敷にいるのがイヤで
ああだこうだと文句ばかり並べておりますが、

居候の身分だと分かっている天樟院は、
贅沢が言えた身分ではないと受け入れています。


閏4月。
徳川宗家は、当主を田安亀之助が継ぐことになりましたが、
禄高は70万石に削られてしまいます。

小松帯刀は真っ先に噛みつきますが、
大久保一蔵は、徳川に力を与えて再起されることを
警戒しているわけです。


一橋邸に入った天樟院に、立て続けに別れが続きます。

まずは静寛院。
亡き夫・徳川家茂がいなければ、江戸にいる必要もない と、
家茂の思い出を胸に、京へ引き揚げて行きます。

そして重野。
大御台所だった天樟院が、
自分よりも他人を第一に考えて慈しんできた天樟院が、
居候として肩身の狭い思いをしながら暮らしていることに
耐えられなくなったそうです。


しかし、思いがけなくも嬉しい再会もありました。
幼なじみの帯刀との再会であります。

再会して早々、帯刀は
こんな暮らしを強いていることを詫びますが、
天樟院は何もかも分かっています。

そして、いつも通りに囲碁の対局ですが、
帯刀は碁盤に向き合いながら、天樟院に告白します。
「あなたをお慕いしていたのです──」

でも、天樟院は「知っていました(^┰^)」と
イジワルっぽく返します。
表情には出しませんが、
帯刀はかなり驚いたに違いありません。

とはいえ、天樟院の実父・島津忠剛に
帯刀が直談判して「嫁にください!」と言ったことは
さすがの天樟院も知りません。

なので、帯刀は
「天樟院が島津斉彬の養女の話がなかったら
私と一緒になってくださいましたか?」と聞きますが、
天樟院はサラリとかわします。

「亡き夫・家定に相談します」

思わず「ずるいなぁ」とつぶやきますが、
このふたりが夫婦になっていたとしたら、
どんな感じになっただろう??? と
想像をたくましくしてみましたが……(^ ^;;)

けっこう“尻に敷かれた”毎日かもしれませんね。


さてさて、来週はいよいよ最終回!
「一本の道」70分スペシャル

主演・宮崎あおいさんが
天樟院篤姫を“生ききった”瞬間を
どうぞお楽しみに!


原作:宮尾 登美子 (『天璋院篤姫』講談社 刊)
脚本:田渕 久美子
脚本協力:田渕 高志
音楽:吉俣 良
題字:菊池 錦子

語り:奈良岡 朋子
──────────
[出演]
宮崎 あおい (天樟院)
瑛 太 (小松帯刀)
堺 雅人 (徳川家定(回想))
小澤 征悦 (西郷吉之助)
原田 泰造 (大久保一蔵)
堀北 真希 (静寛院)
松田 翔太 (徳川家茂(回想))
──────────
中嶋 朋子 (重野)
高橋 由美子 (唐橋)
岩井 友見 (歌橋)
──────────
稲森 いずみ (滝山)
高畑 淳子 (本寿院)
片岡 鶴太郎 (岩倉具視)
松坂 慶子 (幾島(回想))
北大路 欣也 (勝 麟太郎)
──────────
制作統括:佐野 元彦
演出:岡田 健


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『篤姫』
第50回「一本の道」 [終]

アナログ総合・デジタル総合:午後8時〜午後9時10分
デジタルハイビジョン:午後5時〜午後6時10分
衛星第二テレビ:午後10時05分〜午後11時15分

« 寒い日の夜に思うこと | トップページ | 予防接種 »

NHK大河2008・篤姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒い日の夜に思うこと | トップページ | 予防接種 »