2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« ヤッテキ!! 準備室(5) | トップページ | お散歩(49-1) »

2008年12月17日 (水)

vol.46 風林火山

◆舞台の時代

[平安][鎌倉][室町][戦国][江戸初期][江戸中期][幕末][近代][昭和]

天文4(1535)年〜永禄4(1561)年


◆放送データ

  • 放送期間:平成19年1月7日〜12月16日(全50回)
  • 毎週日曜 午後8時〜8時45分
    (1) 隻眼の男・(50) 決戦川中島 は午後8時〜9時
    (14) 孫子の旗・(29) 天下への道 は午後7時15分〜8時
  • 初回視聴率:21.0%
  • 最高視聴率:22.9%
  • 平均視聴率:18.7%


◆番組放送日と各回サブタイトル

  1. 1/-7 隻眼の男
  2. 1/14 さらば故郷
  3. 1/21 摩利支天の妻
  4. 1/28 復讐の鬼
  5. 2/-4 駿河大乱
  6. 2/11 仕官への道
  7. 2/18 晴信初陣
  8. 2/25 奇襲! 海ノ口
  9. 3/-4 勘助討たれる
  10. 3/11 晴信謀反
  11. 3/18 信虎追放
  12. 3/25 勘助仕官
  13. 4/-1 招かれざる男
  14. 4/-8 孫子の旗
  15. 4/15 諏訪攻め
  16. 4/22 運命の出会い
  17. 4/29 姫の涙
  18. 5/-6 生か死か
  19. 5/13 呪いの笛
  20. 5/20 軍師誕生
  21. 5/27 消えた姫
  22. 6/-3 三国激突
  23. 6/10 河越夜戦
  24. 6/17 越後の龍
  25. 6/24 非情の掟
  26. 7/-1 苦い勝利
  27. 7/-8 最強の敵
  28. 7/15 両雄死す
  29. 7/22 逆襲! 武田軍
  30. 7/29 天下への道
  31. 8/-5 裏切りの城
  32. 8/12 越後潜入
  33. 8/19 勘助捕らわる
  34. 8/26 真田の本懐
  35. 9/-2 姫の戦い
  36. 9/-9 宿命の女
  37. 9/16 母の遺言
  38. 9/23 村上討伐
  39. 9/30 川中島! 龍虎激突
  40. 10/-7 三国同盟
  41. 10/14 姫の死
  42. 10/21 軍師と軍神
  43. 10/28 信玄誕生
  44. 11/-4 信玄暗殺
  45. 11/11 謀略! 桶狭間
  46. 11/18 関東出兵
  47. 11/25 決戦前夜
  48. 12/-2 いざ川中島
  49. 12/-9 死闘川中島
  50. 12/16 決戦川中島

12/31 総集編第一部 風の巻 (午後1時55分〜2時55分) →(1)〜(11)
12/31 総集編第二部 林の巻 (午後3時〜4時) →(12)〜(28)
12/31 総集編第三部 火の巻 (午後4時〜5時) →(30)〜(41)
12/31 総集編第四部 山の巻 (午後5時〜6時) →(43)〜(50)


◆あらすじ

軍師としての仕官を求めて諸国を流浪していた山本勘助は、甲斐国葛笠村でミツと出会い、やがて恋仲となる。ミツは勘助の子を宿すが、鹿狩りで偶然通りかかった武田信虎に理不尽にも殺されてしまう。怒りに燃える勘助は板垣信方に襲い掛かるが、勘助は勢いに任せ武田家への仕官を請う。
やがて信虎は甲斐から追放され、勘助は正式に武田家へ仕官。勘助の軍略は冴え渡り、数々の戦でその功を発揮。勘助に対する晴信の信頼はますます厚くなり、初めは勘助を疎んでいた武田家家臣団もやがて勘助を認めるようになる。また勘助の武田家への忠心は、晴信への復讐心に燃える晴信の側室・由布姫の心をも溶かしていった。


◆トピック

  1. 戦国時代が舞台の大河は、平成18年「功名が辻」以来2年連続14作目。
  2. タイトルバックは『孫子』にある「其疾如風 其徐如林 侵掠如火 不動如山」を、内野聖陽のナレーションとともに冒頭に流し、タイトル文字を白黒反転で表示した。山の中を武田軍が行軍していく様子をさまざまなアングルで撮影したものであるが、テーマ音楽に合わせてカット割りが施され、戦国時代特有の荒々しさを上手く表現できたものといえる。
  3. 放送開始当初は全49回の予定だったが、番組の人気と、川中島合戦のロケで迫力シーンが満載だったことから急遽1話増やし、全50回放送へと変更されている。


◆主要スタッフと出演者

原作:井上 靖 (『風林火山』新潮社 刊)

脚本:大森 寿美男

音楽:千住 明

テーマ音楽演奏:NHK交響楽団
テーマ音楽指揮:高関 健
演奏:ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団
題字:柿沼 康二

語り:加賀美 幸子 アナウンサー(本編)
    真下 貴 アナウンサー (風林火山紀行)
   内野 聖陽 (タイトルバック ナレーション)
   佐久田 修 (副音声解説)

時代考証:柴辻 俊六
風俗考証:二木 謙一
建築考証:平井 聖
衣裳考証:小泉 清子
殺陣武術指導:林 邦史朗
所作指導:西川 箕乃助

──────────

内野 聖陽 (山本勘助)
山内 颯 (源助(勘助の少年時代))

[2]市川 亀治郎 (武田信玄(晴信))
池松 壮亮 (武田勝千代(晴信の少年時代)) (諏訪勝頼)

ガクト(Gackt) (上杉謙信(長尾景虎))

伊藤 高 (山本貞幸)
あめく みちこ (安)
光石 研 (山本貞久)
笹野 高史 (大林勘左衛門)
水沢 アキ (菊代)
池脇 千鶴 (三条夫人)
柴本 幸 (由布姫)
紺野 まひる (於琴姫)
加藤 清史郎 (武田太郎(幼年時代))
風吹 ジュン (大井夫人)
嘉島 典俊 (武田信繁)
辻 萬長 (勝沼信友)
千葉 真一 (板垣信方)
竜 雷太 (甘利虎泰)
田辺 誠一 (小山田信有)
真木 よう子 (美瑠姫)
浅利 陽介 (小山田弥三郎)
加藤 武 (諸角虎定)
金田 明夫 (飯富虎昌)
前川 泰之 (飯富昌景(源四郎))
高橋 和也 (馬場信春(教来石景政))
宍戸 開 (原 虎胤)
高橋 一生 (駒井政武)
田中 幸太朗 (香坂虎綱(春日源五郎))
近藤 芳正 (相木市兵衛)
佐々木 蔵之介 (真田幸隆)
清水 美砂 (忍芽)
橋本 じゅん (常田隆永)
河西 健司 (河原隆正)
大橋 吾郎 (大熊朝秀)
有薗 芳記 (河原村伝兵衛)

西田 尚美 (桃姫)
西岡 徳馬 (直江実綱)
占部 房子 (浪)
金田 賢一 (柿崎景家)
谷原 章介 (今川義元(梅岳承芳))
伊武 雅刀 (太原崇孚雪斎)
テリー 伊藤 (福島越前守)
崎本 大海 (福島彦十郎)
石橋 蓮司 (庵原忠胤)
瀬川 亮 (庵原之政)
津村 鷹志 (牧野成勝)
松井 誠 (北条氏康)
早乙女 太一 (北条氏政(新九郎))
福田 麻由子 (梅姫)
品川 徹 (北条氏綱)
石橋 保 (北条綱成)
横内 正 (清水吉政)
今井 朋彦 (小笠原長時)
永島 敏行 (村上義清)
中島 ひろ子 (玉ノ井)
鹿内 孝 (須田信頼(新左衛門))
高田 延彦 (小島五郎左衛門)
小日向 文世 (諏訪頼重)
桜井 幸子 (禰々)
柄本 佑 (長笈(寅王丸))
小林 勝也 (諏訪満隣)
上杉 祥三 (高遠頼継)
ダンカン (笠原清繁)
庄司 永建 (大井宗芸(信達))
[4]市川 左團次 (上杉憲政)
大門 正明 (倉賀野直行)
田中 実 (妻鹿田新介)
長江 英和 (本間江州)
鈴木 瑞穂 (上杉定実)
利重 剛 (成田長泰)
井川 遥 (伊勢)
[4]市川 段四郎 (後奈良天皇)
冷泉 公裕 (晃運字伝)
佐藤 慶 (清胤)
貫地谷 しほり (ミツ)
佐藤 隆太 (矢崎平蔵)
水川 あさみ (ヒサ)
岡森 諦 (矢崎十吾郎)
塩野谷 正幸 (前島昌勝)
有馬 自由 (葛笠太吉)
中山 正幻 (武藤永春)
四方堂 亘 (青木大膳)
真瀬 樹里 (葉月)
千住 明 (小俣)
柿沼 康二 (柏木)
前田 亜季 (リツ)
絵沢 萠子 (キヌ)
大森 暁美 (志摩)
今井 耐介 (善得寺の高僧)
佐久田 修 (武田の物見)
平山 陽祐 (その他)
きたろう (北村右近)
寺島 進 (赤部下野守)
緑 魔子 (おふく)
浅田 美代子 (萩乃)

藤村 志保 (寿桂尼)

緒形 拳 (宇佐美定満)

仲代 達矢 (武田信虎)

──────────

制作統括:若泉 久朗

制作:中村 高志
美術:青木 聖和・犬飼 伸治・清水 謙輔・荒井 敬
技術:田中 満・川崎 和彦
音響効果:和田 尚也・石川 恭男・今井 裕
撮影:佐々木 達之介・溜 昭浩・細野 和彦・石橋 正和
照明:堀籠 功・中山 鎮雄・井内 実・牛尾 裕一
音声:野原 恒典・山賀 勉・鷲津 寛厚・
   藤井 芳保・高山 幹久・山村 隼之
映像技術:谷本 将広・高橋 佳宏・山田 康一・吉田 賢治・
     兼沢 将人・片田 直行・横田 幹次
記録:佐藤 秀城
編集:阿倍 格
美術進行:高橋 秀樹・松谷 尚文・鴫原 広起・柿崎 恒明

演出:清水 一彦・田中 健二・磯 智明・東山 充裕・
   亀村 朋子・福井 充広・大杉 太郎・清水 拓哉


◆この年の日本と世界

1月、Microsoft Windows Vista発売。4月、 アメリカのバージニア工科大学構内で銃乱射事件。5月、韓国ムン山と北朝鮮開城を結ぶ列車が試験運行、朝鮮半島分断以来初めて。8月、中華航空機が那覇空港で爆発炎上。9月26日、安倍晋三首相電撃辞任。


◆この作品を楽しむためには

風林火山 (新潮文庫)Book風林火山 (新潮文庫)

著者:井上 靖

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

NHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集 [DVD]DVDNHK大河ドラマ 風林火山 完全版 第壱集 [DVD]

販売元:ジェネオン エンタテインメント

発売日:2008/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「風林火山」NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「風林火山」

販売元:楽天ブックス

楽天市場で詳細を確認する


次回は「vol.47 篤姫」(平成20年放送)です。

« ヤッテキ!! 準備室(5) | トップページ | お散歩(49-1) »

NHK大河2007・風林火山」カテゴリの記事

NHK大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤッテキ!! 準備室(5) | トップページ | お散歩(49-1) »