2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« パンッ | トップページ | 突入! »

2009年1月 8日 (木)

アイテム出現

昨年10月の入社以来、
F岡県内といわず、北部K州のあちこちに
赴いているKassyですが、
目的地に向かう途中、バス関連のアイテム(?)に
出くわすことがたびたびあります。

よく「見かける」のは、
バス営業所や折返し転回場の類いです。

目的地(現場)へ向かう途中は、
Kassy自身も集中しているので、
交差点の右左折時を除いては
周囲の施設などは全然目に入らないのですが、

現場での作業を終えて同じ道を戻っていくとき、
「こんなところに営業所が!?」とビックリすることも
実はよくあります。

N鉄バス・D井営業所しかり。
N鉄バス・I岐営業所しかり。
N鉄バス北K州・M司営業所しかり。
N鉄バス北K州・K月営業所しかり。
N鉄バスK留米・K留米営業所(本社)しかり。

折返し転回場もたくさん出現しました。
(というより、単にKassyが知らなかっただけ……)
最近では、先日行ったN崎のN与ニュータウン転回場。
比較的広い転回場で、車両が2台お休み中でした。

また、最近では
周囲を見る余裕ができたからか?
「お乗り換え〜♪」で相互リンクを結んでおります
soramameさんが取り上げていたバス停を偶然にも見つけ、
「こんなところにあったのね!」とビックリしたり。
(ちなみにこのバス停、今日通りました)

このバス停を見つけた数秒前には、
某転回場を発見してビックリしたばかりでして、
いかにKassyが市内のバス路線に
疎いかということの証であります。

この際なので、soramameさんの記事を
もう一度過去に向かって
全部読み直してみました(マジです)。

ウチの会社の(直線で結んだ最短距離の)
最寄バス停
しっかりと紹介されていました。←実は知らなかった

今度から、Kassyが車で現場へ向かっている最中に、
バス停を撮影している同世代の御仁がおられたら、
無条件でsoramameさんだ! ということにします(^ ^)


それにしても、バスファンの方にしてみれば、
「あ〜、そこ知ってるよん」というところばかりなのでしょうね。
もしかしたら、不定期に取り上げている
「Kassy号がゆく」シリーズも、伏せ字付きの地名ではなく
最寄バス停名で表記していくのも、おもしろいかもしれません。
(しませんけど(^ ^;;))

日ごろ、お休みの日に公共交通機関を使ってしか
こういう場所に行けない方が仮におられるとしたら、
Kassyのこういったおしごとというのは、
うらやましがられるんでしょうか?

おしごと自体は、まるで短距離走のような感じで
スピード命でけっこうハードなんですけど(^ ^;;)

« パンッ | トップページ | 突入! »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

2009年初コメントです。
今年もよろしくお願いします。

全部読んでいただいてありがとうございます。
なんだかちょっと恥ずかしいです(笑)。

Kassyさんのお勤め先はあのあたりだったんですね!

私も毎日ではないにしろ結構いろんなところに出かけているので、どこかですれ違っている(もしくはこの先どこかですれ違う)可能性はありそうですね。

お互い行きたいところに行けるという訳ではないと思いますが、逆にそのほうが、素直にいろんな発見ができる気がします。

──────────

soramameさーん。
あけましておめでとうございます!
今年もどうぞ宜しくお願い致しますm(._. )m


>全部読んでいただいてありがとうございます。
えへへ(^ ^)

最下段の「前ページへ」というリンクがなくなるまで
見続けましたからね♪


>Kassyさんのお勤め先はあのあたりだったんですね!
あのあたり、といいますか、あの周辺ですね。
次に近い某停留所との中間地点……といえば、
すぐに場所がバレそうな気もしますので
伏せときますが(^ ^;;)

とにかく、バス通勤には不向きな場所です。


>どこかですれ違っている可能性はありそうですね
そうですね!
絶対すれ違ってますよ!
(または「すれ違いますよ!」)

今は、2人一組で動くことの方が多いので、
珍しいものを見かけても
特にアクションを起こしませんが、
単独で動くようになれば、バレない程度で
けっこうあちこち撮影して回りそうです。

転回場
無くなったり、移動したり、
沢山あるのでしょうね、
転回場で寝てる車がいますからね、
まさか、バスが入ってこようとはね。

──────────

うっちゃんさーん。


>転回場 無くなったり、移動したり、
その転回場での運用が無くなったとき、
つまり、その行先がダイヤから消えた時は
(終点停留所ではなく途中折返停留所)
転回場スペースは一旦
土地の所有者に返還するのでしょうかね?

それとも、来たる日のために
しばらくはN鉄サンの管理下に
置かれるのでしょうかね?

どちらにしても、営業マン氏にとっては
転回場は格好のお昼寝場ですよね。
ホントは立ち入ってはいけないのに(^ ^;;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンッ | トップページ | 突入! »