2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 今日はこれにてっ | トップページ | 方向幕考(29) »

2009年3月24日 (火)

2連覇!

WBC第2回大会、終了しましたね。

みなさんご存知の通り、延長戦の激闘の末に
日本5−3韓国
日本が堂々の2連覇を果たしました。

決勝戦が行われた今日、たまたまお休みだったので
自宅でしっかりと応援していましたよ!

それにしても、今大会だけで韓国と
5回も戦うことになろうとは(^ ^;;)

Kassyは“○○ジャパン”という呼称が大嫌いなので、
ここでもあえて“侍ジャパン”という呼称はしませんが、
(それにしても、今回はなぜ“原ジャパン”じゃないの?)

メンバーのみなさん、実に素晴らしい!

松坂投手しかり、
岩隈投手しかり、
ダルビッシュ投手しかり、
田中投手しかり。

城島選手しかり、
阿部選手しかり。

その他、野手の方々や控えの方々すべてが
一丸になって目標に向かって突き進んだ結果だと
思います。

その中でも、
イチロー選手の最後の最後の活躍は
特筆すべきことだと思いますね。

大会序盤から不振にあえぎ、
さんざん苦しみ続けたイチロー選手でしたが、
決勝戦、しかも延長10回のセンター前ヒットは
それまでの不振を帳消しに、
いや、それ以上の功績とも言えるかもしれません。

決勝戦で韓国を下し、
インタビュアーの質問一つ一つに
熱く答えるイチロー選手を初めて見ました。

「神が降りてきましたね!」
やっぱり、神様はいるんですね。


日本人の気質として、
最初から最後まで強くて叶う者なし!
という選手にも人気は出ますが、
苦しんで苦しんで、悩んで悩んで、
でもラストには大業を成し遂げる!
という選手の方に圧倒的な人気が集まるようです。
(……と、勝手に解釈しているのですが(^ ^;;))

ほら、時代劇だってそうでしょう?

忠義の士誉れ高い「赤○浪士」も、
O石内蔵助が仇討ちをする・しないでさんざん悩み、
最後には偉業を成し遂げたからこそ人気なのであって、
主君が切腹しました!という直後に
吉良邸に討ち入りをしたんでは、
そこまで人気はでなかったかもしれません。

世直しご老公の異名高い「水○黄門」だって、
四六時中印籠をかざしながら町中を闊歩したって
あれほどの人気にはならないでしょう。

時に町娘の悩みを聞いたり、
時にはご老公自ら牢獄に入れられたり、
ちょっぴり♪♪♪な入浴シーンがあったり(←関係ない!?)
でも、最後の切り札として印籠を出し、
「ダメなものはダメなの!」と強引に納得させる。

それでも納得しない不逞の輩は
バッサバッサと容赦なく斬り捨てる。

斬り捨てると言えば、
今は新シリーズ放送中の「必○仕事人」も、
確かにN村主水は悪人を斬り捨て、
畏れられている人物ではありますが、

平時は奥さんや姑さんの尻に敷かれて、
お役所でも上司の目を気にしながら恐々と過ごす
いわば“窓際会社員”であります。

いや、イチロー選手が
“窓際族”と言いたいのではなくて(^ ^;;)
今までマイナス10だったのが、
最後の最後にどんでん返しでプラス10に転じる、
この過程が日本人に好かれるのかもしれません。


そしてもう一人、杉内投手です。

若かりし頃(……といっても今もお若いのだけど)の
杉内投手は、けっこうやんちゃな印象を受けましたが、
今ではどんな状況においても動じることなく、
結果はともかく立派にお仕事を果たしています。
期間を経るに従って、
どんどん人間として成長していると思いますね。

人ってこんなに変わるものなんですね。
素晴らしいです。


第1回大会の覇者というプレッシャーの中、
特にオリンピック大会で散々たる
不本意な結果に終わった日本チームだけに、
今大会の重圧は言葉で言い表せないぐらいの
凄まじいものだったと思うのですが、

それもものともせず、2連覇です。

原監督はじめ、
選手のみなさま、コーチのみなさま、
本当に本当にお疲れさまでした!

« 今日はこれにてっ | トップページ | 方向幕考(29) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

野球は!ちょっとね。
最近は武将ブームらしいですね、
若い女性にですよ、
武将の生き方に感銘を受けてるらしい
男が弱くなってるのか、
女が強くなったのか?
侍、僕は好きな言葉ですよ。

──────────

うっちゃんさーん。


>最近は武将ブームらしいですね
やはり今年は“愛”でしょ(^ ^)


>侍、僕は好きな言葉ですよ。
いやいや、Kassyは「侍ジャパン」の
“ジャパン”の言い方に物言いなわけです(-"-)

何それって感じです。

女性には、
石田三成と
1位は明智光秀だそうです。
なぜだろうね?

──────────

うっちゃんさーん。


>1位は明智光秀だそうです。
あ、でもなんとなく分かるような気もします。
源 義経につながる部分がありませんかねー。

“今年の明智光秀”は鶴見辰吾さんです。
吉と出るか凶と出るか……!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日はこれにてっ | トップページ | 方向幕考(29) »