2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« (09)謙信死す | トップページ | はぴはぴ »

2009年3月 2日 (月)

脱出劇

Kassyの現在のおしごと内容について
ココでは明かしておりませんが、
ま、これからも明かすつもりはありません(^ ^)

ヒントを挙げるとすれば、Kassyのおしごととは

  • 活動範囲・人の目が届かないところや狭い空間
  • さまざまな動物に会えます
  • 天候にはさほど影響しません

といったところでしょうか。

まさに「川○浩探検隊」の世界です。
いや、今なら「藤○弘、探検隊」でしょうかね。

さて、そんなおしごと内容なわけですが、
今日行ったところでは、一瞬氷るような経験を致しました。

部分的に狭い通路があり、いや通路自体は広いのですが、
通路のド真ん中に邪魔者がドーンと立っておりまして、
それを避けて通る必要があって、狭くなっているわけです。

一瞬だけ躊躇しましたが、おしごとなので前進あるのみです。
どうにかこうにか進むことができ(小さくガッツポーズ v(^ ^)v)
順調におしごとをこなしていたわけですが、

帰り道、その部分が通れずに、脱出できなくなったわけです。

助けを呼んだところで、
いまの事態はどうしようもありませんので、
自力で通るしかありません。

Kassy隊員、珍しく冷静に考えました。
行きは通れたのだから、帰りも通れるはず、と。
しかし、その理論は数秒後、もろくも崩れ去ります。

その狭路が、行きも帰りも全く同じ形状であるならば、
行きが通れれば帰りも通れるわけですが、
行きと帰りとでは、残念ながら同じ形状ではなく。

ただ、「全く通れない」のではなく
「通りにくいだけで、無茶をすれば通れるかも」という
現実だけは理解できました。

例えて言うなら、シャープペンシルの芯を
シャープペンのお尻から補充してカチカチと押すと
割と簡単に、先から芯は出てきますよね。
しかし、それを逆に先から入れようとすると
なかなか難しいことになります。
そんな状況です。

無理をすれば通れるのですが、
Kassy隊員の服が引っかかってしまい、
先に進めなくなってしまうわけです。

ほんの一瞬だけ「引っかかって、多少服が破れても
助かるためなら致し方なし!」とも考えましたが、
着用している服はけっこう頑丈でして、
そうそう破れるものではありません。

その部分で悪戦苦闘すること、約30分。

数ミリ動いては服の引っかかりを取り、
数ミリ動いては……の繰り返しで、
ようやく脱出することが出来ました。

(_o_) はふぅん

まさに「行きはよいよい♪」の世界であります。
Kassyも、このおしごとに携わって初めてのことでした。

« (09)謙信死す | トップページ | はぴはぴ »

おしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (09)謙信死す | トップページ | はぴはぴ »