2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« マニフェスト | トップページ | 習慣ってコワい »

2009年4月19日 (日)

(16)武田の娘

御館の乱で上杉景虎・華姫夫妻が自害して果て、
ようやく平穏な日々が戻ろうとしていました。
そして、樋口兼続は主君・上杉景勝に呼ばれます。
兼続を「家老にしたい」と言うのです。

上杉家から去ろうと考えていた兼続は
滅相もないこと、と固辞しますが、
景勝は越後を守り抜くことの大切さを説きます。

御館の乱の最中に
上杉家が武田家と結んだ和睦の証として、
武田勝頼の妹・菊姫が春日山城へ入ります。

祝言が盛大に執り行われていますが、
かなり酒に酔っている吉江宗信は
「武田は信じぬ!」と、苦々しい顔で中座します。

その夜、菊姫の居室を訪ねた景勝ですが、
布団の下にそっと忍ばせておいた短刀を突きつけられます。
ま、よくある展開ですな(^ ^;;)

菊姫の要求としては、
織田信長の軍勢が越中まで迫ってきておりまして、
今や弱体化している武田家を、
何があっても“助ける”という確約だったわけですが、

景勝は「約束は出来ぬ」とあっさり返答。
たまらず、菊姫は自分の部屋から出て行きます。

それからというもの、
菊姫は自分の居室に閉じこもりっぱなしで、
兼続もほとほと手を焼いております。
菊姫にとっては姑となる仙桃院も会いに来ますが、
それでもなお、心を開こうとはしません。

越後に春の訪れを告げる雪割草──。
兼続は、雪に埋もれた中に咲くその雪割草を例えに、
この花のように心を開いてほしいと説きます。

今までは、その雪割草の役割は華姫が担っていたようで、
仙桃院は、雪割草を見て華姫を思い出し、涙ぐんでいます。
その仙桃院の哀しい後ろ姿を見て、
菊姫はたまらず仙桃院のそばに駆け寄ります。

仙桃院の優しい言葉掛けに
牙のような言葉で返したことを、
菊姫は心のそこから後悔しています。

菊姫は心を入れ替え、
夫・景勝にも尽くすようになりました。


途中、まげの上に扇子を乗せ、黄色い布で固定した
“○山の金さん”が如くの呆けた武将が
大きな口を開けて柿をほおばるシーンが挟まりますが、
ま、スルーしちゃってください(^ ^;;)

ちなみに彼は、徳川家康であります。


景勝は、未だに残る景虎方一党を一掃し、
ついに越後を平定します。

ある夜、吉江と直江信綱に呼びつけられた兼続。
両者とも小癪な兼続を気に入っておらず、
それは本人も充分承知しているわけですが、
吉江から意外な言葉をかけられます。

「これからはそなたが上杉の舵を取れ」と。
上杉家家老になれ、ということです。

兼続には、古参の家臣たちには思いもよらない才能が
あると見込んでのことだそうです。
現在の小姓から家老というのは、大抜擢も大抜擢。
いわば、社長秘書から取締役になるようなものです。

これまた固辞する兼続ですが、
直江に「構わず進め!」とまで言われれば、
もはや断ることが出来ません。

兼続は家老に昇格し、
その他の小姓たち(上田衆)は城持ちになります。
しかし、古参の家臣たちはそれを快く思わず。

もともとの重臣だった直江には挨拶しても、
兼続にはあからさまに無視する有様。
「気にするな」と直江は慰めてはくれますが、
それが、家臣同士の斬り合いが発生してしまいます。

そのトラブルに巻き込まれたのは、
家老職に兼続を推薦した直江。
兼続は、悲鳴に似た声で絶叫──。


天正7(1579)年12月、
武田勝頼の妹・菊姫が上杉景勝に嫁ぐ。

慶長5(1601)年8月17日、
上杉家の米沢30万石に減封処分まで

あと21年8ヶ月──。


原作:火坂 雅志 (『天地人』NHK出版 刊)
脚本:小松 江里子
音楽:大島 ミチル
題字:武田 双雲

語り:宮本 信子
──────────
[出演]
妻夫木 聡 (樋口兼続)

北村 一輝 (上杉景勝)

常磐 貴子 (お船)

高嶋 政伸 (樋口惣右衛門)
玉山 鉄二 (上杉景虎(回想)) ※クレジットなし
相武 紗季 (華姫(回想)) ※クレジットなし
東 幹久 (泉沢久秀)
小泉 孝太郎 (樋口与七)
──────────
長澤 まさみ (初音)
比嘉 愛未 (菊姫)
市川 笑也 (武田勝頼) ※クレジットなし
山下 真司 (直江信綱)
──────────
吉川 晃司 (織田信長)

松山 政路 (本多正信)

山本 圭 (吉江宗信)

高島 礼子 (仙桃院)

松方 弘樹 (徳川家康)
──────────
制作統括:内藤 愼介
プロデューサー:吉永 証
演出:一木 正恵


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『天地人』
第17回「直江兼続誕生」

アナログ総合・デジタル総合:午後8時〜
デジタルハイビジョン:午後6時〜
衛星第二テレビ:午後10時〜

« マニフェスト | トップページ | 習慣ってコワい »

NHK大河2009・天地人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マニフェスト | トップページ | 習慣ってコワい »