« vol.014・ヤッテキ制作委員会「テイスティング」(1-中編) | トップページ | 熟睡できないッ »

2009年7月10日 (金)

別れ

出会いがあれば、別れもある。

いや、
別れがあれば、出会いもある、か。

でも、その別れが、
さよならする人の“発展的な”別れであれば、
送り出し方も変わってくるのかもしれません。

あ、今
『県庁の星』観てます(^ ^)

会社員をしている以上、
転勤は切っても切れない……といいますか、
切り離せない運命にあるわけですが、
規模の小さい我が会社には、転勤はありません。

転勤と聞いて思い出すのは、Kassyが
塾の正社員講師をやっていたころのことであります。

塾というのはご存知の通り、非常にサイクルが短いです。
市立中学校で、担任団として担当するのを
1年→2年→3年の3年間1サイクルとすると、
塾の場合は1・2年を担当しながら、同時に3年も担当するので、
1学期→2学期→3学期の1年間1サイクルと同じ濃度です。

つまり、塾の講師の転勤シーズンというのは、
各学期開始直前、ということになりますね。

そのそれぞれで必ず転勤というわけではありませんが、
Kassyの場合を思い出してみると、
T校……(平成11年度)2学期→3学期
M校……(平成12年度)1学期→2学期→3学期
O校……(平成13年度)1学期
F校……(平成13年度)2学期→3学期→(平成14年度)1学期
という感じでした。

当然、担当する校舎が変わるということは、
その校舎に通う生徒たちとお別れすることになるわけで、
ある意味生徒も覚悟してくれているとは思うのですが、
何度もお別れを繰り返してきました。

こういうお別れは、いくら短いとはいえ
ある程度の長い期間でお互いお世話になっているので、
やはり寂しいものを感じます。

ウチの塾では、1校舎あたりの規模は非常に小さなものなので、
毎日同じ校舎に出勤する! というものではなく、
曜日によっては別校舎へ応援に赴くこともありまして、
最初のT校時代は、火→水→木曜日……T校
金曜日……K校/土曜日……R校 という感じです。

K校やR校は週に1度しか赴きませんが、
それでもお別れの寂しさは同じようです。


特に先生になりたての頃は、研修担当の先生に同行して
授業見学したり、あるいは授業させてもらったりして
お世話になったクラスもありますが、
この場合は実質1回の授業でお別れになります。

なぜなら、もともとそのクラスは
研修担当の先生が受け持っているので、
Kassyは絶対にそのクラスを受け持てないわけです。

普通の企業なら、転勤しても
「陣中見舞い」という形で、近くに来た際などに顔を出して
懐かしんでもらえたりということもありますが、
塾の世界ではそれが不可能です。
(まったく同じ時間帯、別校舎で授業やってますからね)

ただ、そんな場合でも「再会」の機会があります。
それは……その研修担当の先生が出張などにより
代わりの講師を必要とするとき。

基本的には前出の理由でKassyはクラスに入れませんが、
例えば日曜日の「講座」などで、
授業が入っている日曜日と入っていない日曜日とがあって、
たまたまその日が「入っていない」と、
そのクラスに割り当てられることが多いです。

生徒たちは「今度の日曜日、先生は誰が来ると???」と
いろいろ詮索していたようですが、
その時の副校長が、機転を利かせて
「みんなが知ってる先生よ♪」とだけ吹き込んでいたものだから、
Kassyがクラスに参上しづらいことしづらいこと(^ ^;;)

せっかくなので、Kassyもみんなと顔を合わせないようにして
職員室の隣にある印刷室に身を潜め、
チャイムと同時に突然クラスに現れる! なんて演出をしてみたり。

でも不思議ですね。
ああいう時って、生徒たちの顔はかなり複雑になるんです。
かなり社交的な明るい子は、
こちらが予想した通りのリアクションをしてくれますが、
ほとんどの生徒たちは、一様に恥ずかしがります。

イメージとしては、他校に進学した初恋の子に
久々に会ったときの感じでしょうか。(違う?)

先生の立場として、それがおかしくておかしくて。

でも、5分もすれば
研修で授業したころのように接してくれるようになりますよ。

これは、あくまで塾内でのお話。


街中で教え子にたまたま会ったことがあるのですが、
塾でやっていたようなウケ狙いもすることなく(←街中ですから)
淡々と教え子と会話していたのですが、
教え子にとっては、その淡々さが不満だったようで、
なんかしっくりこない別れ方になってしまいました。

逆にKassyが恥ずかしがっちゃったのでしょうね。

同じ転勤でも、こういう経験ができるのは
もしかしたら塾の正社員講師だけかもしれません。

|

« vol.014・ヤッテキ制作委員会「テイスティング」(1-中編) | トップページ | 熟睡できないッ »

コメント

出会いと別れ
中学に息子が入学
バスケ部に入り、3年生2年生との出会い
現在2年生の息子は
3年生との別れを体験し
新しい1年生との出会いを経験しました!
現在中体連開催中
どこまで、現在の3年生との別れを延ばせるのか。

本日体育館に
高校を卒業した、若い青年が応援に
OBです。
卒業したばかりの高校1年の先輩方は
自分たちの試合がありますが、
見たことのない先輩が応援に、
子供たちも、先生も、親も感激でした。

3月末にY口に就職で
学校に入り、沢山の出会いを経験しました、
そして、3ヶ月間の共同生活を終え
今日別れの卒業でした。
僕も28年前に1年間の共同生活を経験しましたが、
僕はF岡県内でしたから、会えると思ってましたが。
それぞれの勤務地全国各地に散らばる仲間との別れ
僕のとき以上に感動、感激しました。
長男は、遠くA森ですが、
次男は、隣のS賀の山の中に決まりました、
我が家から1時間ちょいです、
山の中での共同生活がはじまりました、
今日また、沢山の出会いが、あるのでしょう。
不安と希望のスタートです。

──────────

うっちゃんさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>現在2年生の息子は
あれっ?
もう中学2年生になりましたか(^ ^;;)

息子サンにお会いしたときは、確かまだ
小学5年生でしたけどね!
そうか、小学5年生から6年生へ進級する春に
会ったんでしたね♪


>全国各地に散らばる仲間との別れ
でも、今後苦しい時に遭遇しても、
全国にいる同期・同僚の励ましで
頑張れたりしますよね。
あるいは、何らかの会議やイベント等で
久々に再会することもあるでしょう。

あれは、同期でしか味わえない醍醐味ですね。

投稿: ★うっちゃん | 2009年7月13日 (月) 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vol.014・ヤッテキ制作委員会「テイスティング」(1-中編) | トップページ | 熟睡できないッ »