2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« ぎゃあ! | トップページ | 連休明け »

2009年9月24日 (木)

バス停について本気出して考えてみた(6)

最近、バスネタが少ないなぁと
切に申し訳なく思っておりますが、
このKassyブログ自体がバスブログではないから
まぁいいや! と開き直っているところであります。

先日お会いしたときに、
TGWさんやyakuさんにもお話ししましたが、
バス停ネタで言っても、Kassyよりも
みなさまの方がとてもとてもお詳しい(^ ^)

Kassyがバスやバス停を取り上げるまでもなさそうです。

だからこそ、実際にはあり得ないバス停画像を
勝手気ままに作ったりできるわけですが、
当分、そのスタイルは続きそうです。

さて、会社からの帰り道沿いに
立っているバス停があります。
Ii0904

ちなみに新しいバス停銘板に替えられる前は
確かこんな感じのものでした↓
Ii0903

行先欄の記載の仕方が若干変わりましたね。

このバス停近隣のバス路線、現在は
当ブログではすでに公開していないバス路線図の
左側を再掲載してみますと
Ii0905
ご覧の通りでして、
(当バス停は画像を4分割した右下のあたりにあります)

[21]下O利一丁目─下O利駅─……─O野城Sティ
[22]下O利一丁目─下O利駅
[23]下O利一丁目─下O利駅

という、下O利駅までは[21][22][23]ともに同ルート、
ただ[21]のO野城Sティゆきのみは、
駅を通り越して先に進みます、という路線です。


そういえば、先日おしごとで通りかかった
とある場所のバス停には、

  • [40]JR F日市駅
  • [41]JR F日市駅
  • [40]A倉街道
  • [41]A倉街道
  • [40]A  木
  • [41]A  木
と書いてあったような記憶が……。


[40]某バス停─A木─……─A倉街道─JR F日市駅
[41]某バス停─A木─……─A倉街道─JR F日市駅

と、全く同じルートを走行する系統であるはずなのですが、
バス停の行先欄には、別々に記載されていました。

ここのバス停の場合ですと、
先述の実際に記載されている方法に加えて、

  • [40][41]JR F日市駅
  • [40][41]A倉街道
  • [40][41]A  木
という、行先ベースの記載方法や、
  • [40]JR F日市駅・A倉街道・A木
  • [41]JR F日市駅・A倉街道・A木
という系統番号ベースの記載方法、そして究極は
  • [40][41]JR F日市駅・A倉街道・A木
という、ルートが同じなら一まとめにしちゃえ方法も
ありかとは思います。

Kassyとしては、運行ルートが全て同じであるならば、
最後に例示した“一まとめ”方法が妥当? と考えます。


さてさて、話を元に戻しまして。
最初に挿入しました2枚の画像、
結局はどちらの行先記載も同じ意味合いにはなりますが、

一般乗客の立場として、[21]下O利駅 の表記は
行先ベースで[22][23]と併記すべきか?
それとも系統番号ベースで[21]O野城Sティと併記すべきか?
どちらが分かりやすい表示なのだろう???

たかがそんなことに、
ここ2〜3週間頭を悩ませております。

お笑いくださりませ(^皿^;;)

« ぎゃあ! | トップページ | 連休明け »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

個人的には、下の方式のほうがよい気がします。
上の方式だと、「21の下O利駅と、22・23の下O利駅は、実は何か違いがあるのか?」という疑問が生まれる余地がある気がするからです(まあ実際は、この短い区間で「違い」を生じさせるのは難しいですが…)。

下の方式は、バス停の時刻表をベースとして作られているのかもしれませんね。
でも、「御陵」の南行きのような例もあるので、全てバス停の時刻表をベースにすればよいかといえばそういう訳でもないところが難しいテーマですね。

──────────

soramameさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>実は何か違いがあるのか?
わざわざ別欄に記載する、ということは
確かにそういうイメージは持たれるかもしれませんね。

行先番号の違いだけなんですけどね(^ ^)


>バス停の時刻表をベースとして作られているのかも
あー、そうか!
そうとも言えますね。

そう考えると、バス停銘板の行先欄の記載方法も
けっこう面白く思えてきました。

さすがは「バス停鑑定士」さん!(笑)

停留所からの番号と行き先…
Webページ作成においても結構悩みどころです。
経由で統一するか、番号で統一するか、行き先で統一するか、統一すべきところが多く絞れません…
複数人であれば会議などで検討できそうですが、1人でやっているために決定に異論は出ませんが、決定が大変です(-_-;)

──────────

KASHIIさーん。


>統一すべきところが多く絞れません
確かに悩みどころですよねー。

利用者としては「どれも!」となっちゃうわけですが、
そうなるとページ数は膨大になってしまい、
KASHIIさんのご負担が極限状態に陥りそうですね。


>決定が大変です
ま、やっているとは思うのですが、
大まかに(とはいえ多少細かい所も)枠組みを決めて、
それにあてはまらないヤツをどう料理するか……。

うーん、そこが難しい。。。

やっぱり、昔のバス停が、正解では?
経由って書いてあるから、21で駅止めが、
あるのであれば、別ですが。

──────────

うっちゃんさーん。


>21で駅止めが、あるのであれば、別ですが
それがあるんですよ(^ ^)
というより、[21]の便数の8割は駅止めです。

銘板をどう記載するか?
定義というか一定のルールを決めるのも
難しいのかもしれませんが、
前提としては「わかりやすい」ものに限られますね。

結局、どういうものにしても
「分かりにくい」「改善の余地あり」
というふうになってしまいそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぎゃあ! | トップページ | 連休明け »