2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 要求 | トップページ | 疲れが。。。 »

2009年11月 1日 (日)

(44)哀しみの花嫁

本多政重はついに直江家の養子となって婿入りします。

勝吉と改名しますが、
養子になったからといっても、すぐには心を開いてくれません。
前回あった、兼続の弟・大国実頼の身勝手な行為が
未だに信用できない所以なのかもしれません。

お船は、自らも最初のだんな(直江信綱)を失って
わずか1ヶ月も経たぬうちに、主家・上杉の命で
兼続と夫婦の契りを交わしたのでした。

その話を(娘に話すのは恐らく初めて)お松に明かし、
時の流れに任せるのがよい、と助言します。

一方、兼続は勝吉に
上杉家の内情を包み隠さず明かし、
これには上杉家臣たちも泡を吹きます。

いくら養子と言ったって、相手は徳川重臣のせがれです(^ ^;;)

江戸では、徳川家康が三男・徳川秀忠に将軍職を譲ります。
「それでは豊臣家が──」と固辞する秀忠に、
家康は「まぁ~だ分からんのかぁ~」と睨みつけます。

つまり、今回の将軍職継承によって
豊臣家との永遠の決別を意味しています。


米沢では長雨が続いておりまして、
猿尾堰(さるおぜき)が決壊します。
兼続は伊達政宗に助けを請い、勝吉を伴って伊達領へ。
伊達政宗の旧領は、ここ米沢です。

政宗は「そんな小さなことよりも、徳川の将軍職……」と、
ここでも徳川の将軍職継承がテーマになります。

政宗は兼続を挑発しますが、
「目の前のことで手一杯」と、その挑発には乗らず。
天下の動静よりも、民衆の暮らしのほうが大切です。

政宗は、治水に詳しい者を米沢に派遣することにします。


米沢では、婿をとったお松が
勝吉と未だに心を通わせられずにいて、
それをお船に相談します。

母と娘、女同士でしかわからない話というのも
あるのでしょうね。


米沢で流行病が蔓延し、お梅が父母に先んじて旅立ちます。
そして、最後まで勝吉と心を通わせられなかったお松も病床に。

ほんの短期間ではありましたが、
勝吉と形ばかりの夫婦になれて幸せだったと言い残し、
最期は父の胸に抱かれて、お松も息を引き取ります。

お松の亡がらを前に、兼続は心の底から詫びます。
上杉のためを思い、己の家族を犠牲にしてきた兼続は
早すぎる娘の死を悼みます。

その様子をただ黙って眺めている勝吉ですが、
心配なのは、お松の死によって
婿である自分の立場がどうなるのか、ということです。

流行病で失った姉二人の分まで父母のそばにいてやらねば、と
竹松も庭で泣いています。
その様子を目の当たりにし、ますます自分の立場が不安です。

翌朝、勝吉は「直江家家督を竹松に」と兼続に申し出ますが、
兼続が差し出した、お松手作りの形見を差し出され、
初めて涙します。

勝吉としても、心の内では
お松を愛おしんでいたに違いありませんが、
それを表現するにはちと遅すぎましたね。

兼続は勝吉を伴い、鉄砲作りの作業場に向かいます。
上杉が隠れて武器作りをしていることを見せるのですが、
その理由はただ一つ、勝吉は直江の身内だからです。

「これからも、ここにおれ」と話します。


一方、屋敷に戻った兼続を待っていたのは政宗でして、
兼続は慌てて会いに行きます。

いつかの、治水に詳しい者を派遣するという
約束を果たしたまでですが、
それがまさか政宗本人であったとは(^ ^;;)

しかし、政宗の助言を聞いて
兼続自身の進むべき道を見つけ、
感激のあまり涙を浮かべますが、

「泣き虫与六ふたたび」であります。


原作:火坂 雅志 (『天地人』NHK出版 刊)
脚本:小松 江里子
脚本協力:小松 與志子・山上 ちはる
音楽:大島 ミチル
題字:武田 双雲

語り:宮本 信子
──────────
[出演]
妻夫木 聡 (直江兼続)

北村 一輝 (上杉景勝)

常磐 貴子 (お船)

東 幹久 (泉沢久秀)
小泉 孝太郎 (大国実頼) ※ クレジットなし
小栗 旬 (石田三成) ※ クレジットなし
川野 太郎 (榊原康政) ※ ピンクレジットなし
──────────
黄川田 将也 (本多政重)
杏 (愛姫)
中川 晃教 (徳川秀忠)
──────────
松田 龍平 (伊達政宗)

石原 良純 (福島正則) ※ クレジットなし

松山 政路 (本多正信)

松方 弘樹 (徳川家康)
──────────
制作統括:内藤 愼介
プロデューサー:吉永 証
演出:一木 正恵


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『天地人』
第45回「大坂の陣へ」

アナログ総合・デジタル総合:午後8時〜
デジタルハイビジョン:午後6時〜
衛星第二テレビ:午後10時〜

« 要求 | トップページ | 疲れが。。。 »

NHK大河2009・天地人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 要求 | トップページ | 疲れが。。。 »