« 宿命の対決 | トップページ | 常連 »

2009年11月15日 (日)

(46)大坂城炎上

豊臣家を潰さんと欲する徳川家康は、
着々とその外堀を埋めつつあります。

豊臣攻め──。
それを目前にして、現・征夷大将軍の徳川秀忠は
決して快くは思っていないようです。

そこで、秀忠は何と直江兼続に
徳川家康に諫言してほしいと言い出します。
仲介役は、伊達政宗。

このドラマは、何でもかんでも「兼続に」なんですね(^ ^;;)
でも、頼られた兼続も兼続であります。
のこのこと駿府城の家康の元にやって来ます。

まぁ、そうでなければ、物語は前に進みませんもんね。
どんな時でも、誰とでも会えるのが主人公の特権であるならば、
誰からも頼られるのも主人公の義務なのかもしれません。

生前の豊臣秀吉が、五大老を集めて
「豊臣家をヨロシク」と言った時のことを家康に思い出させ、
生前の前田利家が、家康に「豊臣家を潰さないように」と脅して
「お誓い申す……」と言わしめた時のことを家康に思い出させ、

家康がしびれを切らして「何が言いたい」と突っぱねますが、
「ふーん、豊臣を裏切るんだぁー」などと(は言いませんが)
やんわりと首を絞めていきます。


迎え撃つ側の豊臣家。
淀は真田幸村を迎え「頼もしい」の一言。
徳川勢を二度も破った真田の名声を期待してのことです。

そして、徳川秀忠の娘・千姫は、夫である豊臣秀頼から
家康が攻め込んで来ることを知らされます。
イマイチ信じられない表情の千姫です。

幸村をはじめとする浪人諸将は大坂城に集まり、
慶長19(1614)年11月『大坂冬の陣』開戦。
ものの2分で終わります(^ ^;;)

豊臣方も徳川方もそれなりに痛手を受けますが、
家康が想像していた以上に豊臣方の抵抗が大きく、
完全に潰しきれないと悟った家康は
一旦和睦を結ぶことにします。

大坂城の外堀を埋める、という条件です。


いつ抜け出したか、大坂城にいるはずの幸村が兼続を訪ね、
二人して思い出に浸ります。

幸村は「丸裸の大坂城ではいくら戦っても勝ち目はない」とし、
今生の別れに来たようです。
そのついでといっては何ですが、
徳川出身の千姫を助け出してほしいとも言い残します。

しばらくして、家康は秀頼に
大坂城に残る浪人衆を放出するか、
大坂城を明け渡すかの二者択一を迫ります。

そのどちらも呑めない豊臣方は、
当然ながら最後まで抵抗することを決意。
その中に、しっかりと幸村の姿もあります。

そして始まった『大坂夏の陣』。
夏の陣は冬の陣よりも短い1分で集結。
いつの間にか淀も秀頼も自害して果てています。

大河ドラマを20年余見て来たKassyでも、
こんなに端折った大坂の陣を初めて見ます。
総集編でも、これほどまでのはないですな(^ ^;;)


さて、上杉陣中に
幸村から、千姫を井戸に隠しているとの矢文が届きます。
それを知った兼続は井戸を探し出し、千姫救出に成功。
無事に徳川方へ送り届けます。

兼続から「千姫を救ったのは幸村ら豊臣方」と聞いて、
家康は心から感謝しますが、
救出された千姫が発した一言は「おじじ様を一生許しませぬ!」

愛し合っていた秀頼と引き裂かれたわけですから
当然かもしれません。
しかし、千姫には
もっともっと厳しい現実が待っています。


戦の後、兼続は景明を連れ出します。
亡くなった人々の命と引き換えに、平和の世を残してくれたのだと
みんなに感謝します。


原作:火坂 雅志 (『天地人』NHK出版 刊)
脚本:小松 江里子
脚本協力:小松 與志子・山上 ちはる
音楽:大島 ミチル
題字:武田 双雲

語り:宮本 信子
──────────
[出演]
妻夫木 聡 (直江兼続)

北村 一輝 (上杉景勝)

常磐 貴子 (お船)

城田 優 (真田幸村)
東 幹久 (泉沢久秀) ※ クレジットなし
宇津井 健 (前田利家) ※ ピンクレジットなし
笹野 高史 (豊臣秀吉) ※ ピンクレジットなし
──────────
深田 恭子 (淀)
中川 晃教 (徳川秀忠)
石原 良純 (福島正則)
──────────
松田 龍平 (伊達政宗)

横内 正 (小早川隆景(回想)) ※ クレジットなし

中尾 彬 (毛利輝元(回想)) ※ クレジットなし

松方 弘樹 (徳川家康)
──────────
制作統括:内藤 愼介
プロデューサー:吉永 証
演出:片岡 敬司


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『天地人』
第47回「愛を掲げよ」[終]

最終回は75分スペシャル!

アナログ総合・デジタル総合:午後8時〜午後9時15分
デジタルハイビジョン:午後6時〜午後7時15分
衛星第二テレビ:午後10時〜午後11時15分

|

« 宿命の対決 | トップページ | 常連 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宿命の対決 | トップページ | 常連 »