2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 疲れが。。。 | トップページ | ムキーッ!! »

2009年11月 3日 (火)

バス停について本気出して考えてみた(8)

前回はちとおちゃらけちゃいましたので、
たまにはマジメに不真面目をやります(?)。

いつもは、地元N鉄バスを扱っております
このシリーズですが、
今回はちと遠出してみましょう。

コチラです。
Ik0304


Kassyがバス停を見た当時は電照式ではありませんでしたが、
なんとなく電照式で画像を作ってみました。
これより先の文章も、当時のことを回想して書いていますので
現在はどうなっているか(改善されたかそのままか)は分かりません。

南国K児島をエリアとする、その名も「N国交通」。

およそ11〜12年前のお話です。
まだ若かりしKassyは、お給料を貯めては
K児島へしょっちゅう旅行に行っておりました。

K児島市内に「Y野公園」という広大な公園がありまして、
そこへお出かけしたときのこと。

車の免許を持っていないKassyは、
当然ながら公共交通機関を利用するわけですが、
吉野公園で夕方近くまで遊び、
さぁ帰ろうとバス停に行きますと、
バス停には時刻表だけが掲出してありました。

あまり本数は期待していなかったのですが(←失礼……)
バスダイヤだけは確認しておかないと不安です。
ところが──、

Ik0301
こういった感じの時刻表になっていました。
(当時のダイヤは不明ですので、現在のダイヤで作ってみました)

つまり、経由地や行先は関係なく、
あくまでも出発時刻順に並べてある時刻表です。

Kassyブログにお越しの方の半数は
N鉄バスファンの方、あるいは
N鉄バス営業エリアにお住まいの方だと思いますので、
ある程度はお分かりになるかと思いますが、

N鉄バスのバス停の場合、経由地・行先の時刻表に加え
ご丁寧にもそのバス停から行くことができる全停留所の運賃や
路線図(中には路線“図”と言えないものもあるけれど)
も掲出してあります。

そういう環境に慣れていたせいか、バス停の情報が
経由地や行先に関係ない出発時刻順の時刻表だけというのは
Kassyを極度の不安に陥れてくれました。

Kassyは、最終の昼間高速バス「Sくらじま」で
帰福する予定でしたので、
高速バスの始発地・Iづろ高速バスセンター(当時)最寄の
「K生町」まで路線バスで行けばいいのですが、
この時刻表では、どのバスがK生町に行けて、
どのバスが行けないか、全く分かりません。

特に、K児島県内に在住しているわけでもないので、
K生町がK児島中心部のどの辺りに
位置しているかは分かるものの、
今いるY野公園がK児島のどの辺りかが分からないのです。

Y野公園の位置によって、
K児島中心部への進入方向が変わるのですから。

それでも、いろいろと頭をひねってみたのです。
経由地欄を見ると、主に
「M線前」「Nヶ谷」「ゴルフ場」という経由地、
「T上」「Hイランド」「トンネル」という経由地があります。
つまり確率統計学でいえば、3×3=9通りの行き方があり……

うーん! わからんッ!!

今でこそ、K州内のバスの時刻を検索できるサイトもでき、
11〜12年前当時に比べると、
まだジタバタできる余地が残されていますが、
極端な話、来るバスの乗務員さんに1回1回、
「K生町は通りますか?」と聞かなければなりません。

N鉄バスの、これでもか!! というぐらいのおせっかい(笑)が
アリガタイものなんだなぁとこんなときに実感しますね。

結局、当時はそうするしか方法はなく、
乗務員さんに確認したにもかかわらず、
降車するまで不安を抱えたまま乗車していた、
という今回の話です。

もうあれから11〜12年が経過しましたが、
せっかくこのシリーズをやっているのだから、と
取り上げてみることにしました。


このY野公園からのバス路線図を
N鉄バス風に作ってみますと、こんな感じになります。
Ik0302

そう、つまり
「M線前」「Nヶ谷」「ゴルフ場」という経由地と、
「T上」「Hイランド」「トンネル」という経由地の間に
中心地・K児島中央駅(当時は西K児島駅)があるんですね。

そうならそうと、時刻表の経由地欄に
「K児島中央駅」と記載してくれればいいものを、
全便通るのだからと省略したのでしょう。

そして、Kassyが行きたい「K生町」も
Y野公園に来るバスは全て通るということが判明。
なんだいッ(T^T)

ちなみに2枚目の時刻表画像は、
N国交通が現在提供している時刻表を
そのまま転記したものなのですが、
「ゴルフ場」経由は、このバス停からは正確にはありません。

正しくは「ゴルフ場方面」から来たバスです。


ただ、ここ(今ね)でKassyは考えてみました。

先ほど“全便通るのだからと省略した”と書きましたが、
地元の人(地理に明るい方)がK児島中心部まで利用する場合は
この時刻表が最も便利で分かりやすいものである、と。
(何せ全便通るのだから出発順で充分、行先なんかカンケーねぇ)

ただ、ここはY野公園です。

Kassyのような県外からの観光客も少なからずいるのだから、
時刻表スタイルを変えろ、とまでは言わないまでも、
ちょっと目立つように“全便K児島中央駅を通ります”など
記載してくれてもよかったのになぁ、と思います。

N鉄バスのように、代表地だから「必ず記載すべき」という考えと
N国バスのように、代表地だから「省略してもOK」という考え。
双方相反する考えではありますが、どちらが正解というわけではない。
どちらも正しくもあり、どちらも誤りでもあり、なんですね。

というわけで、N鉄バスなら多分こういうものになるだろうという
Kassyの浅はかな考えの下、時刻表をN鉄テイストで作ってみました。
最初のN国バスオリジナルのものと比べて見てください。
どちらが分かりやすいのでしょうね?
Ik0303


皆さんが日ごろ利用されるバス会社は、どういう時刻表?
ぜひ一度、記事のような目線で見てみてくださいね。

« 疲れが。。。 | トップページ | ムキーッ!! »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
8月にK児島に行きましたが、あまりの暑さと火山灰でバスの写真を撮るのが精一杯で、バス停まで撮ってませんでした。というか、滞在時間2時間ちょっとでしたので…
他社のバスは、H川と☆R(これ伏字どうするのですか?)を利用しますが、どちらもN鉄風の感じで方面別に書かれていてわかりやすいのですが、運賃表が主要ターミナルしかありません。
9月にH川に乗りに行ったときは高速バスが遅れ、タクシーでH川のバス停に行きましたが、運賃表がなく困りました。
持っている回数券が4枚つまり400円分しか使えないので、あとは現金で払わないといけないので、降車時に確かめて払いました。
営業所によって路線図は異なりますが、N鉄はサービス旺盛だなとつくづく感じます。
昔買ったK際K業の幕を見ても、経由地はほとんど書かれておらず、それに比べるとN鉄の幕は情報が多くてわかりやすいな~と感じます。

──────────

yakuさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>☆R(これ伏字どうするのですか?)
特に決まりはありませんが、
Kassyが書くときは「ジェイR」と入力してます(^ ^)

ある意味そのまんまですが、
某鉄道会社を「ジェイR」と
検索する人はいないと思いますので。


>N鉄はサービス旺盛だな
10年前に発刊の「N鉄バスの本」にも記載がありました。
大都市のバス停の情報も、田舎のバス停の情報も
ほぼ同じ(=均一化している)と。

利用客数で見れば、当然少ない方は
案内も雑になりやすくはなりますけど、
N鉄にはそれがない……ということですね。
確かにそう思います。

他社さんの場合、
全てのバス会社を巡ったわけではありませんので
全体像としては分かりませんが、
確かに“地域の人向けで県外から来た人には難しい”
ものであるには間違いなさそうです。

当たり前過ぎて記載しない、
というのが代表的な例でしょうか。

■どちらがいいか?
個人的には
・本数が多い→N鉄型
・各系統の本数が少ない→N国型
がいいと感じます。

■停留所サービス
確かにN鉄はサービス過剰なぐらいらしいですね。
K都に行った際にかなりの差でびっくりしました。
本数も少なめでいつも満員運行する感じですし…(私が乗る路線だけですかね(^_^;))

──────────

KASHIIさーん。


>本数が多い→N鉄型
確かに、本数が少ない時刻表では
N鉄タイプのものは少々見づらさが目立ちます。


>確かにN鉄はサービス過剰なぐらいらしい
地元に住んでいると、その感覚が分かりませんけど、
他県に行った時に情報が少な過ぎて、
今回のように困ることが多いです。

慣れってホントに怖いですね。

◆困ることが多いです。
実はバスナビの恩恵を受けすぎて、鉄道のダイヤが乱れた際に非常に不便に感じるようになりました。
特に某K本線は数分遅れが当たり前ですので特に不便に感じます(^_^;)

──────────

KASHIIさーん。
連続コメントありがとうございまーす。


>某K本線は数分遅れが当たり前
今のダイヤとは少々異なりますが、
Kassyが某Y電器(K椎地区にもありますね!)に
通っていた時にK児島本線は利用していましたが、

特急「Kもめ」+α(笑)の3分後に
特急「Tばめ」が走っていて、
Kassyが乗った普通電車が南F岡で
その2本の特急に追い越されるダイヤだったのですが、

特急「Kもめ」+αが遅れる
→特急「Tばめ」も遅れる
→普通が待ちぼうけ
→遅れる
といったことがよくあっていました。

特急「Kもめ」+αがかなり遅れれば、
特急「Tばめ」も普通も先に進ませるのですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 疲れが。。。 | トップページ | ムキーッ!! »