2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« vol.024・100人に聞きました(続き) | トップページ | あららぁ? »

2009年11月27日 (金)

予防接種

「新型インフルエンザ」関連ニュースが
世間を賑わせておりますが、
本日、社長指示により
“季節性”インフルエンザの予防接種を受けて参りました。

約半月ほどまえになりますが、会社近くにある
某病院附属の某診療所へ行ってきたのですが、
聞けばワクチンがないとのことでした。
(何度も「季節性ですよ?」と聞き返しました(^ ^))

当時、新型ワクチンが品薄で……という報道は
聞いていたのですが、
まさか季節性ワクチンも品薄とは、驚きでした。

ただ、新型が猛威を振るっている現在、
季節性ワクチンの生産量も通常の8割ほどに抑えていた上に
季節性の予防接種を受ける人たちが殺到したため、
かなり品薄になっていた模様です。

季節性ワクチンの次の入荷は未定とのことでしたが、
事務員さんが予防接種をやっている他の病院を
なんとか探し出してくれたわけです。

そこは、くるくる回っていそうな名前(?)の
某ショッピングセンターの近くにある耳鼻咽喉科。
へー、耳鼻咽喉科でも
インフルエンザ予防接種やっているんですね。

受付で名前を記入していたとき、受付の方に
「耳鼻咽喉科でも予防接種はやっているんですね〜!」と
ついつい言ってしまいました(^ ^;;)


そういえば、年に一度の健康診断ですが
Kassyが塾の正社員講師をやっていた時は
健康診断はあってないようなものでして、
(会社がそこまで重要視していなかった?)

Kassyが退職する年の春に、
「健康診断、どこでもいいから受けてこい!」と
急に言い出しまして(今まで何も言わなかったのに)、

ほぉー、どこでもええんやな! と半ばキレ気味に
しかもこれ見よがしに
本社の目の前にある病院に行くことにしましたが、
そこは外科専門の個人病院(^ ^;;)

ダメもとで「健康診断やってますかぁ?」とお聞きすると
いいですよ! とのことだったので
遠慮なく受けてきたことがありました。

当時、採血未経験者だったKassyは、
「ひゃあ! なんとかそれだけはご勘弁を〜」m(_ _)m
と、採血だけは拒否したのですが、
ま、当時は年齢も若かったし、
採血検査は必要なかったみたいです。

なので、健康診断コースでも
最もお手軽価格で検査時間が最短のものを選びました。
でもまさか、手術室(跡)で
視力検査をすることになろうとは(^ ^;;)

手術室のタイル壁面に貼ってある視力検査表に向かい、
Kassyの立ち位置は 手術室特有のあのでっかいライトの真下。
考えただけで不気味です(- -;;)

ただ、最後の講評? というか問診? では
最近10kg以上体重落ちませんでしたよね! という問いに
「えぇ、2ヶ月で13kgほど落ちましたかねぇ」と答えると
2〜3分絶句され、

「ま……まぁ、専門医に診ていただいた方が(^ ^;;)」と言われ。

他の質問も素直にいろいろと答えるたびに絶句され、
「ま……まぁ、専門医に診てもらってね(^ ^;;)」と
最終的には何だったのかよく分からない健康診断でした。

ま、アリガタイ、ホントにアリガタイご助言通り
2年後に専門医で診ていただいたからこそ、
Kassyの身体を蝕むバセドウ病が判明したわけですがね。

そう考えれば、耳鼻咽喉科でインフルエンザの予防接種も
それはそれでありなのかもしれません。


さて、話を戻して予防接種です。

今では注射や採血は
もはや慣れッ子になっているKassyですが、
耳鼻咽喉科の先生にしては、
かなり上手な注射でございましたv(^ ^)v

注射はワクチンを体内に入れるので大丈夫ですが、
採血は血液を体外に出すので、採血針の入れ方次第では
針を抜いた後でも血液がちょろちょろと出続けることがあって、

確か「健康診断専門クリニック」のはずなのに、
採血が終わってふと気がつくと
左腕から血がダラダラと垂れ、
検査服が真っ赤に染まっていたこともありました。

針を刺した辺りを強く押さえていただけでも
出血は止まっていなかったので、
(採血針を抜く際にかなり痛かった)←血管を傷つけた?
どれだけのものかは察しがつくかと思います。

それだけに、耳鼻咽喉科の先生の注射が
ぜんぜん痛みの感じない、非常にお上手な注射だと
なおのことカンドーするわけですね(^ ^)

でも、耳鼻咽喉科の患者さんが2割、
あとの8割が予防接種の患者さんとなると、
院長先生のお気持ちとしてはちと複雑なのかも?

ま、ご自身が「予防接種やりまっせ!」と
名乗りを上げたのでしょうから、
そこまで思いやる必要もないのかもしれませんが、
無事に予防接種は終わりました。


ウチの会社、給与面は長年勤務していても
ほとんど変わらないらしいのですが、
インフルエンザに関してはシビアでして、

新型が流行するかなり前から、
消毒液&ハンドソープを社内にいくつも準備し、
おまけに社用車1台につき1つ準備もしてくれ、
マスクも、市販されている簡易型マスクではなく、
業務用で使う(かなり効果のある)マスクを購入。

予防接種は絶対条件(費用は当然会社持ち)であります。

ここまでであれば「すごいやん!」とお思いでしょうが、
やれ手洗いしろ! やれうがいしろ!
注射打ったか? マスクはどうした!
社長がF岡にいらしている間は、相当ウルサいです(T^T)

ま、悪いことを言っているのではないのだから
ウルサいなぁと思いつつ、素直に従っておきますかな。
( ^艸^)

« vol.024・100人に聞きました(続き) | トップページ | あららぁ? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

季節性も今年は不足してるようですね。

僕は扁桃腺肥大で大体ここから風邪を引くのでので、風邪引いたら、耳鼻咽喉科に行くので、僕の中では耳鼻科で注射は当たり前ですね。

上には上がいまして、実家の近所にある皮膚科の病院では皮膚科なのに予防接種を打ってます。


まあ、僕は、インフルエンザにこれまでかかったことありませんし、今年は大事なイベントもないということで、予防接種は打ってません。
それに、新型のインフルは、10mlの容器に入っていて、そこから、1mlを抜き取って打つという話を聞いた瞬間、絶対に新型は打たんと思いましたね。人のすることですから、いずれかは、間違って、使用済みの針で打ってしまいましたという事態が起きてしまう可能性も十分ありますし、海外製のワクチンを打つのは、金払って、人体実験するような気がしますので・・・

──────────

たっくんさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>季節性も今年は不足してる
しているようですねー(^ ^;;)

予約も出来ない状況とか。
みなさん考えは一緒なんですね!


>僕の中では耳鼻科で注射は当たり前
そうかー、耳鼻咽喉科でも注射するんですね(^ ^;;)
Kassyの世間知らず露呈デス。。。


>皮膚科の病院では皮膚科なのに予防接種
へー(+_+)

皮膚科の受付で予防接種待ちというのも
限りなく場違いな場所に来たなぁと感じてしまうのは
Kassyだけでしょうか???


>使用済みの針で打ってしまいましたという事態
そのあたりは、病院側と受診側との信頼関係が
成り立っていれば問題ないんでしょうけど、
もしそれがなければ、打ちたくないですね(^ ^;;)

実は、昨日インフルエンザという診断結果が出ました(-_-;)
新型かどうかの詳しい検査はしませんでしたが、A型陽性とのことでした。

今までかかったことがありませんでしたので「なぜ今!?」と思っております。
理由は、明後日30日に本試験の部類に入らない先生が独自に入れている中間試験がある科目があり、確か追試験は行わないとのことでしたので、単位を取れないことがほぼ確定となります…
さらに、他の科目も大半が1度でも休むとかなり後れをとります…

今更ながらワクチンを打っておけばよかったと痛感しております(-_-)
といっても私の住む地域一帯は人口が多い(特に学生)ためにワクチンが不足してましたけど(^_^;)

──────────

KASHIIさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>インフルエンザという診断結果が出ました
w( ̄O ̄;;)w

大丈夫なのですか???
しっかり養生してくださいね。


>確か追試験は行わないとのこと
インフルエンザであれば、学校のような公的機関は
(周囲の学生に蔓延しては困るので)
確か出校停止命令の代わりに
実質的には出席扱いにしてくれるはずなので、
診断書を持って担当講師に直談判してみては?

諦めるのはまだ早い!(^ ^)
使えるアイテムは使わなきゃ♪

こんにちは
たしか、インフルエンザの予防接種は一昨年くらいからどこの病院でもできるってことになったのでは??
私は産婦人科でした記憶がありますよぉww
すっごく視線が痛かった。。汗

──────────

MIさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>一昨年くらいからどこの病院でもできる
そうだったんですね(^ ^;;)
知りませんでした……。


>私は産婦人科でした記憶がありますよぉww
うーん(^ ^;;)

確かにMIさんなら産科も婦人科も該当はしますので
問題ないのでしょうけど、
予防接種を打ちに来たと知らない一般患者さんは
ええっ!? と思うかもしれませんよね。

ただ、産婦人科でKassyが打ちに来たなら
MIさん以上に視線が痛いかもしれませんね。

そっかー、産婦人科でもやっているんだ(^ ^;;)

■インフルエンザ
日曜日には症状が治まりましたが、しばらくは外出してはいけない上、病気による疲れがきていましたので今まで安静にしていました。
一応明日朝に病院で完治の確認と証明書発行をしてもらい、午後から学校に出たいと思います(^_^)
が、明後日は授業全コマ+アルバイトですので、また体調を崩さないか心配です…(インフルエンザの症状が出たのは先週の木曜日で、疲れているところにやられた感じです)
しかし、これ以上授業を受けないのは非常に不安ですし、アルバイトも明日には復帰しないと人手不足ですので(^_^;)

■中間試験
先生のWebサイトを確認すると、「中間試験においては再試験は行わない」とはっきり書いてありましたので、受けられないと思います…
多分何らかの対策は講じていただけると思いますが、中間試験を受けている人と比べると厳しい状況となるのは明らかですね(試験を受けていないのに点を出すわけにも行きませんので)

──────────

KASHIIさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>今まで安静にしていました
うんうん、安静一番です。


>また体調を崩さないか心配です…
病み上がりはとかくきついでしょうから
きつくなったら正直に言って休ませてもらうことです。
無理して後に響けば、その分周囲に
大変な迷惑をかけてしまいますからね。


>多分何らかの対策は講じていただけると思います
そうですね。
単に私用で受験できなかった場合と、
インフルで出校停止になっていた場合とでは
同列に扱うべきではないと思うのです。

ただ、大学の先生ともなると
“分からず屋”も多いので(←特に理系)、
いかなる理由であれ、と言われるかもしれません。

それでも、何らかのアプローチはした方がいいでしょう。
「受けたいのに受けられなかった」という姿勢が
何かを変えるのかもしれませんからね。

◆休ませてもらうことです。
木曜日は激しい頭痛に見舞われてしまいましたので、午後は欠席しました…
これはインフルエンザにはカウントされませんので出席点が減点されます(T_T)
しかし、アルバイトには行きました(^_^;)(体調が回復しましたので)

──────────

KASHIIさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>木曜日は激しい頭痛に見舞われてしまいました
大丈夫ですか??

無理はしないことですね。
以降に響きますからね。

お大事に!


>出席点が減点されます
ふつうの風邪なら致し方ないでしょうね。
Kassyの大学生時代もそんな感じでした。

とはいえ、Kassyは風邪で休んだことはありませんで、
休むのはほぼ100%サボりです♪
→サボりというかバイトに行っていました(^ ^;;)

良い子はマネしちゃダメですよ〜。


>アルバイトには行きました
おしごとは体力使うでしょうに……。
大丈夫でしたか?

◆大丈夫でしたか?
ご心配ありがとうございますm(_ _)m
全然大丈夫です(^_^)
というよりも、木曜日のアルバイト(木曜日は入荷が少なめ)の方が楽だったりします(^_^;)

──────────

KASHIIさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>全然大丈夫です(^_^)
全快ですか(^ ^)

風邪は引きはじめが肝心ですよん♪


>木曜日のアルバイトの方が楽だった
(木曜日は入荷が少なめ)とはいえ、
やはり体力勝負のおしごとなんでしょうから
どうぞご自愛くださいませね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« vol.024・100人に聞きました(続き) | トップページ | あららぁ? »