2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« (44)哀しみの花嫁 | トップページ | バス停について本気出して考えてみた(8) »

2009年11月 2日 (月)

疲れが。。。

最高潮にたまってきました。

最近1ヶ月ぐらい、自主的にサービス残業をしていますが、
ここ10日ほどは、夜9時〜10時ごろまで会社におり、
コツコツと業務をこなしております。

朝7時すぎには会社に出社しているKassyにとって、
夜9〜10時まで会社にいるというのはなかなか辛く。
なにせ自宅〜会社の片道が、
行きは40分、帰りは1時間ですので、
夜11時ごろに帰宅して朝6時半ごろ出発するという毎日。

とはいえ、以前記事にしましたスライドは
日日の業務に追われて手つかず状態。
あぁ……いかん、社長がまた来るというのに。

上司をはじめ、みなさんが帰宅されて
1時間半ほど経過した頃でしょうか。
突然、上司から電話です。

「なん? まだ会社におんの?」
えぇえぇ、おりますとも。

「……何してんの?」
おしごとにきまっとりますがな(-"-)

「ほなごゆっくり」
何じゃそりゃあ!

という会話も日常茶飯事で(^ ^;;)
サービス残業ですから、
当然どなたもKassyをいたわってくれません。
とほほ。


お気づきだとは思いますが、毎日の更新も滞り気味で、
コメントに至っては、しばらく放置プレイであります。
夜遅くに帰宅しても、どうせブログは扱わないのだから!
と、いっそ会社で更新してみたり(^ ^)

申し訳ないことです。
もうしばらくお待ちくださいね。

明日は祝日でお休み、そして明後日は定休日でお休み。
2連休です。

« (44)哀しみの花嫁 | トップページ | バス停について本気出して考えてみた(8) »

おしごと」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
はぃ。
サービス残業を自主的にやるってすごいですえねぇww
尊敬でございます。
はぃ。

あまりがんばり過ぎないように、してください。
心配する方はいっぱいいるのでぇ。。

──────────

MIさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>サービス残業を自主的にやるってすごい
ホントはいかんことなんですよ(^ ^;;)
正当な労働をしているので、
その対価として手当をいただくのは当然なのです。

ただ、残業だの何だのとグダグダ言われるのが面倒なので
さっさとタイムカードを打ってしまっているだけの話です。


>あまりがんばり過ぎないように
正直、頑張り過ぎ以上に頑張っているかもしれません。
もうフラフラでした(^ ^;;)

ご心配、感謝します。

■スライド
今年中に終わりますかね…(^_^;)
ちなみに、私は今度の火曜日までにレポートを2冊(同じ科目)仕上げなければなりませんが、先生が書いてくる項目について非常に曖昧にしか説明されず、板書無しで聞いただけですので記憶だけが頼りです…(>_<)
友達もおりませんので恐らく全員分の中で私のレポートだけ内容が際立つかもしれませんね(^_^;)

◆会社で更新してみたり
私も学校で路線ページ作成の一部(停留所ソートや停留所一覧作成など)を休み時間&授業中(^_^;)にこなしています。

──────────

KASHIIさーん。


>今年中に終わりますかね…(^_^;)
うーん、微妙です。


>授業中(^_^;)にこなしています
バレないように気をつけて!

Kassyが会社で更新するときは、
誰もいない時を見計らっていますので、
バレることはありません。
(表示履歴もきちんと削除しています)

◆バレないように気をつけて!
たぶんばれてるかもしれません(^_^;)
理由は教員用のモニタは2画面で、片方に教室すべてのパソコンのモニタが表示されて一目でわかりますので…
しかし、他の人はゲームをしている人などがいますので、その方々の画面が目立って私の方は気づかれないかもしれません(^_^;)
逆に「他の科目を勉強している」という感じに見られていると思います…

──────────

KASHIIさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>たぶんばれてるかもしれません(^_^;)
なるほど(^ ^)
確かに教員用はモニタリングできますものね。

ま、確かにゲームしている人の分に目が行って、
“ウチの授業のではないが、何かやってるぞ”という
感じでしか受け取っていないのでしょうね。

でも、ほどほどに(^ ^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (44)哀しみの花嫁 | トップページ | バス停について本気出して考えてみた(8) »