« 青春の1ページ | トップページ | 狭義の終点の旅 »

2010年1月26日 (火)

金は天下の

回りもの、という言葉があります。

Kassy、最近思うのですが
お金もそうなのですが、意外に身近にあるもので言えば
「クリップ」なんかもそうなのかなぁ??? と。

おしごとで使う書類があります。
事務員さんから回されたそれには
クリップで挟んでまとめられているのですが、
Kassyはクリップがあったら逆に邪魔なので、
クリップを外してクリアファイルに入れ直して持ち運んでいます。

書類を事務員さんに提出する時には
自費で買ったクリアファイルで提出するのがもったいなくて、
クリアファイルから出し、クリップで留めて提出しています。


Kassyは、ほとんど営業職の総合職(?)なので、
入社時には自分用の机を準備してもらっていました。
そして事務用品として最初に準備してもらったのは、
ハサミとクリップでした。

「クリップは、足りなくなったら自分で用意してくださいね!」
と言われたような覚えがあって、
いつ減るか、いつなくなるかと心配していた時期もありましたが、
一向に減りませんし、一向に無くなりません。

よって、一向に用意できません(^ ^)

いや、もしかしたら増えているかもしれません。
毎朝、事務所に掃除機をかけているKassyですが、
落ちているクリップを1日1個ほど拾いますので、
その分、1日1個ぐらいずつは増えているかもですね。

どーりで減らないわけだ。

|

« 青春の1ページ | トップページ | 狭義の終点の旅 »

コメント

こんにちは(・∀・)

減らないんですか
へぇ-
きっと会社の
どなたかのグリップが減って
いるんでしょうね(^_^;)

私が掃除機をかけるなら
きっと拾わず
吸ってしまうと…(><;)

──────────

MIさーん。
連続コメントありがとうございまーす。


>どなたかのグリップが減っているんでしょうね
そうか( ̄□ ̄;;)
そういうことか。

いや!
床に落として拾わないのが悪い!
悪いってことはないか(^ ^)


>きっと拾わず吸ってしまうと…(><;)
( ^艸^)
そのお気持ちも分かります(^ ^)

投稿: ★MI | 2010年1月30日 (土) 16:36

私のアルバイトではカッターが増減します(危ないですね(^_^;))

増えるときは、梱包の方が誤って入れてしまったのか、商品を出す際に箱の中から出てきます。
減るときは、忙しすぎて慌ただしく商品を出す時の緩衝材(新聞紙など)を捨てる際に誤って一緒に捨ててしまいます(幸い私はいままで捨てていません→気づいてゴミ袋をあさります(^_^;))

ちなみに、同僚のうち数名は箱から出てきたカッターを使用していますが、私は400円弱する比較的高級なカッターを使用しています→初期に使用していた100円カッターと比べものにならないぐらい長持ちします(^_^)(壊れる気配がありません→100円カッターはプラスチック製で、1度大破し、大けがしかけましたので、極力使わないようにしています…)

──────────

KASHIIさーん。


>梱包の方が誤って入れてしまったのか
おぉ怖っ(^ ^;;)

ハケンのおしごとをやっていたころ、
1日だけ某物流センターに行きましたが、
(KASHIIさんのお店にも商品が行っていたはずです)

その箱の中に
カッターが入っているものがあったとは(^ ^;;)


>私は400円弱する比較的高級なカッターを使用
Kassyもおしごとで使うアイテムの一つに、
ちょっと高価なものがあります。

会社から支給されるのは
100円均一のお店で揃えられたもの、
でもKassyが使っているのはDIY店で買った
4,000円相当のもの(^ ^)

なかなかいいっすよ♪

投稿: ★KASHII | 2010年2月 1日 (月) 11:41

◆なかなかいいっすよ♪
高い物を使っているということ自体も使い心地をよくしているような気がしますね(^_^)

──────────

KASHIIさーん。


>高い物を使っている…(中略)…使い心地をよくしている
あ、そうかもしれません。
自己満足といってしまえばそれまでなんですけどね。

でも最近「そのアイテム、なかなかいいねぇ」と
人によく言われるものを使っています。
それは、伸縮性バツグンで
デザインも機能性もなかなかいい軍手なのですが、
100円ショップで買ったことをお話しすると
大概ビックリされますね(^ ^;;)

「園芸に使えそう!」と言った方がいましたが、
この軍手、まさしく園芸用なんですわ(^ ^)┓

投稿: ★KASHII | 2010年2月13日 (土) 03:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春の1ページ | トップページ | 狭義の終点の旅 »