2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 追突事故 | トップページ | 出世と平凡 »

2010年2月14日 (日)

(07)遥かなるヌーヨーカ

土佐・坂本家──。
安政元(1854)年6月、江戸での剣術修行を終えた
坂本龍馬が土佐に帰ってきます。

龍馬は千葉定吉の書状を持って帰ってきておりまして、
また江戸で剣術修行をすることを勧めています。
それは龍馬も同じでありまして、
剣術の道を極めたい! という気持ちを強くしています。

父・坂本八平は大きく頷き、兄・坂本権平に
土佐藩に掛け合うように言います。

「今しばらくここにおってもらった方が……」と
家族は龍馬の江戸再修行に反対ですが、
やる気になっている龍馬がやりたいというものを
引き止めることはできない! と八平が力説していると、
八平は胸を押さえて倒れ込んでしまいます。

龍馬は、15ヶ月ぶりに戻った土佐の
変貌ぶりに目を丸くしています。

武市道場は、純粋に剣術を学ぶところから
攘夷派、開国した幕府に反抗する集団になってしまっています。
そして武市半平太は、その攘夷運動の先頭に立っているのです。

ただ、攘夷! 攘夷! と声高に叫んでいる割には、
実際に黒船を目の前で見た龍馬の
「黒船をやっつけられると思うがか?」との問いには
誰もが「そんなんは……知らん!」という始末。

そして、岩崎弥太郎は
岩崎塾に学びにきていた平井加尾に求婚しました。
加尾のおかげで江戸へ学問修業に行けることになり、
加尾にも江戸についてきてほしいと言いますが、
加尾本人としては非常に困惑しています。

それを「今も龍馬のことを……!!」と弥太郎に見抜かれ、
居ても立ってもいられず、弥太郎の元を逃げ出します。

そんな加尾と龍馬は久々の再会を果たしますが、
嫁に行ったと思っていた加尾は縁談を断っていて
まだ未婚の格好をしています。


弥太郎の元を訪ねた龍馬は、
弥太郎が出かけるままに後をついて
河田小龍の講義に参加します。
小龍は学者であり、絵描きでもあります。

小龍の屋敷はたくさんの武士でごった返しております。
そこには龍馬の知り合い・饅頭屋の近藤長次郎もいて
とても賑やかです。

日本は、世界から見れば小っぽけな国で──。

アメリカがいかに素晴らしい国かを熱く語っていて
アメリカが日本より優れていると言いたい……というよりは
「それが事実ぜよぉ〜」と笑っています。
攘夷派にとってはとても聞くに耐えない内容です。

立ち見が出るほどたくさんの者が集まった会場は
一人二人と去って行き、長次郎は手慣れた感じで
「お忘れ物のないように」と声をかけて回ります。

最終的には龍馬と弥太郎、武市半平太の3人になります。

半平太の頭の中は攘夷一本、
弥太郎の頭の中は金儲け一本です。

半平太が弥太郎を「侍が金の話をするがか!」とあざ笑えば、
「金がない惨めさを知っちょらん者は黙っちょれ!」と応戦。
その二人の掛け合いを見て、小龍は
「金持ちになりたいなら、金持ちに聞け」と絶妙な返答です。

弥太郎の「日本がどうなろうとどうでもええ」という言葉に
半平太は過敏に反応しますが、
鯨はどんな時も悠然と泳いでいると例え、
海が荒れたぐらいでおたおたするのは小魚じゃ! と
半平太を小魚扱いします。

そこへ龍馬が割って入り、
「黒船は海を揺らして進むがじゃ!」と弥太郎を止め、
「海からの大波を刀で押し戻すことができるろうか?」と
半平太に疑問を投げかけます。

弥太郎も半平太も、
実際に黒船を見てきた龍馬の前ではつい閉口します。


翌日、小龍は坂本家を訪れ
龍馬に黒船が立てた波について詳しく聞こうとしますが、
途端に八平が倒れてしまいます。

小龍の知り合いの医師に見てもらい、
何とか一命を取り留めますが、寝たきりの状態です。
八平が心臓の病気を持っていることを初めて知った龍馬は
父の姿を見て、自分が江戸に行ったことで
父を苦しめてしまったのではないかと後悔しています。

龍馬の発案で、一家総出で桂浜に出かけることにします。
大八車に布団を敷き、八平を寝かせます。
龍馬は広い太平洋を前に
「黒船を作ったら、みんなを乗せて世界を見て回る!」と
大きな夢を語ります。

八平は、龍馬の話を聞きながら
清国・インド・アフリカ・エゲレス・オロシア……と
目を閉じて旅行している気分に浸ります。

「楽しそうな旅じゃ……みんなで行くがぜよ……」

八平は数日後、静かに息を引き取ります。

──────────

安政2(1855)年12月4日
坂本八平が死去、享年60。

慶応3(1867)年10月14日、
15代将軍・徳川慶喜による明治天皇への大政奉還まで

あと11年10ヶ月──。

(『篤姫』では「(15)姫、出陣」〜「(18)斉彬の密命」付近)


作:福田 靖
音楽:佐藤 直紀
題字:紫  舟
──────────
福山 雅治 (坂本龍馬)

香川 照之 (岩崎弥太郎・語り)

大森 南朋 (武市半平太)

広末 涼子 (平井加尾)

寺島 しのぶ (坂本乙女)

谷原 章介 (桂 小五郎(回想)) ※ ピンクレジットなし
──────────
杉本 哲太 (坂本権平)
大泉 洋 (饅頭屋長次郎)
宮迫 博之 (平井収二郎)

リリー・フランキー (河田小龍)
──────────
蟹江 敬三 (岩崎弥次郎)

松原 智恵子 (坂本伊與)

倍賞 美津子 (岩崎美和)

児玉 清 (坂本八平)
──────────
制作統括:鈴木 圭・岩谷 可奈子
プロデューサー:土屋 勝裕
演出:渡辺 一貴


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『龍馬伝』
第8回「弥太郎の涙」

アナログ総合・デジタル総合:午後8時〜
デジタルハイビジョン:午後6時〜
衛星第二テレビ:午後10時〜

« 追突事故 | トップページ | 出世と平凡 »

NHK大河2010・龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 追突事故 | トップページ | 出世と平凡 »