2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 三角ノート | トップページ | はぴはぴ »

2010年3月 9日 (火)

バス停について本気出して考えてみた(11)

今日、Kassyはついに
“nimoca”デビューを果たしました!(←遅っ!!)


今日、わけあって公共交通機関を利用したKassyは
乗車駅から降車駅(自宅最寄り駅)までの途中駅である
H多駅で下車してみました。

特に何をしようというわけではなかったのですが、
H多駅に隣接する交通センター3Fの高速バスのりばへ
プラプラと行って来ました。

待合室?のベンチにこしかけますと、その正面には
「高速バスを利用しない者のベンチ使用をお断りします」
という張り紙がありまして、
決して居心地のいいものではなかったわけですが(^ ^;;)

約1時間ほどいましたでしょうか。

帰ろうとしますと、
Kassyがバスセンターで勤務していた頃の同僚と言いますか
バスセンターからF岡空港発着所へ応援勤務に行っていた頃の
発着所スタッフとおよそ9年ぶりに再会しました。

一緒に働いた時期は12年前になりますが、
9年前に一度再会しているのです。
まさかこんなところで再会しようとは夢にも思わず、
ほんの少しだけ立ち話をしたわけですが、

そういうわけで、今日は交通センターネタをお届けします(笑)。


過去、ココからF岡空港国際線ターミナルまでの
直行バスが運行されておりました。

確か1Fの12番のりばから発車していたと思うのですが、
当時、のりばにある方面案内板に
方向幕を利用したと推測されるフィルムが貼ってあったのを
覚えている方はいらっしゃいますでしょうか。

文字も「[直行] F岡空港 国際線ターミナル」と
プリントしてありましたね。

フォントサイズ、そして横幅の大きさから考えて
側面(表側)方向幕(以下「横外幕」)を利用したものだと思うのですが、
仮にそれ用の方向幕を利用したのであれば、
けっこう分かりやすい表示だったなぁと
今更ながら思ったりもします。

通常、
のりば側から見えるバス方向幕は 乗車口横にある横外幕ですので、
のりば案内と同一のコマを表示させたバスがのりばに来れば、
お客さんにとっても 乗り間違いのリスクは少なくなりそうです。


ただ、これを他の路線で応用するとなると、
ちょっと難しいかもしれません。

このF岡空港国際線ゆき[直行]と同じように、
その施設に向かうバスが[直行]系統のみで 一般路線系統がなければ
応用することも可能かもしれませんけど、

例えば「動物園ゆき」であれば、
「動物園ゆき」方向幕にプリントしてある象の絵を
方面案内板に添付したとしても、
動物園経由の一般路線バス方向幕には
象の絵ではなく行先番号がプリントしてあるわけで、
あるいは運行営業所によって、「動物園ゆき」であっても
象の絵ではなく系統番号がついている方向幕もあります。

方面案内板に貼り付けてある象の絵を見たお客さんが
もしも「象の絵=動物園に行けるバス」と認識してしまったら?
動物園止めのバスが存在しない現在なら、
来ないバスを永遠に待ち続けることになってしまいそうです。

かといって、動物園を通るバスの方向幕を模した案内板を
すべて貼り付けたとしたら、パッと見では判別できない上に
その種類の多さに愕然とするかもしれませんね。


ということは、先の国際線ターミナルゆきの場合は
特例中の特例だったと言えそうです。
(高速バスだったら応用できる路線はあるかも?)

« 三角ノート | トップページ | はぴはぴ »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

地下鉄が通った現在では、H多駅からF岡空港へのアクセスは、地下鉄で行くのが当たり前であり、これが故に、日本有数の便利な空港と言われますが・・・だけど、十数年前はまだ地下鉄が開通していなかったので、その頃は、どんな風にアクセスしていたのか気になっていましたが、そんなバスがあったんですね。

12年ほど前ということは、現在の国際線ターミナルは出来ておらず、現在の第3ターミナルに国際線ターミナルがあった時代ですね。

──────────

たっくんさーん。
連続コメントありがとうございまーす。


>その頃は、どんな風にアクセスしていたのか
地下鉄が空港まで延伸する前は、空港連絡バスが
H多駅やT神などから運行されていましたよ。


>そんなバスがあったんですね
国際線ターミナルができたころには
地下鉄も空港まで延伸していましたが、
中心部から国際線へ向かうためには

  1. 中心部─地下鉄→空港駅
  2. 空港駅─徒歩→空港発着所li>
  3. 空港発着所─連絡バス→国際線ターミナル

の順で乗り換えが必要になるので、
H多駅から国際線ターミナルへの直通バスは
便利なような気がするのですが、
いつの間にかなくなってしまいましたね(^ ^;;)


>第3ターミナルに国際線ターミナルがあった時代
そうです(^ ^)
第3ターミナルバス停のすぐ近くに
簡易カウンターが設けられておりました。

空港へ応援に行っていた時は
この第3ターミナルへ業務に行ったこともありますが、
発券端末がなかったので、予約が必要な路線の場合は
内線で発着所に連絡するなど、
けっこう面倒なおしごとでしたね(^ ^;;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三角ノート | トップページ | はぴはぴ »