2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« カミチィ号(11) | トップページ | (14)お尋ね者 龍馬 〜脱藩 暗殺、龍馬は何処へ…怒濤の第2部始まる〜 »

2010年4月 3日 (土)

方向幕考(51)

今回は「方向幕コレクション」の更新ではありません。
あしからず♪


方向幕に替わって台頭し出したLED板ですが、
電車部門では、カラーLEDが
採用されているところもあるようですが、
バス部門ではカラーではなく、黄〜オレンジの単色です。

なぜカラーが採用されないか?
これにはいろいろと諸事情があるそうですが、

それがもしマルチカラーだったら? という前提のもと、
(1)方向幕、(2)単色LED、(3)マルチカラーLEDを
作ってみました(^ ^;;)

Kassyのように方向幕やLEDを手作りしてみた!
といった方はかなり多いと思うのですが、
N鉄バスのLEDをマルチカラーで手作りした方は、
さすがに今までいない……ですよね?(笑)

みんな東の方向に猛ダッシュしている中、
一人だけ南にダッシュしているKassy。
新しい視点で! というのは、
作っていてなかなか楽しいものです。

こういった形でしか話題を提供できないワタクシを
皆さまどうかお許しあれm(_ _)m

まずはコチラ、(1)方向幕 です。

Jd0301

幕、懐かしいですよね(^ ^)

方向幕の場合、使用できる色に制限はないので
白地に対して目立つように工夫することは
例えば文字色を変えたりすることで可能となります。
文字の大きさも自由なので、表示量も思いのまま。


続いてはコチラ、(2)単色LED です。

Jd0302

現行の表示を参考に作ってみました。

同じ系統番号ながら、複数の経由種別がある場合は
その違う部分を画像のように四角で囲んだりすることで
強調する必要があります。

またN鉄バスの場合だと、F岡市中心部からの
進む方角によって色を分類していた経緯があり、
単色LEDであればそれが表現できないため、
オリジナルで右横に“色幕”が設けられています。


そしてコチラ、(3)マルチカラーLED です。

Jd0303

(2)単色LEDに色を付けてみました。

幕であれば、通常は白地に黒文字なので、
色を逆転させて黒地に白文字……というわけで、
文字部分を白文字にしてみました。

これを幕の通りに白地に黒文字にしてしまうと、
遠方からLEDを見た場合、
光の帯にしか見えなくなってしまう恐れがあります。
(今の単色LEDでも、遠くからは光の帯に見えます)
それを防ぐ意味合いでもあります。

さらに四角囲みの経由地ですが、
四角は黄色で、中の経由地は赤で表示させてみました。
一瞬赤は見づらそうにも思えますが、
赤のLEDはオレンジっぽく見えますので、敢えて赤文字で。
これは黄色枠と赤文字を逆転させて、
赤色枠と黄色字でもいいかもしれません。

おまけに系統番号部分ですが、
よーく見ていただければお分かりの通り、
なるだけブラウン色に“見える”ように工夫したのですが、
いかがでしょう?

系統番号部分に色を付けてしまえば、
せっかく設けた色幕部分が役目を果たさなくなりますが、
ま、撤去するのももったいないし、そのままのお役目で。


単色カラーがマルチカラーになったからといって、
表示内容にそこまで相違が生じるわけではないのですけど、
こういう感じで実際に形として出されると、
カラーLEDが認可されない事情も分かる気がします。

画像で見るより、実際は光りますからね(^ ^;;)


このシリーズはしばらく続きますが、
比較検討する幕の題材は、
以前N鉄から発売されていた「方向幕ストラップ」の
合計18種類からchoiceしています。

途中、他へよそ見してしまうかもしれませんが、
基本的にはこの18種類をベースに作ってみたいと思います。
このシリーズ、応援してやってください。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

« カミチィ号(11) | トップページ | (14)お尋ね者 龍馬 〜脱藩 暗殺、龍馬は何処へ…怒濤の第2部始まる〜 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

フルカラーLEDの費用対効果は薄いですが、見た目は非常に良いですね(^_^)

──────────

KASHIIさーん。
連続コメントありがとうございまーす。


>フルカラーLED
うーん!
細かいところにこだわっていたつもりなのですが、
フルカラーではなく「マルチカラー」です(^ ^;;)


>見た目は非常に良い
ありがとうございます!

実際にできるかというと
現状では無理かもしれませんけど、
何となくイメージしやすいかなぁと思いまして
作ってみました(^ ^)

今後も続きますので、
どうぞ悪戦苦闘の跡を見てやってくださいまし。

再びこんばんは~
鉄道ではフルカラーLEDもありますが、バスの場合、前照灯と同じ役割になってしまうので、単色カラーが採用されたようです。
LED、撮影するとき上手く写らなくて苦労する事が良くあります。特に珍しい路線だと、上手く撮れなかったらかなりがっくりします。

──────────

umi37さーん。
連続コメントありがとうございまーす。


>バスの場合…(中略)…単色カラーが採用
ですね!

マルチカラーとしても、
採用までには大きな壁があります。


>撮影するとき上手く写らなくて苦労する
幕の時代に比べると、
なかなか難しいかもしれませんね。

何度も練習するしかないんですかね??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カミチィ号(11) | トップページ | (14)お尋ね者 龍馬 〜脱藩 暗殺、龍馬は何処へ…怒濤の第2部始まる〜 »