2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« つくづく | トップページ | 方向幕考(53) »

2010年5月 2日 (日)

(18)海軍を作ろう!

近藤長次郎とともに乗船した坂本龍馬。

船上にて、勝 麟太郎から
「新しい操練所は神戸村に作る!」と教えられます。
その上で、下船したら大坂へ出向き、
操練所の訓練生を集める任務を与えられます。

しかし、いきなり大坂の街中へ繰り出しても
耳を傾けてくれる者は皆無です。
途方に暮れていた頃、沢村惣之丞と再会。

惣之丞は龍馬とともに土佐を脱藩したわけですが、
黒船を見たくて 龍馬が途中で離脱し、それ以来ぶりです。

江戸城では、第14代将軍・徳川家茂が
帝による上洛命令に本気で悩んでおります。

一橋慶喜は、テキトーに答えておけばいい!などと
楽観主義者ですが、家茂にギロリと睨まれています。

しかし、いざ上洛してみると
帝から 攘夷を実行するのはいつか? と問われ、
やはりテキトーにごまかす慶喜ですが、
「そやから、それは何月何日や」と追及され、
その答えを出すまでは江戸へ下ることはまかりならぬ! と、
つまりはそういうわけです。

ここでようやく、一筋縄ではいかないことに気付くわけです。

朝廷側の態度は、これはすべて
武市半平太の入れ知恵によるものです。

そんなことは各藩の藩主たちはうすうす気付いておりまして、
土佐藩は半平太をなぜ野放しにしておくのか不思議です。
それに対して山内容堂は「あれはもう……終わりですきに」と
意味深な答えを出します。


最初は抵抗していた惣之丞を言いくるめて
操練所に引き込むことに成功しますが、
大筒をぶっ放すぜよぉー! などと威勢がいいところを見ると
操練所の者たちは、異人に対抗するために
操練所で学んでいるようです。

そんな龍馬の元に、土佐藩から望月亀弥太ら3人派遣されます。
なんでも、半平太の働きを褒めた上で
以前、麟太郎から依頼されていたこともあり、
土佐勤王党からも誰かを推挙せよ、と命じられたそうです。

さらに、半平太側近の平井収二郎は 容堂から
「あれほどの能力がある者がなぜ武市の下に?」と思われていて、
武市の後で土佐藩を動かすのは平井だ! とも言われたそうです。
それを思い出し、思わずニンマリとする収二郎。

しかし半平太は、岡田以蔵に麟太郎を斬るように命じています。

名を変えて麟太郎の元を訪れた以蔵でしたが、
まさかそこに龍馬がいるとは知らず(^ ^;;)
それに気付いた以蔵は慌てて辞そうとしますが、
龍馬は「以蔵!」と大歓迎。

でも、半平太の命令で麟太郎を斬りにきたと気付いた龍馬は、
麟太郎に気付かれないようにごまかしますが、
麟太郎には「おいらを斬りに来たんだよ!」とすべてお見通しです。

さっそく、地球儀を使っての麟太郎のいつもの講義です。
龍馬は「それはもう使えませんきに!」と止めますが、
「(地球儀は)高かったんだよぉ!」と講義を続けます。

しかし、日本の小ささに目を大きく見開いて驚いた以蔵に
龍馬と麟太郎は別の意味で大喜びです。
それでか、麟太郎は龍馬と以蔵を連れて飲みに行きます。


「江戸も京も飽きた……土佐へ帰るぞ!」と容堂。
しかし、容堂にそうされては
今まで攘夷に向けて働いてきた半平太の汗は泡と化します。
必死に留めようとしますが、容堂は聞き入れません。

ひとりとぼとぼと勤王党に戻る半平太。
「誰かおらぬか?」と声をかけてみますが、
宿舎としていた屋敷には誰一人としておりません。

以蔵は麟太郎を斬りにやっている(と思っている)し、
操練所に派遣された亀弥太らは
同志らと打ち解けていろいろ学んでいるし、
右腕だった収二郎はどこに行ったか分からないし。

ここでようやく容堂の思惑に気付く半平太でしたが、
時、すでに遅く──。
容堂による土佐勤王党解体の成果がじわりじわりと現れて
彼の高笑いが響いてくるようです。

──────────

文久3(1863)年3月、
孝明天皇による攘夷勅命。

慶応3(1867)年10月14日、
15代将軍・徳川慶喜による明治天皇への大政奉還まで

あと4年9ヶ月──。

(『篤姫』では「(38)姑の心 嫁の心」〜「(39)薩摩燃ゆ」付近)


作:福田 靖
音楽:佐藤 直紀
題字:紫  舟
──────────
福山 雅治 (坂本龍馬)

香川 照之 (語り(岩崎弥太郎))

大森 南朋 (武市半平太)

佐藤 健 (岡田以蔵)
──────────
宮迫 博之 (平井収二郎)
要  潤 (沢村惣之丞)
酒井 若菜 (徳)
大泉 洋 (近藤長次郎)
──────────
武田 鉄矢 (勝 麟太郎)

近藤 正臣 (山内容堂)

夏八木 勲 (松平春嶽)
──────────
制作統括:鈴木 圭・岩谷 可奈子
プロデューサー:土屋 勝裕
演出:渡辺 一貴


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『龍馬伝』
第19回「攘夷決行」

アナログ総合・デジタル総合:午後8時〜
デジタルハイビジョン:午後6時〜
衛星第二テレビ:午後10時〜

« つくづく | トップページ | 方向幕考(53) »

NHK大河2010・龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つくづく | トップページ | 方向幕考(53) »