2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« もうですか | トップページ | お散歩(58) »

2010年5月16日 (日)

(20)収二郎、無念

坂元龍馬の兄・坂本権平。

大坂の塾では、龍馬や近藤長次郎ら
各藩からの学生たちが真剣に学んでいますが、
権平はそこへ現れたわけです。

でも、どうやら入れ違いで
龍馬は勝 麟太郎のいる京へ出かけたようです。

土佐に帰国した武市半平太は
牢に入れられている平井収二郎を助けんと
高知城に登城して山内容堂に面会を願い出ますが、

半平太を嫌う容堂が会ってくれようはずもなく、
会ってくれたのは後藤象二郎。
象二郎は、暗殺された吉田東洋の甥です。

象二郎は、伯父・東洋を暗殺したのは
土佐勤王党であると考えていて 半平太を追及しますが、
半平太は知らぬ存ぜぬを通します。

捕らえられている収二郎も、ひどい拷問にかけられますが
象二郎からの問いに「知らぬ!」との一点張りです。


京にたどり着いた龍馬は麟太郎に会い、
平井収二郎をどうにかしたい……
という胸の内を打ち明けますが、

麟太郎としては、今はそれどころの話ではなく
勝塾の財政難危機に頭を悩ましております。
神戸の海軍操練所は「勝の私塾ゆえに金は出せぬ」と
幕府からの収入が途絶えているわけです。

龍馬は、麟太郎からの指示で
とりあえずは越前へ金策に駆け回ります。


平井加尾は半平太を出迎えますが、
悪いことをしたわけではない、という半平太の言葉は
「じゃあ何故捕まるの?」と加尾は疑問に思いますが、
その疑問を解決してくれる人は誰一人としておりません。

「収二郎はきっと助けちゃるきに!」という言葉は
空しく響くばかりです。

その収二郎には、相変わらず拷問が続いております。

再び登城した半平太は、
収二郎が吉田東洋暗殺に加わっていないと改めて訴えます。
土佐勤王党は容堂のためだけに働いてきたとつけ加えますが、
容堂は象二郎に「もう……やめちゃれ」と指示。

半平太は一瞬の希望の光を見いだし、
象二郎は容堂のその言葉に納得がいかない様子ですが、
「朝廷に無断で取り入った罪で裁くだけじゃ」と
収二郎の罪を赦したわけではありません。

武士の情け、切腹です。


越前で 松平春嶽から1,000両援助の確約を受けた龍馬は
大阪へ戻りますが、そこでようやく権平と再会です。

権平の目的は、龍馬の脱藩の罪が赦されたこともあり、
土佐に戻って来ないか? ということだったのですが、
権平は龍馬が 京→越前 に赴いている間に
海軍操練所に体験入学してみたわけです。

そこで、龍馬がやってきたこと、
目指していることを体感した権平は
無理に帰国せよとは言えませんでした。


その後、加尾からの文で収二郎の切腹を知った龍馬。
龍馬の中で、何かがプツッと音を立てて
切れたような気がしました。

──────────

文久3(1863)年6月8日、
平井収二郎が切腹、
土佐勤王党の獄の犠牲者第一号となる。

慶応3(1867)年10月14日、
15代将軍・徳川慶喜による明治天皇への大政奉還まで

あと4年4ヶ月──。

(『篤姫』では「(39)薩摩燃ゆ」付近)


作:福田 靖
音楽:佐藤 直紀
題字:紫  舟
──────────
福山 雅治 (坂本龍馬)

香川 照之 (岩崎弥太郎・語り)

大森 南朋 (武市半平太)

広末 涼子 (平井加尾)

寺島 しのぶ (岡上乙女)

松原 智恵子 (坂本伊與)

田中 泯 (吉田東洋(回想)) ※ ピンクレジットなし
──────────
杉本 哲太 (坂本権平)
宮迫 博之 (平井収二郎)
山崎 一 (横井小楠)
要  潤 (沢村惣之丞)
大泉 洋 (近藤長次郎)
──────────
武田 鉄矢 (勝 麟太郎)

蟹江 敬三 (岩崎弥次郎)

近藤 正臣 (山内容堂)

倍賞 美津子 (岩崎美和)

夏八木 勲 (松平春嶽)
──────────
制作統括:鈴木 圭・岩谷 可奈子
プロデューサー:土屋 勝裕
演出:大友 啓史


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『龍馬伝』
第21回「故郷の友よ」

アナログ総合・デジタル総合:午後8時〜
デジタルハイビジョン:午後6時〜
衛星第二テレビ:午後10時〜

« もうですか | トップページ | お散歩(58) »

NHK大河2010・龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もうですか | トップページ | お散歩(58) »