2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« はぴはぴ | トップページ | 細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(8) »

2010年6月15日 (火)

ニッポン!昔話

(常田富士男さんをイメージしてくださいね(^ ^))

むか〜しむかし、あるところに
ネコをたいそうかわいがる和尚さんがおったそうじゃ。

ある時、一匹の大ねずみが村に住みついて、
村中をさんざん荒らして回ったそうな。
その大ねずみは
そのうち和尚さんにまで悪さをするようになり、
お寺を荒らされた和尚さんは、ほとほと困り果てておった。

そんな和尚さんを見かねたネコは、
何百匹もの仲間を集めて大ねずみと戦い、
ついに大ねずみを退治したそうじゃ。

翌朝。
息絶えた大ねずみとともに
変わり果てた姿のネコたちを見つけた和尚さんは、
ネコたちを哀れみ、お墓を作って、
いつまでも、いつまでも手厚く供養したそうな。

……という話で有名な「W宮の猫塚」。
猫塚公園なるところに行って参りました!

Jd0404
ニャン!

ちなみにこちらは表側。
ギロリと睨みつけて怖いイメージですが、
これはいわゆる“災い退散”でありまして、
手に持っているほうきで災いを追い出すという意味です。
(お腹の部分には、悪い言葉を書きます)

一方で裏側は、ニッコリ微笑む招き猫。
(撮り忘れました(^ ^;;)┓)

横から見たらこんな感じです。
Jd0405

この表裏一体のつくりは
見た最初こそ「はーん?」と思うでしょうが、
次第に見たものの心をつかんで離しません(笑)。

商品化されているそうなので、
お土産や開店祝い、新築祝い、合格祈願などに
贈られてみてはいかが?
一度、全国区になったそうですが、
知名度はまだまだなので、隠れた原石かも知れませんよ。


和尚さんのために大ねずみと戦い、息絶えた猫たちを
供養するために作ったとされるお墓「猫塚」も、
しっかりと公園内にありますよ。
Jd0407


……というわけで、
ここは「猫塚公園前」バス停。
Jd0410
写真右手前のポールがバス停なのですが、
イラスト付きバス停銘板にも惹かれますが、
何よりも待合室のインパクトがありすぎです(^ ^)

バス停にも、この「追い出し猫」伝説が書いてあります。
待合室の中にも同様のものがありました。


最後に、せっかく記念撮影できるようになっていたので、
姫とふたりで猫になってみました。

(公開期間終了いたしました(笑))

たった今、それぞれのお腹の文字を
何気なく見ていて気付いたのですが、
「さくらちゃん」には良い言葉、
「くろちゃん」には悪い言葉があるということは……?

わしは微笑んだらいかんやったんやー(T^T)

お願い! 疫病神にしないでちょ♪

« はぴはぴ | トップページ | 細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(8) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あらにゃんにゃんだ。懐かしい。
平成22年2月22日のにゃんにゃんにゃんの日を前に、わたくしめも行きました。インパクトありすぎて忘れられません(笑)

でも僕は猫にはなりませんでした。Kassyくろちゃんかわいいです〜〜(>_<)

──────────

TGWさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>インパクトありすぎて忘れられません(笑)
インパクトありすぎですよね!

いつもは、インター方面から
この公園のすぐ手前を右折するもので、
あくまでも風景の一つとしてしか
見ていませんでしたが、

これを撮った日は、
なぜか「あ、寄ってみよ!」と思ったのでした。


>僕は猫にはなりませんでした
あら、どうしてぇ??


>Kassyくろちゃんかわいいです〜〜
「かわいい」という評価には
イマイチ理解できない部分がありますが(^ ^;;)

とりあえず、ありがとうございますm(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はぴはぴ | トップページ | 細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(8) »