« 2度あることは? | トップページ | 細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(9) »

2010年7月 4日 (日)

(27)龍馬の大芝居

海軍操練所が閉鎖されて行く所がない、
坂本龍馬たち脱藩組。
龍馬は海を眺めながら、
西郷吉之助が言った一言を思い返していました。

薩摩に来るかどうかは、そちらさん次第──。


龍馬は、楢崎 龍の様子を見に寺田屋へやってきます。
お龍は見違えるほどかわいらしい顔で接客にあたり、
龍馬は安堵します。

寺田屋へやって来た理由は、実はもうひとつあり
お登勢に薩摩の人間についてあれこれと聞いてみます。
お登勢は「薩摩の方には
迷惑をかけられたことはありません」と答えますが、

海軍操練所が閉鎖になった情報を
お登勢はつかんでいるだけに、
その質問の向こうには、龍馬が薩摩と手を携えて
何かをしようとしていることは容易に考えがつきます。

しかし、龍馬の考えが分かるにつれて
お龍は急に態度を硬化させていきます。
ツンとして奥にひっこみますが、
お登勢は「あれでも龍馬さんのこと心配してるのよ」と
お龍の気持ちもよく分かっています。


龍馬ら一行は、大坂の大和屋へ移動します。
同じく土佐を脱藩した沢村惣之丞や紀州脱藩の陸奥陽之助に
西郷吉之助の存在を初めて打ち明けます。

龍馬としては、海軍操練所に
半ば強引に引き入れてしまった仲間たちです。
その仲間たちの処遇について懸命に考えているわけです。
しかし、仲間たちには
到底受け入れられることではありません。

大和屋は、同じく土佐脱藩・近藤長次郎と
夫婦になった徳の実家でありまして、
生まれたばかりの二人の子どもも
すくすくと元気に育っています。

そこへ「怪しい者ではない」と一人の男が。
龍馬はとっさに身構えますが、
その男は溝渕広之丞。
龍馬が最初に江戸へ行った時に一緒に同行した仲です。

岩崎弥太郎からの文を持って、
龍馬を尋ねてこっそり来たわけです。

その手紙には、武市半平太や岡田以蔵が投獄され、
以蔵には特にひどい拷問が加えられているとあり、
土佐に戻って来るように書いてあります。

龍馬は畳をバンバンと叩き、雄叫びを上げて
土佐に戻ることを決意します。
「おまんは脱藩の身じゃ! よう考えや!」と
広之丞は慌てますが、どうにか言いくるめます。

土佐に“侵入”した龍馬は、まっさきに坂本家へ。
無論、脱藩した龍馬が土佐に来れたのは、
お人好しの広之丞の尽力があったのは
言うまでもありません。

坂本家で一泊し、ひさびさの朝餉(あさげ)です。
兄の坂本権八は、龍馬が急に戻って来た理由を聞きますが、
龍馬はぽつりと一言「武市さんを助けるためじゃ」と。


弥太郎は今日も以蔵の拷問を見せられに出仕していますが、
途中の道をとぼとぼと歩いているところで、
龍馬と広之丞に襲われます。

「本当に戻んでくるとは……」と
弥太郎は絶句しますが、そもそもの龍馬の目的は、
吉田東洋暗殺事件に関しての調書を
弥太郎に入手してもらうことであります。

半平太や以蔵を助けるためだと言われては、
弥太郎としてはその依頼を断る理由はありません。
役人の目を盗んで書庫に入り込み、
調書を持ち出すことに成功します。

その調書をじっくりと読む龍馬は
「早よせぇ〜」とオロオロする弥太郎に向かって、
いずれ出世する者が、たかがこんなことで
オロオロしてはいかん! となだめています。


権平に絶縁状を書いてもらった龍馬。
絶縁しなくても……と岡上乙女は言いますが、
龍馬のため、坂本家のために絶縁しなければなりません。

絶縁状を権平に土佐藩邸に提出してもらうことにして、
龍馬はその足で、後藤象二郎に会いに行き、
龍馬は象二郎に大芝居を打ちます。
「吉田東洋を殺したがは……わしじゃ」

象二郎は、東洋暗殺の下手人が
土佐勤王党の者であると思っている象二郎は
龍馬が言うことは明らかにウソだと信じて疑いません。

しかし、暗殺当夜のことを正確に諳(そら)んじます。
ひどい雨の日で、東洋のどの部分を斬ってどうしたか……と。
従者の者たちの名前まで正確に言い当てます。

象二郎は もしかしたら龍馬が殺したのか? と思い、
次第に目をむき出し始めます。

伯父の吉田東洋は、龍馬をたいそう可愛がっていました。
龍馬には「わしにとってはどうでもいいき」と
あっさり言われてしまって、
象二郎の中の何かがプツリと切れ、
奥底に眠っていた何かがむくむくと大きくなっていきます。

自分は東洋の甥でありながら、あまりにも龍馬を可愛がるので
龍馬にとても嫉妬心を抱いたこともあります。
それだけに、その龍馬が東洋を殺したとなれば、
黙ってはいられません。

象二郎は龍馬に斬り掛かりますが、
龍馬を仕留めることなどできようはずもなく。
象二郎は龍馬に痛めつけられ、
龍馬はさっと身を翻して逃げていきます。

その様子を陰からこっそり見ていた広之丞と弥太郎。
弥太郎は、龍馬が大芝居を打って逃げても
その責は坂本家がかぶることになると危機感を出しますが、
そのための絶縁状であります。

もう、二度と土佐には戻って来られないでしょう。
龍馬は広之丞に、言い表せない感謝の気持ちを抱きつつ、
弥太郎には達者に暮らせと言い置いて、土佐を後にします。

──────────

(『篤姫』では「(40)息子の出陣」付近)


作:福田 靖
音楽:佐藤 直紀
題字:紫  舟
──────────
福山 雅治 (坂本龍馬)

香川 照之 (岩崎弥太郎・語り)

大森 南朋 (武市半平太)

真木 よう子 (楢崎 龍)

寺島 しのぶ (岡上乙女)

佐藤 健 (岡田以蔵)

高橋 克実 (西郷吉之助(回想)) ※ ピンクレジットなし
田中 泯 (吉田東洋(回想)) ※ ピンクレジットなし
──────────
杉本 哲太 (坂本権平)
大泉 洋 (近藤長次郎)
要  潤 (沢村惣之丞)
奥貫 薫 (武市 冨)
酒井 若菜 (徳)
大和田 伸也 (深山宗林)
草刈 民代 (登勢)
──────────
蟹江 敬三 (岩崎弥次郎)

松原 智恵子 (坂本伊與)

近藤 正臣 (山内容堂)

倍賞 美津子 (岩崎美和)
──────────
制作統括:鈴木 圭・岩谷 可奈子
プロデューサー:土屋 勝裕
演出:大友 啓史


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『龍馬伝』
第28回「武市の夢」

アナログ総合・デジタル総合:午後7時10分〜 (←時間変更されています)
デジタルハイビジョン:午後6時〜
衛星第二テレビ:午後10時〜

|

« 2度あることは? | トップページ | 細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2度あることは? | トップページ | 細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(9) »