2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 先人の知恵 | トップページ | お散歩(68-2) 大河ドラマ・龍馬伝SP! »

2010年7月13日 (火)

お散歩(68-1) 大河ドラマ・龍馬伝SP!

(この記事の地名には伏せ字は使用しません。あしからず)


大河ドラマ『龍馬伝』。
先日(7月11日(日))放送の第28回でシーズン2が終わり、
次回からはシーズン3としてスタートします。

シーズン3の主な舞台地は長崎。
そこで龍馬は、さらに多くの人々に出会い
日本を変えるために尽力します。

というわけで、その舞台地・長崎へ
行ってきました!\(^ ^)/

日ごろのお散歩シリーズと言えば
地元・福岡エリアを中心に
あれやこれやと書き散らしておりますが、

そのお散歩シリーズと『龍馬伝』のコラボ!
この機会は逃すわけには参りませんね!
2ヶ月間、ネタを眠らせておいてよかったわ (^ ^;;)┓
(長崎へ行ったのは5月15日)

ま、長崎とはいえ「長崎市」に行ったわけではなく
行って来たのは佐世保市・ハウステンボス。

ハウステンボスへは、
『龍馬伝』で咸臨丸として撮影された観光丸と
大河ドラマ展示館『龍馬伝館』があり、
その見学をしますです。

ちなみにKassyが大河ドラマ関連の展示館に向かうのは、
『翔ぶが如く』展示館・『北条時宗』オープンセット・
『篤姫』展示館 に続いて4回目です。


姫が、お父上のご実家がある唐津市へ
行っているとのことでしたので、そのお迎え。

ちなみに姫は 基本的にはどこでもついてきますが、
ハウステンボス内で催されている「星野富弘展」に
連れてってあげるよ! とダマして連れ出します(笑)。

しかし唐津市へ向かうのは、およそ1年弱ぶり?
その間に西九州自動車道が少し区間延伸されております。

いつもなら途中から一般道を走るのですが、
見慣れない風景にとまどっていたら
一般道に降りるタイミングを逸してしまい(笑)、
出だしから絶不調なKassy。

それでも無事に姫を拾い、ハウステンボスへ。

ハウステンボスへの経路は大きく分けて2通りあります。

  • 唐津市→多久IC─(高速道)→佐世保大塔IC→ハウステンボス
  • 唐津市─(一般道)→ハウステンボス

です。

始めこそ「高速か?」と思っていましたが、
Kassy号にはETCはついておりませんし、
特に急ぎの旅でもないので、
一般道をちんたらと走ることにしました。

──────────

途中で数回のトイレ休憩を挟み、2時間半で到着です。

Je1501

さすがは土曜日、お客さんも多いようです。


入場……じゃなかった、
入国ゲート(笑)をくぐって左手には馬車があります。

Je1503

車輪などのパーツがえらい細いですなぁ。
Kassyが乗ったら一気に壊れてしまいそうな感じです。

華奢に見えますが、実際はしっかり作ってありますよ。

ハウステンボスは、
中世オランダの町並みを再現したテーマパークですが、
Kassyは実は初訪問。

長崎オランダ村なら
小学校の修学旅行で行ったのですがねぇ(^ ^;;)


こちらはウェルカムガーデン。

Je1504

ハウステンボスといえば花といっても過言ではないぐらい
各所にたくさんのきれいな花が植えられ、
季節ごとにさまざまな表情を見せてくれます。

ハウステンボス側としてのオススメお散歩コースも
ホームページに3種類ほど紹介してありましたが、
スイマセン、今回の目的は『龍馬伝』(+「星野富弘展」)なので
次回、ゆっくり見させていただきます!

そうそう。
園内はペット同伴可なので、
みなさんご自慢のペットたちとお散歩のようです。


Je1505

風車もグルングルン回っています。


お、こんなものがありましたよ。

Je1506

小学6年生ぐらいの女の子が
ず〜っとこの石像テディベアにべったりで
なかなか撮らせてもらえなかったのですが、
Kassyが持つカメラ(といってもケータイ)に気付いて
場所をあけてくれました。

ありがとう〜♪ m(_ _)m

……と、
不意に後ろから「きゃあ〜☆☆ かわい〜!」と
数人が迫ってくる声がしたので、慌てる慌てる(^ ^;;)
写真、ブレてなくてよかったです。

正面の建物の中にも、テディベアの姿が。

Je1507

そばには解説者と言いますか案内人らしき男性の姿が。
ここは「テディベアキングダム」というらしいです。
テディベアというのは、むかしむかし
アメリカ大統……以下略!(笑)

極め付きはコチラ↓

Je1508

でかっ!!

あの肉体には、さすがのKassyも叶いませんわ。。。

──────────

さて、この「テディベアの館」前にある
「ブルーケレン バス停」からバスに乗って移動します。

バスは、先ほど写した風車があるキンデルダイクや
ローズカフェなどがあるニュースタッドを左手に、
ホースランドがあるフリースラントや
アートガーデンを右手にのぞみながら、
バラの運河を渡ります。

バスの運転士さんの「まさにバラバラ」という
マイクを通して発したダジャレに思わず苦笑。

運河を渡ったら、そこはビネンスタッド。
ホテルアムステルダムが左手にあり、
右手にあるアレキサンダー広場では
昔ながらの高級車が数台停まっていました。

高さ105メートルのランドタワー・ドムトールンを右手に
サウスゲートを通過、
いよいよテーマパークゾーンからフリーゾーンへ突入。

オレンジ広場とホテルヨーロッパに囲まれた道を進むと、
降車予定地「スパーケンブルグ バス停」に到着です。

Je1509

↑ダジャレ号(笑)


続きは明日!(^ ^)/
((つづく))

« 先人の知恵 | トップページ | お散歩(68-2) 大河ドラマ・龍馬伝SP! »

旅行・地域」カテゴリの記事

NHK大河2010・龍馬伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先人の知恵 | トップページ | お散歩(68-2) 大河ドラマ・龍馬伝SP! »