2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« お散歩(75-1) | トップページ | vol.043・ミステリーツアー »

2010年8月18日 (水)

お散歩(75-2)

地上・BSデジタル放送完全移行 2011年7月24日まで あと340日
地上およびBSのアナログテレビ放送は終了し、デジタル放送へ移行します。


前回(75-1)の続きです。

Je1112

「思ひ出通り」に突入してみましょう。
お花畑から昔の町並みへ、急に世界が変わったようです。


Je1114Je1113

いつ見ても人の顔に見えてしまうんですけど(^ ^;;)
(○っちょくん?)

プッシュボタンと硬貨投入口があるので、
一応は使えるのでしょうね。

昔に使われていた電話機の形状をしていますが、
左手の受話器の部分は、画像のような受話器ではなく
今で言うヘッドホンの役割を果たす
小さなラッパのような形のものがあって、それを耳に当て、
2つのベルの下にあるマイクに向かって話すわけです。

画像下にはプッシュボタンがありますが、
当然ながら当時はこんな便利な物体もあるはずもなく。

右手にあるハンドルをぐるぐる回すことで
まずは電話会社につながり、
「こちら○○町××番、□□町△△番へ」などと言うと
電話会社の人が該当の電話機との線をつないでくれる。

続いて、□□町△△番につながったらつながったで、
「○○さんに代わってください」などと言って
話したい相手を呼び出してもらう。

んまぁ、昔はこんなメンドーな手順を踏んで
電話していたんですね。


Je1115

どういたしまして。


通りを抜けると、
ピクニックにはもってこいの広場があります。

Je1117

この広場でお弁当を広げるもよし、
広場の片隅には屋根付きバーベキューハウスや
レストランで食事するのもよし。


Je1118

遠くには航行中の船も見えたりして、
まさに絶景ポイントと言えそうです。


が!
風景に見とれてしまうと、こんなことになります。
ご注意されたし(笑)。

Je1116


園内の帰り道、こんなものを見つけました。

Je1126Je1119




六地蔵です。

「人間のもつ さまざまの悩み、苦しみをすくうお地蔵さま」
とありますが、
六体のお地蔵さまはみんな柔和なお顔をされていますね。

Je1120Je1121Je1122

Je1123Je1124Je1125

いや、お顔もそうですが
お手も合掌していたり、何かを持っていたり さまざまです。

Kassy一族は(確か)無宗教なので、
特に信仰などはないのですが、この六地蔵を見ていると
何かしらほんわかと満たされる感じがします。

特に4枚目の、口をポカ〜ンと開けたお地蔵さまには(^ ^)

一般的には「子供の守り神」として信じられていて
よく子供が喜ぶお菓子が供えられていますが、
この六地蔵の周辺には子どもの遊び場が多いので、
そういった「(元気に遊ぶ)子供の守り神」という
意味合いも含まれているのかもしれませんね。


出口ゲートは売店内にありますが、バス待合所も兼ねています。
園内各所に出発時刻表が掲出されていますので
それを確認して思う存分遊び回ればいいわけですが、
ちと時間が空いたら、
売店内でお土産品を見て品定めするのもいいかもしれません。

Kassyは、「N古島事典」という小冊子と
甘納豆シリーズの「いちご」「プチトマト」を買ってみました。
甘納豆という感覚でいただいたのが悪かったのか、
プチトマトはさすがに……シブかった(^ ^;;)

« お散歩(75-1) | トップページ | vol.043・ミステリーツアー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お散歩(75-1) | トップページ | vol.043・ミステリーツアー »