2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« (39)馬関の奇跡 〜最終章突入! 龍馬と高杉奇兵隊、戦へ〜 | トップページ | お散歩(84) »

2010年9月27日 (月)

細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(17)

地上・BSデジタル放送完全移行 2011年7月24日まで あと300日
地上およびBSのアナログテレビ放送は終了し、デジタル放送へ移行します。


そもそも方向幕って何種類ぐらいあるんですかね?

とはいえ、各鉄道会社や各バス会社に
独自調査を入れるわけにもいかないので、
まずは1会社でどれぐらいあるか? を見てみます。

N鉄電車内でも時々広告を見ることができる
K浜K行電鉄の方向幕の場合ですと、
種別幕9種類、行先幕11種類あるようです。
(現在は種類はもっと増えています)

Ji2006Ji2005

その分類は、まず種別幕──

  1. 方向幕機器上の分類
    ブリッジモデル(G)(H) と SPCモデル(他)
  2. 表記方法での分類
    ローマ字入り(A)(H)(I) と ローマ字なし(他)
  3. 種別上の分類
    快速入り(A)(B) と 通勤快特入り(D)〜(F) と それ以外(他)
    エアポート関連(A)〜(D) と それ以外(他)
    特急Wィング号用(A)〜(E) と それ以外(他)

そして行先幕──

  1. 方向幕機器上の分類
    ブリッジモデル(08)(09) と SPCモデル(他)
  2. 表記方法上の分類
    略称表記(01)(02)(11) と 正式名称表記(他)
    社名入り(04)〜(10) と 社名なし(他)
    ローマ字入り(05)〜(08) と ローマ字なし(他)
  3. 車両運用上の分類
    他社線乗り入れ用(01)〜(06) と 自社線用(他)

※ ( )内はKassyが便宜上つけた分類上の仮の記号

上に書いた「他社線乗り入れ用」6種類でも、
大きく(01)〜(03)と(04)〜(06)に分けることができます。
これは前回(16-1)〜(16-3)につながる話ですが、
方向幕に書かれた駅名がどの路線に属するかを
色分けしてみれば一目瞭然です。

Ji2007

要は、(01)〜(03)において
他社乗り入れのコマが分散していたものを、
幕の後半に集約したものが(04)〜(06)になります。

そして、これらを組み合わせることによって
実に16種類もの幕種類が生まれるわけです。

方向幕機器上の分類において、
種別幕がブリッジモデルで行先幕がSPCモデルであった
……というようなことはさすがにありませんけど、

例えば種別幕はローマ字表記入りで
行先幕がローマ字表記なしだったり、
あるいはその逆だったりと、影響しない程度での
ちぐはぐな組み合わせも見られます。

鉄道という、
ある種決められたルートのみを走るものでさえ
これだけの種類があるわけですが、
これがバスだった場合はどれぐらいになるものか?


Kassyが「方向幕コレクション(ほうこうまくぅ)」を
製作するにあたっては、
時間をかけて地道に調査してきたことは
これまでも何度も取り上げてきたことですが、
今までバラバラに調査し、バラバラに保存していたものを
今回初めて集約し、コマ番号順に羅列してみました。

ご紹介する営業所は……やはり地元でしょ(^ ^;;)

Ji2020Ji2021

Ji2022Ji2023

※ 経由地は最低限必要なものだけ記載しました。
  グレー部分は欠番となっているものです。

ここにあるのは(A)〜(L)の全12種類。

ただこれでも「全て」とは言いきれず、
発掘できていないものがあと少しは
ありそうな気がします(> <;;)

その車両の導入時期などによって、細かな部分で
これだけ分かれてしまったと思うのですが、
よくもまぁここまで分かれたもンだと感心します(笑)。


あ、ついでに。

表にしたらよく分かっていただけると思うのですが、
この営業所にとって最も新しい路線は(20)系統、
その(20)系統の幕が追加されている部分を見てみてください。

幕の製作段階で(20)系統を収録できる環境
つまり(20)系統がすでに運行されている
場合(J)(K)(L)は別として、

既存の一本ものに後から該当4コマを挿入する場合、
60〜62コマ(回送を含めれば63コマ)に
入れられたものが多いですね。

運行開始時、方向幕を準備するにあたって
幕のどのコマに入れるか? という部分は
誰しも恐らく考えることだと思うのですが、
この60〜62コマに挿入というのが
最良のポイントだったのかもしれませんね。

別の場所に挿入されているものといえば──(C)です。
該当する60コマは現存しない行先ではありますが、
それ以外は現在でも使用することはありますので
入れられなかったのでしょう。

一方、(20)系統が挿入されていないものは──(G)ですね。
ただし、タイプ(G)に(20)系統を挿入したものが
タイプ(E)になります。


脱線、失礼m(_ _)m

前回にもつながる話ですが、
ここでご紹介したTの浦営業所は
担当路線を全て方向幕に収録しています。

営業所によっては、車両の運用上あるいは形式上で
分類しているところもあり、
そう考えれば、方向幕の種類を運用上でみれば
そこまで多くはならないような気がします。

例えば、M治通で運用される車両の方向幕と
K体道路で運用される車両の方向幕があったとして、
M治通経由の系統はほとんど変動がなく、
K体道路経由の系統に、路線延伸や経由地変更などの
変動が多かった場合です。

Tの浦営業所のK日〜N珂川ハイツ線だけでみると、
(6)系統3コマ、(2)系統5コマ、(1)系統4コマのものは
(E)(F)(G)(H)(I)の5種類ありますが、
そのうち、各系統間に1コマずつ欠番を入れた(I)を除くと
(E)〜(H)の4種類が実質1種類として
カウントされるわけです。

コマが少ないやん! というご批判、ごもっともです。
でも、Kassyが言いたいことは
つまりは、そういうことなのです(^ ^;;)

ただし、運用別の方向幕で見た場合は少なくても
それらを全てひっくるめた営業所単体で見れば
やはり十ン種類という方向幕を
所有することになるのかもしれません。

「幕コレ」においては、
ただでさえ全営業所を制覇できていないのに
その方向幕を全て調査・把握するのは、

……無理ですな(笑)。

« (39)馬関の奇跡 〜最終章突入! 龍馬と高杉奇兵隊、戦へ〜 | トップページ | お散歩(84) »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (39)馬関の奇跡 〜最終章突入! 龍馬と高杉奇兵隊、戦へ〜 | トップページ | お散歩(84) »