2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 下剋上! | トップページ | お散歩(87-2) »

2010年10月20日 (水)

細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(19)

地上・BSデジタル放送完全移行 2011年7月24日まで あと277日
地上およびBSのアナログテレビ放送は終了し、デジタル放送へ移行します。


Ji2712

バスファンの方にしてみればおなじみの風景である
バスセンター車路出入口です。

15〜16年ほど前までは、このバススロープのルートを
N鉄電車が走っておりまして、
(当時はバスセンターは1Fにあり、バス進入路は
W辺通側とK体道路側の2箇所ありました)

F岡(現・F岡(T神))〜H尾間の高架化完了にともなって
高架線に移行し、従来の線路は撤去となりました。

その高架化工事の終盤時代は
Kassyは某大手予備校の生徒でありまして、
高架化工事の中間駅が最寄り駅(←もうお分かりですね?(笑))。

工事の様子を校舎の窓から眺めることができ、
見下ろす形なので進捗状況が手に取るように分かって
なかなか面白かったです。

そして朝ラッシュ時には、
後の「快速急行」の原型となる8両の急行電車
(5000形・6000形、F日市〜Y院間ノンストップ)が
数本運行されておりまして、

当時のY院駅では最長でも7両対応だったために
当然ながら全編成がホームにかかるわけもなく、
前1両だけが踏切を完全にふさいだ状態で停車し
後7両で乗降取扱をする「ドアカット」がなされていました。

踏切を完全にふさいでしまうためか、
(もちろん遮断機は電車到着前に降りていますが)
この8両急行の運行時間帯には係員が配置されていまして、
電車にも、それと分かるように「8」の大きなプレートが
運転操作機器の車外向けに掲げられていました。

当時のY院駅は、高架線の下に位置していましたので、
高架線橋脚の間を縫うようにして
F岡駅との間を行き来しておりまして、
これがまた なかなかスリリングでした(笑)。
(まぁ、そういう配線だったから仕方がないのですが)


……とまぁ、のっけから脱線して失礼しました。。。
スロープの話でしたね(^ ^;;)┓

冒頭でご紹介したスロープ出入口前の交差点は
大まかに言えば「不」の字のような形であります。

1画目の横線は市道(双方向)、
2画目はスロープ沿いの脇道(一方通行・左下から中心向き)、
3画目はバススロープ・駐車場進入路(双方向)、
4画目はスロープ沿いの脇道(一方通行・中心から右下向き)
です。

そしてこの交差点の車両用信号機は、
1画目の市道用(左から右向き)(右から左向き)、
2画目の脇道用(左下から中心向き)、
3画目のバススロープ用(下から中心向き)、
そして2・3画目の総合用?に1機 の
全部で5方向に設置されています。

Ji2711

この画像に写っている手前の赤信号は2画目の脇道用、
画像奥に映る白いビルの3F窓付近にあるのが総合用です。

1画目の市道用:左から右向きをA、右から左向きをB、
2画目の脇道用:左下から中心向きをC、
2・3画目の総合用をD、
3画目のバススロープ用:下から中心向きをEとしたとき、

この交差点のサイクルは以下の通りです。
(左からABの順で、最右がE)

  1. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
  2. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
  3. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
  4. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
  5. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
  6. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
  7. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
  8. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
  9. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
  10. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
  11. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
  12. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
  13. (○○)(○○) (○○)(○○)(○○)
(以降 サイクル1. へ戻る)


Ji2712

この画像(最初に示したものと同一)の上部に写っている
「バス専用……」の照明板の裏側には、
バスセンターからスロープを降りてきたバス用に
設置された信号機(=E)が少しだけ見えていますよね。

このバススロープ用に設置された信号機は
車両感応式信号機でありまして、

Ji2710

このセンサーが感知しなければ青にならない、
つまりシグナルサイクルの9.〜11.がカットされて、
8.から12.へ一気に飛び越されてしまいます。

ご存知の通り、車両感応式信号機というものは、
センサーに感知されなければ
「ほぼ」永遠に青には変わらないものですので、
(車両がなくても青に変わる場合もある)
営業中のバスとしては、それだけは防ぎたいところ。

センサーにしっかりと感知してもらうためには、
停止線をオーバーランすることなく
スロープ上の停止線に合わせて停車する必要があります。
(スロープは急坂なので、停止線のかなり手前から
減速していないと難しいのですけど(笑))

ただ、しっかりと停止線に合わせて停車すれば、
バス車体のおしり側がセンサー位置に合わさるので
センサーが感知して青になってくれる、というわけです。


……が、実はこれが落とし穴だったりします。

この「車両感応式信号機」、ここだけに見られるものではなく
日本各地にあるものなのでご存知の方も多いと思いますが、
「センサーが反応するのは、その信号機が黄か赤の時」
というのはご存知でしょうか。

通常、この「車両感応式信号機」には
センサーで感知できない二輪車や歩行者用に
押しボタンが併せて設置されているものが多くありますので、
それを注視していればお分かりいただけるものと思います。

例えば、横断歩道とともに設置される押しボタン式信号機。

横断歩道上の信号機が「青」の時に押しボタンをどれだけ押しても
ボタン上の表示窓には何も出てきませんが、
「点滅(=黄)」になってから、押しボタンを押して初めて
“しばらくお待ちください”の文字が出てきますよね。
それと同じ話です。


先ほど、バススロープ用の信号機が青にするためには、
「停止線をオーバーランすることなく
スロープ上の停止線に合わせて停車する必要があります」
と書きましたが、

仮に停止線を多少オーバーして停車してしまったら?
ということを、最悪なパターンで想定してみました。

例えば、1m程度オーバーランして停車したとしましょう。

こんなことがまれにあります(Kassyも何度か経験しました)。
──交差点より先(左折後の方向)にバスが並んでいて、交差点内に進入できないからと、青信号でありながら停止した位置が、停止線よりも1m程度先だった──

バススロープ用の信号機が「黄」になった時、
つまりセンサーがお仕事を始めた時には
すでにセンサー感知エリアを過ぎてしまっていますので、
先頭車両は(バックしない限り)感知させることはできません。

新たにセンサーを感知させる必要がありますが、
その先頭車両の後ろにやってきた後続車両も
先頭車両にピッタリとつけて停車するわけではない
(↑坂道ですし、多少の車間は空けて停車する)ので、
これまたセンサーを感知させることはできません。

1m程度オーバーランすると、スロープ用の信号機は
フロントガラスに顔をへばりつかせてやっと見えるか、
もしくは全く見えないか、というところだと思います。

先頭車両の運転士さんは、
ほぼ真上に位置しているスロープ用信号機を
何度ものぞき込むようにして
青になるその時を待っていますが、
センサーが感応しない以上、青になるときがない(笑)。

バスがスロープ上にズラズラ〜ッと並んでいるのに、
センサーが感知しないので青にならない。

さぁ困った! ……となるわけですな(^ ^)


このKassyブログを
バスセンターに乗り入れる乗務員さんのどれだけの方が
お読みかは分かりませんが、改善策はただ一つ!
「停止線にしっかりと停車する」

これに尽きます(笑)。

« 下剋上! | トップページ | お散歩(87-2) »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ごぶさたしてます。

感知信号機って、青のときは仕事しないんですか。
へぇ~っ、と感心しました。
バスセンターのスロープ、
記事に書いてあるような状態になったら、
最終的にはどうやって脱出するのでしょう??
先頭の車が、焦れて少し前に進み、
後続も前に進むことで、センサー感知する以外、
永遠に止まったままのように感じます。

そう考えると、感知信号機でも、
10分とか長めの一定スパンで、
感知しなくても変わるようにしとかないといけませんね。

──────────

ちょんびんさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>感知信号機って、青のときは仕事しないんですか。
青の時に感知してしまうと、
赤になるまでに全ての車が捌けたとしても
「止まっている車がいる」と認識され、
次のサイクルで、実際には車がないにも関わらず
無意味に青にしなければならないので、

黄色になった時点で、
それ以降にセンサーを遮るものがあったら
「車が止まっている」と認識するように
しているんでしょうね。


>最終的にはどうやって脱出するのでしょう??
信号機C(スロープ脇の道)の信号機と
信号機D(総合)とは連動していない、
つまりCが赤になっても若干の時間を置いて
Dが赤になるようになっているので、

その瞬間(Cが赤、Dが青)を狙ってGo!でしょうか。

でも、行けても1台だけでしょうね(^ ^;;)
2台目のドライバーさんは、
かなりモヤモヤしたものを感じると思いますよ。


>感知しなくても変わるようにしとかないと
あー、実際に
どういう時間をおいてかは分かりませんが、
ちょんびんさんが仰るような
「感知しなくても変わる」ように
なっているそうですよ。

いろいろ考えられているんですねぇ、信号機って。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下剋上! | トップページ | お散歩(87-2) »