2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« かわいいのう | トップページ | はぴはぴ »

2010年11月27日 (土)

続・南ヶ丘線 ほか (20)(21)(22)(23)

地上・BSデジタル放送完全移行 2011年7月24日まで あと239日
地上およびBSのアナログテレビ放送は終了し、デジタル放送へ移行します。


このバス路線シリーズでは、
以前公開した内容に引き続き 地名には伏せ字を使いません。
あしからず(^ ^)


西鉄バス二日市エリア路線図の“更新・第5回目”は、
月の浦〜大野城線 (20)
南ヶ丘線 (21)(22)
つつじヶ丘線 (23)
(西鉄バス二日市・月の浦営業所担当)をご紹介。


<路線時刻表・運賃の検索>
(20)系統・月の浦〜大野城線
(21)系統・南ヶ丘線
(22)系統・南ヶ丘線
(23)系統・つつじヶ丘線
(西鉄バスホームページへとびます)


<路線図・系統図のダウンロード>
南ヶ丘線 ほか (20)(21)(22)(23) (PDFファイル・計4枚 460KB)

  • (Windows) Office XP 以降
  • (Macintosh) Office v.X 以降

であれば、全ての部分において作者の意図通りにご覧いただけます。

なお、上記以前のソフトをお使いの場合でも
そこそこ支障のない程度(?)でご覧いただけます。

なお、ご覧になるには「Adobe Reader」があると便利です。
(お持ちでない場合はコチラで無償配布してあります。
ページ左下部分にある「最新のAdobe Readerを今すぐダウンロード」から
順に進んでダウンロードください)

──────────

月の浦〜大野城線 (20)、南ヶ丘線 (21)(22)、
つつじヶ丘線 (23) は、
春日・大野城地区を運行するバス路線の一つです。

計3路線4系統が走っていますが、
近隣の路線ということで勝手に一つにまとめました。
なのでタイトルも“ほか”という
少々ぼかした表現にしているわけですが(笑)。

Gj0904
大野城市白木原のJR大野城駅西口から
同市上大利の「上大利」交差点まで1.2km、

Gj0901
大野城市錦町の大野城サティから
同市牛頸の月の浦営業所まで9.6km、

大野城市南ヶ丘の「南ヶ丘」交差点から
筑紫野市二日市中央の西鉄二日市まで5.4km、

Gj0902
大野城市南ヶ丘の中村内科前交差点から
同市平野台の「平野台入口」交差点まで3.8km、

大野城市南ヶ丘のNTT西日本通信所前交差点から
同市つつじヶ丘の南山手団地まで1.6km、

これらの各区間で構成されています。

方向幕時代には、この春日・大野城地区を表す
○番号で表されていましたが、
最近導入された電光表示LED板では、
他地区に合わせて□番号に変更されています。

これらの写真を撮影した時は
まだまだ方向幕の車両が全盛だったのですが、
この記事を書いている今は
方向幕からLEDへの交換が進む過渡期であります。

いつか、これらの写真を懐かしむ日が
やって来るのでしょうかね(^ ^;;)


Jj0438Ge1712

現在は廃止された 過去のバス転回場も、
路線を辿る上では重要なポイント。
<左:南ヶ丘五丁目><右:原>

下大利駅は大正13(1924)年4月に開業した、
西日本鉄道天神大牟田線の駅です。

開業当初は普通電車のみの停車駅で、
西口にのみ改札口等の駅施設がありましたが、
平成元(1989)年に急行停車駅に昇格し、
平成10(1998)年に東口も開設されました。

Kassyの高校の同級生の家がこの駅東口前にありまして
でも当時(平成3(1991)年〜平成6(1994)年)は西口しかなく、
家の目の前に駅がありながら、ぐるりと迂回して
改札口に向かう心境を考えたこともあります。

家の目の前に小学校があるのに、市境に阻まれて
ちと遠くの小学校に通わないといけない。
そんな感じでしょうか?(笑)

ともかく、福岡(天神)方面からの下り電車が駅に到着すると
この駅で下車したお客さんは、
西口から出場する(連絡橋を渡る)方と
東口から出場する方とに分かれます。

その比率は……調査したことはありませんが、
半々とまではいかないまでも、
全体の2〜3割ほどは東口利用者かな? という印象を受けます。

ということは、やはりその同級生と同じように
東口が開設されたことで
“格段に便利になった”という方がいる、
ということなんでしょうね。

まぁ、この駅最寄の某高校へは
西口利用派と東口利用派がいるようで……いや違う?

下大利駅よりも北部の駅からやって来る生徒たちは
行きは東口から出場し、帰りは西口から入場?
下大利駅よりも南部の駅からやって来る生徒たちは
行きは西口から出場し、帰りは東口から入場?

上下線ホームを結ぶ「連絡橋」を避ける傾向にある?

うーむ、高校生の行動調査をしたわけではないし、
そこまで追究するつもりもないわけで、
はっきりとは分かりませんし、するつもりも(^ ^)

春日原〜下大利を含む3.3kmの高架化工事において、
春日原〜白木原付近の「直上高架方式」
下大利付近の「仮線方式」に合わせて、
下大利駅東口側に仮設線路(仮線)が敷設される予定で、

現在、東口側にずらりと並んでいた民家は
一様に立ち退いています。(同級生の家も同じく)


Jj0437
南ヶ丘団地から平野ハイツを経て月の浦団地へ。
団地内の急坂をバスはゆっくりと進む。
<平野ハイツ入口>

1960年代末期から1990年初期にかけて
南ヶ丘、平野台、つつじヶ丘、月の浦と
住宅地が開発・造成されていき、
それに応じてバス路線も延伸を続けていきました。

「フォレストビュー・KAJIMA南山手」
「次の時代につづく、光のまち コットンヒルズ月の浦」
現在も路線沿線で分譲が続いています。


Kassyブログのヘビーコメンテーター・soramameさんに
以前、Kassy居住エリア付近の
27年前(1983年)のバス時刻表を資料としていただいたので、

Kassyが所有する15年前(1995年)の時刻表と
3年前(2007年)の時刻表をそれぞれ「読み解」いてみました。
(ちょうど12年間隔になりますよね(^ ^))

「読み解く」とは、例えば1983年時点での
(22)系統の内訳を以下のように調査することです。

【下り 総数38本】
・18本……下大利駅→南ヶ丘七丁目→福農前
・17本……下大利駅→南ヶ丘七丁目→杉塚→西鉄二日市
・2本……南ヶ丘七丁目→杉塚→西鉄二日市
・1本……福農前→杉塚→西鉄二日市

【上り 総数39本】
・19本……下大利駅←南ヶ丘七丁目←福農前
・1本……下大利駅←南ヶ丘七丁目←武蔵台高校←杉塚←西鉄二日市
・18本……下大利駅←南ヶ丘七丁目←杉塚←西鉄二日市
・1本……武蔵台高校←杉塚←西鉄二日市

そして下りと上りの差である1本は、
福農前から下大利駅ゆきとして運行するために
平野台車庫(後の平野台営業所、月の浦営業所の前身)から
福農前へ送り込まれた便のこと、であります。

※ 南ヶ丘七丁目は 現.南ヶ丘四角、福農前は 現.大佐野 近く
  詳しくはコチラコチラの記事を参照ください。


こういったようにダイヤを「読み解」いて調べた
系統別の運行本数総数は以下の通りです。
(区間便含む・平日ダイヤのみ掲載)

系統番号1983年1995年2007年
下り上り下り上り下り上り
20    25 25
2187 93 117 120 92 92
2238 39 25 25 25 25
2334 35 47 50 74 75

現在の系統本数は、路線図をダウンロードくださいね!

途中で新設された(20)系統はちと横に置いておいて、
(21)系統は、けっこうダイヤが増えたイメージだったのですけど
そこまででもないのですね!

……と思うのは、実はちと早いです(^ ^)

1983年時点と2007年時点で比較した場合、「系統総数」では
下り便+5本(87本→92本)、上り便−1本(93本→92本)ですが、

区間、例えば牛頸〜平野ハイツを通過する便数で見てみれば
1983年時点では下り便62本、上り便54本ですが、
2007年時点では下り便92本、上り便92本なので、
そういう見方であれば「(部分的)増加」とも言えそうです。

つまり、始発地〜終着地の区間が長くなったというわけですね。


その中でも、(23)系統の増加率は特に目を見張るものがあります。

1983年時点で下り便34本、上り便35本だったものが
1995年時点で下り便47本、上り便50本になっています。
表には掲載していませんが、この1年後(1996年)には
つつじヶ丘四丁目へ路線が延伸し、便数も更に増加。

2007年時点で下り便74本、上り便75本ですので、
1983年時点と2007年時点で比較した場合、「系統総数」では
下り便+40本(34本→74本)、上り便+40本(35本→75本)です。
2倍以上の増加率ということは、
それだけ宅地造成が進んだという証かもしれません。

ただし、これも(21)系統のように
区間、例えば平野中学校単体で見てみれば、
1983年時点では下り便34本、上り便35本ですが、
2007年時点では下り便9本、上り便6本なので、
そういう見方であれば「(部分的)激減」ですな(^ ^;;)


Jj0436
見晴らしのいい山の手からは
遠く都心の街並を眺めることができる。
<南山手団地〜つつじヶ丘六丁目>

« かわいいのう | トップページ | はぴはぴ »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

パソコン戻りました、
これからは、少し見れるかな?
市内は本数、減ってますが、
住宅街は増えてますね。

──────────

うっちゃんさーん。ごぶさたぶりです(^ ^)/
お元気でいらっしゃいましたか??
2009年10月13日以来
実に411日ぶりの復帰らしいですよ(笑)。

今日も乗務お疲れさまです!


>市内は本数、減ってますが、
全体的な本数でいえば
やっぱり減少傾向にあるんですねぇ。


>住宅街は増えてますね。
新築棟数も全体的には減ってはいます。
でも新築が完全にゼロになるというわけではなく、
今もどこかで分譲が続いていますね。

このエリアの分譲が最近の動きなんですかね!

 どうもこんばんは。
 先月Tの浦営業所に行きました。ここって結構高い所にありますね、眺めがすごくいいですよ。
 そういえば、駅の高架化工事の準備が着々とされてますよね。一体どんな駅舎になるのか、路線バスは一体どうなるのか気になりますけど・・・まぁ出来るのは大分先の話ですが。
 今夜はこの辺で失礼します。

──────────

M:Iさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>先月Tの浦営業所に行きました。
あら!
コチラへいらしたのですか(^ ^)
それはそれはようこそ〜♪


>結構高い所にありますね
とても高いんですよ〜。
けっこう高いので、気候が
周辺とはちょっと異なるとも言われています(笑)。


>一体どんな駅舎になるのか
完成予想図を市ホームページで見ましたけど、
なんかT神のような都心を思わせる絵があって
良くも悪くも、かなり近代的な風景に
変わってしまうのかなと内心思っております。


>まぁ出来るのは大分先の話ですが
そうですねぇ。
仮線もまだ敷かれていない状態ですし、
まさにこれからというところでしょうか。

変わりゆく風景を、しっかりと目に焼き付けて
心に留めておきたいと思います(^ ^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かわいいのう | トップページ | はぴはぴ »