2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« (47)大政奉還 | トップページ | お散歩(90) »

2010年11月22日 (月)

続・春日〜那珂川ハイツ線 (1)(2)(6)

地上・BSデジタル放送完全移行 2011年7月24日まで あと244日
地上およびBSのアナログテレビ放送は終了し、デジタル放送へ移行します。


このバス路線シリーズでは、
以前公開した内容に引き続き 地名には伏せ字を使いません。
あしからず(^ ^)


西鉄バス二日市エリア路線図の“更新・第4回目”は、
春日〜那珂川ハイツ線 (1)(2)(6)
(西鉄バス二日市・月の浦営業所担当)をご紹介。


<路線時刻表・運賃の検索>
(1)系統・春日〜那珂川ハイツ線
(2)系統・春日〜那珂川ハイツ線
(6)系統・春日〜那珂川ハイツ線
(いずれも西鉄バスホームページへとびます)


<路線図・系統図のダウンロード>
春日〜那珂川ハイツ線 (1)(2)(6) (PDFファイル・計4枚 388KB)

  • (Windows) Office XP 以降
  • (Macintosh) Office v.X 以降

であれば、全ての部分において作者の意図通りにご覧いただけます。

なお、上記以前のソフトをお使いの場合でも
そこそこ支障のない程度(?)でご覧いただけます。

なお、ご覧になるには「Adobe Reader」があると便利です。
(お持ちでない場合はコチラで無償配布してあります。
ページ左下部分にある「最新のAdobe Readerを今すぐダウンロード」から
順に進んでダウンロードください)

──────────

Gd2401_1

春日〜那珂川ハイツ線 (1)(2)(6)系統は、
春日・大野城地区を運行するバス路線の一つです。

方向幕時代には、この春日・大野城地区を表す
○番号で表されていましたが、
最近導入された電光表示LED板では、
他地区に合わせて□番号に変更されています。

春日市春日原北町の西鉄春日原から
筑紫郡那珂川町王塚台の那珂川ハイツまで8.9km、

春日市天神山の「大土居」交差点から
同市塚原台の「惣利池」交差点まで1.6km、

春日市原町の「宝町」交差点から
大野城市市牛頸の月の浦営業所まで5.3km、

これらの各区間で構成されています。


Ji2118
開通を待つばかりの九州新幹線の横を。
<那珂川ハイツ入口〜中央公園前>

表情と言えば、コチラもそうですね。
来春3月から九州新幹線全通です。

主に南北を結ぶ鉄道線に対して
東西でバス路線を結んでいますので、
「西鉄春日原駅」「JR春日駅」「JR博多南駅」という
バス路線上にある鉄道駅は、それぞれ別路線の鉄道駅です。

春日原駅は大正13(1924)年4月に開業した、
西日本鉄道天神大牟田線の駅です。
昭和45年には、九州初の橋上駅に改築されます。

1日あたりの平均乗降人員は
西鉄駅内では第7位の約20,000人。
ここ数年でみても19,600〜20,900人あたりを
行ったり来たりで、ほぼ変動がありません。

ちなみに現在、
春日原〜下大利を含む3.3kmの高架化工事が始まっており
数年後には、また新しい表情を見せてくれるでしょう。

一方、JR春日駅は平成元(1989)年3月に開業した
JR九州 鹿児島本線の駅です。
こちらも平成15年には橋上駅に改築されています。


Jj1511
緑に囲まれてしばしの時間調整。
<春日>

境内に生えている樟の木は、
県によって天然記念物に指定されています。

また、毎年1月14日の夜に行われる
「春日の婿押し(むこおし)」も、
古来から数百年の歴史を持つと伝えられる
年中行事として有名ですね。

市内には、この春日神社をはじめ
熊野神社・老松神社などの歴史物が多いですよ。

前々回にご紹介の『やよい』も含め、
このバス路線を使って
その歴史探訪に出かけてみてはいかがでしょう?

« (47)大政奉還 | トップページ | お散歩(90) »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

我が家は、この3系統全てオッケーです。
神社、社は、23.
文化財、26.
石仏、13.
回るの大変そう。

──────────

うっちゃんさーん。


>我が家は、この3系統全てオッケーです。
ですねぇ(^ ^)

うっちゃんさんのお家周辺へは、
カミチィさんとやまさんとお邪魔して
バーベキューして以来、乗り入れていません(笑)。

幹線道路はよく走っているんですけどね!


>回るの大変そう。
代表的なものにしか目が向きませんけど、
市内いたるところに点在という意味では
神社や文化財などが豊富にあるってことですね!

ご自慢のPDFファイル、リンク切れのようです。他路線のものを見せて戴きましたが…いやはや脱帽ものです。iPhoneに保存して乗り歩きに使わせていただきます。

──────────

観覧者Uさーん。ご無沙汰しております!
今日もコメントありがとうございまーす。


>PDFファイル、リンク切れのようです。
あっΣ(゚д゚lll)

ご指摘ありがとうございます!(^人^)
当初からファイルを読み込ませておりませんでした。。
たった今アップロードいたしました(※)ので
ファイルは通常通りダウンロードいただけます。
(※ 11月30日 0時08分)

失礼シマシタ m(_ _;;)m


>いやはや脱帽ものです
ありがとうございます(^ ^;;)

ああでもない、こうでもないと
自分なりにいろいろと考えながら作ったもので、
みなさんに受け入れてもらえるかどうか
よく分からないのですが、
そう言っていただけるととても嬉しいですし
今後の励みになります!!


>iPhoneに保存して
お!
iPhoneお持ちなんですね♪♪♪
すげぇ(^ ^)

iPhone ってあちこちで聞きますし、
それ専用の雑誌なども販売されているので
「名称だけは」よく知っていますが、
私は実際に使ったこと・見たことはないのです(涙)。

使い勝手どうですか?
(雑誌を信用しないわけではないですが、
実際に使ったことがある方の感想のほうが
より信憑性は高いはずですよね)

PDFファイルを取り込んで、見たい時に……
というほどなので、聞くまでもなく
観覧車Uさんならいろいろと
使いこなせているんでしょうね〜!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (47)大政奉還 | トップページ | お散歩(90) »