2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« vol.051・復活のすゝめ | トップページ | 無性に »

2010年12月10日 (金)

続・南福岡線(11)

地上・BSデジタル放送完全移行 2011年7月24日まで あと226日
地上およびBSのアナログテレビ放送は終了し、デジタル放送へ移行します。


このバス路線シリーズでは、
以前公開した内容に引き続き 地名には伏せ字を使いません。
あしからず(^ ^)


西鉄バス二日市エリア路線図の“更新・第7回目”は、
南福岡線 (11) と、宇美エリアの福祉循環バス「ハピネス号」
(西鉄バス二日市・早見営業所担当)をご紹介。


<路線時刻表・運賃の検索>
(11)系統・南福岡線
(西鉄バスホームページへとびます)


<路線図・系統図のダウンロード>
南福岡線 (11) (PDFファイル・計4枚 584KB)

  • (Windows) Office XP 以降
  • (Macintosh) Office v.X 以降

であれば、全ての部分において作者の意図通りにご覧いただけます。

なお、上記以前のソフトをお使いの場合でも
そこそこ支障のない程度(?)でご覧いただけます。

なお、ご覧になるには「Adobe Reader」があると便利です。
(お持ちでない場合はコチラで無償配布してあります。
ページ左下部分にある「最新のAdobe Readerを今すぐダウンロード」から
順に進んでダウンロードください)

──────────

Gk0901

南福岡線(11)系統は、
春日・大野城地区を運行するバス路線の一つです。

方向幕時代には、この春日・大野城地区を表す
○番号で表されていました。
路線の歴史が紆余曲折しているとはいえ、
月の浦営業所担当以外の路線で、
○番号を適用しているのはこの系統だけです。

しかし、最近導入された電光表示LED板では
他地区に合わせて□番号に変更されています。

糟屋郡宇美町障子岳の障子岳から
糟屋郡宇美町宇美の上宇美までの
4.4km(障子岳発の上り便のみ)、

続けて、上宇美から
福岡市博多区寿町のJR南福岡駅までの6.6km、

これらの区間で構成されています。


Jj1509
踏切遮断中のわずかな時間に、同志でエール交換。
<しののめ町〜西鉄雑餉隈駅入口>

主に南北を結ぶ鉄道線に対して
東西でバス路線を結んでいますので、
「JR南福岡駅」「西鉄雑餉隈駅」「JR宇美駅」という
バス路線上にある鉄道駅は、それぞれ別路線の鉄道駅です。

南福岡駅は明治23(1890)年1月に開業した、
JR九州 鹿児島本線の駅です。

開業当初は「雑餉隈(ざっしょのくま)」駅という名称でしたが
難読駅名ということもあり、
昭和35(1960)年に開設された「南福岡電車区」に合わせて
昭和41(1966)年に現駅名に改称されました。

平屋建ての旧駅舎が放火によって焼失した後、
平成11(1999)年に駅ビル式駅舎へ改築されました。
3~9Fが賃貸マンション、その下に駅舎と店舗が入居する
立派な駅ビルに変貌を遂げています。

1日あたりの平均乗車人員は
JR九州の駅内では第15位の8,319人です。

そして「雑餉隈」駅という名称を今に残すのは
大正13(1924)年4月に開設された
西日本鉄道天神大牟田線の駅です。

この駅名の由来となった 雑餉隈という地名は
駅のほど近くの大野城市内にあるのですが、
雑餉隈駅自体は福岡市博多区内にあります。

ちなみにこちらの平均乗車人員は約8,000人前後で、
西鉄利用派とJR利用派の住み分けが完全にできている
そんな状況のようですね。


一方、JR宇美駅は
明治38(1905)年12月に開業したJR九州 香椎線の駅です。

なお、昭和60(1985)年4月に廃止された
勝田線の途中駅であった宇美駅が、
ここから100mほど離れた場所にありました。


Jj1510
御笠川沿いは小さな工業地帯。時間がゆっくり流れるのどかな町並みを走る。
<中〜西鉄自動車学校前>

糟屋郡宇美町は、福岡市の東部に位置しており、
福岡のベッドタウンとして開発が進んでいます。

人口もマイペースに増加の一途をたどり
それも最近では止まった感もありますが、
人口4万人の大台まで、あと700人あまりです。

宇美町、と言えば
2つの大きな工業団地など、地の利を生かした産業施設や
町内にある歴史観光施設である宇美八幡宮で有名ですが、
そんな町内を循環する福祉バス「ハピネス号」があり、
町民である・ないにかかわらず、誰でも利用できます。

ちなみに、町内の山奥にある刑務所へは
2010年8月の「ハピネス号」ダイヤ・路線改正により
バスを利用して刑務所前へ行くことはできなくなりました。

現在、もし刑務所へ赴くことがあれば
「ハピネス号」本村バス停、または西鉄バス障子岳バス停から
徒歩で、ということになります。

この記事でダウンロードできる路線図には、
JR宇美駅を起終点に町内を循環する福祉バス
「ハピネス号」の路線図も合わせて入れておりますので、

町内へお出かけの際は、ぜひご活用くださいませ(^ ^)

« vol.051・復活のすゝめ | トップページ | 無性に »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« vol.051・復活のすゝめ | トップページ | 無性に »