2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« お散歩(95) | トップページ | そういう時は寝るに限る »

2011年1月13日 (木)

どこまで続くテーマ曲集

地上・BSデジタル放送完全移行 2011年7月24日まで あと192日
地上およびBSのアナログテレビ放送は終了し、デジタル放送へ移行します。


私の手元に、1枚の
「NHK大河ドラマ主題曲集」MDがあります。
これは通算2代目で、もちろんKassyお手製なわけですが、
作り始めから、もう14年が経過します。

まぁ、「お手製」と言っても
新しい大河ドラマの主題曲約2分40秒程度を
1年に1回追加録音するだけなので、
全然手間暇がかかっていないのですが(*^▽^)

もともとNHKからは「NHK大河ドラマ主題曲集」という
レコードやカセットテープ、CDが発売されておりましたが、
ドラマのサウンドトラックが発売された年、
主題曲はサントラで聴けるためか主題曲集は発売されず。

よって、平成9年放送「毛利元就」以降(※)は
サントラ発売のためか主題曲集がなく、
いっそ自分で作ってしまえ! というのが
作成のそもそものきっかけです。

※ 平成5〜6年もサントラ発売のためか
主題曲集はありませんでしたが、
平成7年に発売された主題曲集には
これらの分が収録されています。

このMD、基本的に大河ドラマしか録音していないのですが、
2009〜11年の3年にわたって放送される「坂の上の雲」は
当初は“スペシャル大河”という扱いでして、

自分の手でテレビサイズに編集し、例外的に録音しましたので、
今週から始まった第50作「江」は、トラック51になりました。

このMDのおかげで、新大河ドラマの新テーマ曲を
早く覚えられるようになったわけです。


これら計51曲で、総演奏時間は129分44秒。
すでに2時間超えです。

ご存知のとおり、
MDには60分、74分、80分などの時間の制限があり、
2時間超の内容を1枚のMDに入れるのは通常では無理な話。

なので、MDLP(ミニディスクロングプレイ)という機能を使って
大河ドラマ本放送でモノラル放送だった1〜28曲目を
LP4(4倍長時間モード)で収録、
ステレオ放送になった29曲目〜をSP(標準)モードで収録しました。

ただ、今年の「江」を録音したことで、
ディスクの録音可能時間はついに30秒ほどになってしまいました。

いや、今年はいいのです。
もう録音することはありませんので。
問題は来年以降……。

SP(標準)モードで収録している29曲目〜のうち、
MDの空きスペースを作るために、あれをMDLP4で録音し直すかな。

でも、一体どの曲まで?

単純に言えば、
全曲をMDLP4で録音してしまえば80分ディスクは320分録音可能なわけで、

うち129分ぐらい録音で消費していても
まだ190分(1曲3分換算で63曲分(笑))は録音可能。
でも、全曲を圧縮録音しないのが私のこだわりなんですなぁ……。


そうそう。

「NHK大河ドラマ主題曲集」という
従来からのタイトルではありませんが、
主題曲を集めた2枚組CDが15年ぶりに発売されるそうです。

昭和38年放送「花の生涯」から
平成22年放送「龍馬伝」までの全49作が収録されていますが、
どうせなら、今年の「江 〜姫たちの戦国〜」まで入れて
全50作として発売したほうがよかったような気がするなぁ( ´∀`)/

« お散歩(95) | トップページ | そういう時は寝るに限る »

NHK大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

私は、『秀吉』放送時のアルバムを持っています。といっても、実際に購入したのは2009年の話です。冨田勲さんの作品をどうしても聴きたかったため、このアルバムを買ったのですが、実際に聴いてみると、冨田さん以外の作品でも良作と呼べるものが多いことに気づきました。特に気に入っているのは以下の作品です。

天と地と(冨田勲)
新・平家物語(冨田勲)
国盗り物語(林光)
勝海舟(冨田勲)
草燃える(湯浅譲二)
徳川家康(冨田勲)
独眼竜政宗(池辺晋一郎)
武田信玄(山本直純)
炎立つ(菅野由弘)

──────────

旭川の自称美女さーん。
連続コメントありがとうございまーす。


>良作と呼べるものが多いことに気づきました
そうなんですよね。
意外にいい作品があるんですよね(^ ^)


>特に気に入っているのは以下の……(後略)
『天と地と』『徳川家康』は
中学生の体育祭の騎馬戦テーマ曲(入場曲)でした(笑)。
重厚感あふれる名作で、いかにもという感じですよね。
特に『徳川家康』は、冨田さんのアイデアで
シンセサイザーを効果的に使っているので
とても面白く思っていました。

林 光さん作曲の作品では
『国盗り物語』も無論素晴らしいのですが、
私の中では『花神』がオススメです。
とても単調な音楽ではあるのですが、
ドラマタイトルの由来となった
“花咲か爺さん”を彷彿とさせますよ。

『独眼竜政宗』は、私の中では最高傑作ですね。
作曲の池辺晋一郎さんがタクトを振った
演奏の動画がYouTubeにあります。
ドラマで使われたバージョンとは違い
かなり背中がゾクゾクッとくるような盛り上がりで
とても感動しました。
「東京フィル 独眼竜政宗」で検索したら出てきます。
ご興味ありましたらぜひご覧くださいね(^ ^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お散歩(95) | トップページ | そういう時は寝るに限る »