2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 3年B組金八先生・ファイナル〜“最後の贈る言葉”(5/8) | トップページ | 或る駅前の風景 »

2011年5月 6日 (金)

細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(26)

地上・BSデジタル放送完全移行 2011年7月24日まで あと79日
地上およびBSのアナログテレビ放送は終了し、デジタル放送へ移行します。


「車の押しがけ」と聞いて
どんなものかお分かりいただけるでしょうか。

MT車の免許をお持ちの方はご存知ですよね、
バッテリーが上がって、セルモーターが動かないために
エンジンがすんなりとかからない場合、
その応急処置でエンジンをかけたい時に行うものです。

その手法は、みなさんで調べていただくとして(^ ^;;)

Kassyはバスセンターに2年ほどおりましたので、
そんな応急処置が必要な時を何度か経験しました。

バス車両がピンチに陥りますと
乗務員さんからのりば担当のスタッフに連絡が行きまして、
のりば担当のスタッフが各スタッフに声をかけて
ピンチなバスを“取り囲む”わけです(笑)。

Kassyの場合は、その中でも降車場の奥の方からなど
だいたい遠方から駆けつけておりましたので、
バスのおしりにたどり着いた時には
すでに7人8人ほどが集まっている状態のことが多いです。


まぁ、乗務員さんもプロなので(^ ^)
その応急処置方法もさすがに手慣れたもので、
私らスタッフ数人が、後ろから“よいしょっ”と押してあげますと、
ものの数秒でブロロロローンと見事に復活するわけですね。

ただ、中には不慣れな と申しますか
なかなかタイミングが合わない不調の方もいらっしゃいまして、
カチャカチャッ……という音は断続的にするんですけど、
なかなかエンジンがかからないこともまれにありました。

バスセンターからバスに乗ったことのある方はご存知でしょう。
1のりばの先、しばらくトンネルのような部分を抜けると
「少し上り坂があって」スロープで下って行く形状です。

なかなかタイミングが合わなくて、
4のりばから その「少し上り坂」のポイントまで押しましたが
それでもエンジンがかからず(笑)。

このまま上り坂に差し掛かったら、
簡単にはバスも押せないしどうしよう……と、
本気で思いました(笑)。

あの時の、S賀営業所の空港連絡カラーのバスは手強かったです。

「もう! オレがやるよ!」というひと声で、
急きょバッターボックスに入ったバスセンターの助役氏のおかげで、
アッという間にブロロロローンとエンジンがかかり、
私たちスタッフからも車内のお客さんからも
拍手が上がったのを覚えています。

ただし!

不調のバスに駆けつけたのが一番遅かったワタクシは
バスの排気口付近でバスを押していたために、
勢い良くエンジンがかかった時に、ブロロロロローンと
排気ガスを全身に浴びてしまいました(笑)。

ああいう時に駆けつけるスタッフって、早く集まった順に
排気口から遠いところから陣取っていくんですね。
くそー。

……げほげほ。

« 3年B組金八先生・ファイナル〜“最後の贈る言葉”(5/8) | トップページ | 或る駅前の風景 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3年B組金八先生・ファイナル〜“最後の贈る言葉”(5/8) | トップページ | 或る駅前の風景 »