2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(26) | トップページ | (17)家康の花嫁 »

2011年5月 7日 (土)

或る駅前の風景

地上・BSデジタル放送完全移行 2011年7月24日まで あと78日
地上およびBSのアナログテレビ放送は終了し、デジタル放送へ移行します。


小さな子どもたちが、
発車時刻を待つバスを見て歓声を上げている。

母親らしき女性は、
子どもたちが車路に出てしまわないように
それとなく注意を与え、
乳母車に乗せた赤ちゃんの面倒を見ていた。
子どもたちも、母親の言うことを聞いているようだ。

近くのコンビニには、
重装備の(と言っても一般的な)格好の警官が
いかつい顔をして入っていった。
最近、この辺りも物騒になってきているので、
警官のみなさんもなかなか大変そうである。

そんな様子を眺めていたら、
先ほどまで私の周りで遠くに見えるバスに
歓声を上げていた子どもたちが、いつの間にか
ある1台の車両に勝手に乗り、大騒ぎしていた。

車内で走り回る子どもあり、運転席に近づく子どもあり。
それを見ていた母親は、
子どもたちが乗ったバスに近づき何事か言いはするが
特に何を注意するでもなくバスのりばへ引き返し、
のんきに赤ちゃんをあやしている。

「おいおい……勝手に乗り込んじゃマズいやろ」

とは思うものの、母親が近くにいる手前
子どもたちを無理矢理叱るのもどうかと考え、
あえてそのまま何もせず。

いかつい顔の警官が、コンビニから出てきた。
異常ありなしの職務質問かと思っていたら、
左手には大きなコンビニ袋が握られていた。
なんだ、お昼だったのか。

子どもたちは、ものの5分足らずで母親の元に戻ってきた。
そのうちの一人がこう言った。
「パパおった〜」

……!?

あ、なるほど(^ ^;;)
パパさんがバス乗務員さんだったのね。
どうやらママさんと一緒に、
パパさんにお弁当を届けにきたようだ。
誤解でしたのね、失礼しました。

お仕事中のパパさんの背中を見て
子どもたちはどう感じただろう。
どんな大人になっていくのだろう。


そんなお昼時の、或る駅前の風景でした。

« 細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(26) | トップページ | (17)家康の花嫁 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕も、昔に、嫁と息子が弁当届けてくれましたね、
降車ボタン押したり、ドアの開閉させたり、
もう、遊んでくれませんが!

制服のまま、コンビニで買い物?
昔は、サファリ着てましたが。

──────────

うっちゃんさーん。


>嫁と息子が弁当届けてくれましたね
似た経験をお持ちなのですね!

確かに息子さんが起きる前に家を出て
寝てしまってから帰ってくる生活では
お昼にお弁当を持ってきてもらった方が
パパさんとしては息抜きになるのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 細かすぎて伝わらないバスネタ選手権(26) | トップページ | (17)家康の花嫁 »