2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« テレビでよく見る番組は? | トップページ | プレイバック功名が辻・(20)迷うが人 »

2011年6月19日 (日)

(23)人質秀忠

地上・BSデジタル放送完全移行 2011年7月24日まで あと35日
地上およびBSのアナログテレビ放送は終了し、デジタル放送へ移行します。


【アヴァン・タイトル】

──待望の跡取りを得た秀吉は、
天下統一の総仕上げに取りかかる。
狙うは、関東の覇者・北条氏。
北条氏と同盟を結ぶ家康は、苦境に立たされる。

秀吉への更なる忠誠を示すため、家康は
次男の秀康に続き 三男の竹千代を人質に差し出すことに。

乱世の生き残りを懸けた駆け引きが、
2人を運命の出会いへと導いていく──

天正18(1590)年1月14日。

豊臣秀吉(54)の妹で、徳川家康(49)の正室となった旭が
病の床についたという急報を受け、
大坂から聚楽第へ江(18)がお見舞いに訪れます。

江のみならず、秀吉や
家康の嫡男(旭の義息)・竹千代(12)も駆けつけますが、
旭は目が虚ろで、話す力すらありません。

見舞いに訪れた者たちが名を呼ぶ中、
旭はついに力尽き、旅立ちます。

そんな臨終の場に立ち会った江と竹千代ですが、
「私は人質です。見舞いはそのついで」などと
ずけずけと物申す竹千代に、江は戸惑いを覚えます。


翌朝、秀吉は大政所(78)の手で竹千代を元服させます。
元服によって、名を「徳川秀忠」と名乗ることになります。

本来であれば義母・旭を担ぎ出して
竹千代の元服の儀を執り行いたかったものの、
旭が亡くなってしまったために、大政所に押し付けた。
そこまでして、秀吉は家康に恩を売りたかったのだと
相変わらずの秀忠の皮肉っぷりに、江は珍しく押されっぱなし。

さらには、織田信雄の娘(5)との縁組みが決まったことで
「ばかばかしい話だ」と自嘲気味に話す竹千代のことは、
江には“こざかしいやつじゃ”と悪い印象が刷り込まれます。

家康にしてみても、幼い頃は明るく闊達だった秀忠が
今や皮肉ッ子に育ってしまっていることに手を焼いております。

正室(築山殿)や嫡男(信康)を信長の命で殺してしまったこと、
仲の良かった兄(秀康)を秀吉の人質に差し出したこと、
これらが原因ではないかという推測です。


千 利休(69)の茶を飲みに来た秀吉は、小田原攻めに合わせて
利休を小田原へ連れて行こうという考えですが、
利休は「年ですよって」とやんわりと断りを入れます。

ただ、石田三成(31)から見ると、秀吉を見下しているきらいがあり
あまり受け入れられないのが正直なところです。

しかも、秀吉が嫌いな茶碗を用いて
茶を点てたことで秀吉が大激怒!
茶碗を放り投げて、茶室から出て行きます。

鶴松が誕生してから秀吉は短気になった、と豊臣秀次(23)は嘆き、
黒田官兵衛は「殿下を怒らせるような真似はお慎みなされ」と
忠告だけしておきます。


そして始まった関東小田原攻め──。

秀吉は、小田原へ淀だけを呼び出しますが、
淀は「戦場へは行きとうない」と言いつつも
小田原へ行くことにします。

ですが、なぜか江もしっかりついてくるわけです。

そして豊臣秀勝(22)や利休も小田原へ同行であります。
それどころか、秀忠も家康に従って小田原へ。

「呆れたなぁ。どこにでも顔を出すのですね」

うーん……12歳のコワッパが
18歳のオトナの女性に言うセリフではありませんわな。
でも、言い得て妙です(^ ^;;)

一方、北条攻めは順調に進んでおりまして、
またたく間に城を築いて
北条方の士気を削ぎ落としたことが奏して、
10日も経たずに小田原城明け渡しとなりました。


戦勝祝いに、利休の茶を飲みに来た秀吉でしたが、
利休に出された祝いの茶碗が
またも秀吉の嫌いな黒茶碗であります。

「そやったそやった」と憎たらしく黒茶碗を引っ込め、
「赤きは雑なる心や」と赤茶碗を差し出した利休は、
突然ながら秀吉の茶道を辞めたいと言い出します。

わしのために死ぬまで茶を点てよ、という秀吉に
眼光鋭く、利休は言い放ちます。

「死にますかな。殿下に、殺していただきますかな」

──────────

天正18(1590)年7月5日、
北条氏直が豊臣徳川連合軍に降伏し、
小田原開城となる。


慶長20(1615)年5月8日、
大阪夏の陣で敗れ、豊臣家が滅亡するまで

あと24年10ヶ月──。

(『春日局』では「(7)愛の鞭」〜「(8)嫁ぐ」のドラマ空白部分)


原作・脚本:田渕 久美子
脚本協力:田渕 高志
音楽:吉俣 良
題字:菊池 錦子
──────────
[出演]
上野 樹里 (江)
宮沢 りえ (淀)

向井 理 (徳川秀忠(竹千代))
鈴木 保奈美 (市・語り)
──────────
AKIRA (豊臣秀勝)
萩原 聖人 (石田三成)
北村 有起哉 (豊臣秀次)
清水 綋治 (北条氏政)
柴 俊夫 (黒田官兵衛)
──────────
石坂 浩二 (千 利休)
奈良岡 朋子 (大政所)
岸谷 五朗 (豊臣秀吉)
草刈 正雄 (本多正信)
大竹 しのぶ (北政所)
北大路 欣也 (徳川家康)
──────────
制作統括:屋敷 陽太郎・櫻井 賢
ブロデューサー:大杉 太郎
演出:伊勢田 雅也


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『江 〜姫たちの戦国〜』
第24回「利休切腹」

アナログ総合・デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« テレビでよく見る番組は? | トップページ | プレイバック功名が辻・(20)迷うが人 »

NHK大河2011・江」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テレビでよく見る番組は? | トップページ | プレイバック功名が辻・(20)迷うが人 »